« 京のぶぶ漬け | トップページ | キンモクセイ »

2004/09/30

癖っ毛

私の髪は癖っ毛。今はだいぶ良くなったけれど、若い頃は、「縮れっ毛」と言える程だった。コマーシャルで、「雨の日でも広がらない〜」と宣伝している位だから、汗をかいたり、雨が降って来たりしたら、泣きたくなったものだ。

子供の頃は真直ぐなサラサラヘアだった。それが中学の校則で、坊主頭にしてから様子が怪しくなった。他の子の髪はツンツンはねたままなのに、私の髪はお行儀良く頭に張り付くようになった。その時はそんなものだろうと思っていたのだが、高校生になり髪を伸ばしだして愕然とした。張り付いていた髪は、伸びるに従って先端がカールし始めた。そして、あれよあれよという間に天然パーマの出来上がりである。
中学時代、音楽の男性教師が、やはり癖っ毛だった。ウェーブのかかったその髪を見て、なぜか「かわいそう」と思っていたのだが、自分も同じになってしまった。そんな不遜な事を感じたバチが当ったのかと、半分本気で悔やんだ程だ。

長兄の頃、生徒達の風紀が乱れたらしい。そこで「坊主頭」という安直な規則が出来た。しかし、私が卒業した数年後にはそれも廃止され、当ったクジがこの私。えらい迷惑である。高校の同級生が、当時バレーの試合で母校と対戦した事があったらしいのだが、坊主頭の一団は異様で怖かったと聞き、「どんだけ−!」とショックを受けた。(敵を威圧する効果はあったらしい)好きで坊主になっている訳でもないのに、他校の生徒からも奇異に思われていたとは……。これって人権問題ではなかろうか。(確かに、今でも野球部員などは坊主頭だけれど、自分がやりたい事の代償としてのそれと、一律に強制されるそれとは意味が違う)

今から思えば思春期でもあり、体が変化する時だったのだろう。中学・高校と成長するにつれ、隠れていた遺伝子が現れただけかもしれない。この歳になれば、白髪だろうが何だろうが、あるだけマシと思えるけれど、若かりし頃の苦悩を思う時、坊主刈りの刺激がきっかけにならなければ、その遺伝子が顕在化せずに済んだかも……。というかすかな悔いが、時折頭をかすめる。

natukusa.jpg 朝日を浴びて、輝くエノコログサ。

|

« 京のぶぶ漬け | トップページ | キンモクセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/1555419

この記事へのトラックバック一覧です: 癖っ毛:

« 京のぶぶ漬け | トップページ | キンモクセイ »