« 癖っ毛 | トップページ | 名言・格言・座右の銘 »

2004/10/03

キンモクセイ

ふと、漂ってくる香りで、「ああ、もうあの花が咲いたんだ……」と気付く時がある。その代表的なものは金木犀だろう。梅の香りは、ほのか過ぎて近付かないと分らないけれど、金木犀はある日突然匂い立ち、ドアを開けて一歩外に出ただけで、それと気付く。そして、「もうそんな季節になったのか……」と、ある種の感慨をいだかせる。

芳香剤として、余りにポピュラーになってしまったために、「トイレの匂いだ!」と言う子がいると聞いた事もあるが、残念な話だ。バラやストック、ダチュラ等もかぐわしいけれど、とてもこれにはかなわない。インパクトでいえば栗の花もそうだが、雨上がりに、栗の木の下を通った時に立ちのぼる、独特のむせ返るようなそれは、じめじめした空気と相まって、あまりよろしくない。

黄金色の小花が、葉の付け根にびっしりとたわわに咲く様も美しい。普段は、それと気付かれずに佇んでいても、花の時期には他を圧倒するその存在感は、桜をも思わせる。
10月の初旬に漂う金木犀の香りは、秋だという事を改めて実感させるけれど、もの寂しい季節を、ちょっぴり嬉しくもさせてくれる。
sasie.jpg 花はまだ。なれば今回はイラストで。
トラックバック
ポージィの花etc.記: 金木犀のかおり
すずめの巣: 木犀

|

« 癖っ毛 | トップページ | 名言・格言・座右の銘 »

コメント

トラックバックをありがとうございます。

『ドアを開けて一歩外へ出ただけで、それと気付く。』
金木犀はまさしくそれですね。

実は家人は、私が金木犀の香りに感動していると
必ず「トイレの匂いがする」とちゃかします。
ですから、うちのトイレには金木犀の香りは
置かないことにしました。

投稿: ポージィ | 2004/10/05 13:27

ポージィーさんコメントありがとうございます。
家でもちゃかされそうなので言いませんが、
きっと誰も気が付いていないと思います。

投稿: nanbu | 2004/10/05 14:47

トラックバック 有難うございます。
なんとも不慣れな癖に、きのうは「こうさぎ」を
もらいに行って(ブログペットです)
そんなことで終わってしまいました。

きょうはやっと青空が見えました。
山が近くなっていました。

私は香りのある花は大好きで、
今年はラベンダーをリカーに漬けました。
金木犀も中国ではリキュールがありますね。
でもさすがにあの小さな花を摘んで漬けるのは
大変そう・・・

投稿: ひょん | 2004/10/06 12:48

ぴょんさんコメントありがとうございます。
ラベンダーのリカー漬けは知りませんでした。
ちなみに、ダチュラの香りから生姜をおもいだすのは、私だけでしょうか?
文字化けは相変わらずですが、テキストからコピぺしてみました。

投稿: nanbu | 2004/10/06 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/1579069

この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

» 金木犀のかおり [ポージィの花etc.記]
昨日から冷たい雨が降り続いています。 前日の爽やかな秋晴れが打って変わっての肌寒 [続きを読む]

受信: 2004/10/05 13:17

« 癖っ毛 | トップページ | 名言・格言・座右の銘 »