« 電話無情その2-電話無常 | トップページ | 食わず嫌い »

2004/10/17

カメラ付きケータイ

先日の運動会で驚いた事があった。カメラを構える私の周りの人達は、皆ケータイを突き出して写真を撮っていた。カメラ付き携帯電話の人気は聞いていたが、これ程とは思わなかった。(中学校の運動会ともなれば、見物する親の数自体少ないし、幼稚園や小学校時代より明らかにテンションが下がっている。まあ、「せっかくだから写真でも……」程度のノリだとは思うけれど、それでも運動会には違いない)

そう言えば、街角の様子を伝えるテレビのニュースで、たまたまちょっとした地震が起きた事があった。その時、画面に映っている通行人が皆、やにわに携帯を取り出してメールを打ち出したのには、ビックリを通り越して不思議なものを見た様な気がした。(思わず、ヤラセか?と疑ってしまったくらい)
携帯人気のせいで、デジタルカメラの売れ行きが落ちているらしいけれど、それも仕方がないのかも知れない。私も、HPに掲載する写真を気軽に撮りたいと思い、安価なデジカメを買ったけれど、120万画素のそれで撮った写真は、ディスプレーで見る分には不満がない。それなのに、今のカメラ付き携帯はそれ以上の画素数を誇っているのだから、充分カメラ代わりになるのだろう。
家族揃って外出する時、「カメラを持って行こうかな?」と思う事があっても、ついつい面倒になってやめてしまう事も多い。(たいてい、後になって後悔するのだけれど)その点、携帯なら常に持ち歩いているのだろうし、シャッターチャンスを逃す事もない。

以前話題になった「Beautiful Life」というテレビドラマで、こんなシーンがあった。「おい、写真機持って来い」と言うお兄さんに、主人公が「やあねえ、カメラと言ってよ」と言うのだが、それを聞いてショックを受けた。その時、「写真機」という言葉に違和感を感じなかった自分に愕然としたからだ。(子供の頃父がよくそう言っていた)

さすがの私も自分ではカメラと言うけれど、そんな私にとっては、運動会の写真をケータイで撮るという現実が、なにやらSF小説の光景のように感じられたのだった。

inutade2.jpg 道端のイヌタデ

|

« 電話無情その2-電話無常 | トップページ | 食わず嫌い »

コメント

nezimakiさんトラックバックありがとうございます。

それにしても、「瞬くように切るシャッター」のタイトル…。
さすがです!‥‥良いなぁ。

投稿: nanbu | 2004/10/17 16:16

携帯電話、私は今年の8月から持ち始めたばかりです。
カメラはどうでもよかったので、付いているけれど最低限のおもちゃのような機能のみ付いているものです。それまでずっと「携帯はいらない」と思っていたのですが、街中から公衆電話の姿が減り、出先から電話をかけたいときに探し回らなければならないということが数回あってから、欲しいなと変化していきました。
でも「カメラ付ケータイ」はどうも好きになれないのです。何故でしょうね??
ニュースなどで誰かに向かって一斉にケータイが向けられている光景を見ると異様に感じられてしまいます。デジカメが一斉に向けられていても異様に感じるのかも。もしかしたら、ファインダーを通して被写体と真っ向から向き合うのではなく、液晶画面に視線が行くからかもしれません。
かくいう自分も日々デジカメを持ち歩いてはあれこれ撮って重宝している口、あんまり声を大にして言える立場ではないのですけれど。

投稿: ポージィ | 2004/10/17 18:53

まだ携帯電話を買ったばかりですが
無料になっちゃった古い機種でたいした
画像は撮れないし
デジカメは持っていないです。

何かに遭遇した時、
すぐに誰かに話したくなりますね。
その時一人だと共感して話せないけれど、
携帯を持つと、それが出来てしまうから
つい、いつもあいづちを誰かについてもらわないと
いられなくなってしまう。

でもね、一番ムカッとするのは
クリスマスにイルミネーションを楽しんで
雑踏をちょっとにんまりしながら
ご機嫌で歩いていて、携帯のシャッター音で
ぶち壊しにされること・・・
「イルミネーション背景の自分」を
撮影しているのって、けっこう
ふつうのおじさんまでいるから不思議。

投稿: ひょん | 2004/10/17 20:34

長野の善光寺の地下に真っ暗闇の回廊が用意されています。
今風に言えばダンジョンです・・・・と言っても 複雑な迷路になっているわけでもなく モンスターが襲って来ることもありません(^^)。
中に入ると ひたすら暗闇・・・・それだけなんですが ちょっと足がすくんでしまいそうになるぐらい真っ暗なんですよ。

ところが僕の前を多分 進んでいたのだろう若者ふたり 暗いね~ 何も見えないって言ったあと 携帯電話をパカッと開けて その明かりのせいで せっかくの暗闇めぐりが台無し。

携帯電話 どこに置いたのか忘れることがよくあるんですよ。
それをどうやって探すかっていうと 固定電話から自分の携帯電話に電話するんですよ(^^)

投稿: nezimaki | 2004/10/17 21:35

ありがとうございます。
最近の風潮に、いわれのない肩身の狭さを感じていたので、皆さんのコメントに意を強くしました。感謝です。

>ポ−ジィ−さん

ほんとに、公衆電話減りましたよね。それだけが頼りの人もいると思うんだけど…。

>液晶画面に視線が行くからかもしれません。

↑私が感じた違和感は、それだったんですね!
対象と視線を合わせずにコンタクトしようとする姿勢に、「目を見ずに話す無礼さ」に通じるものを感じたのかも…。
鋭いご指摘です!

>ひょんさん
>すぐに誰かに話したくなりますね。

↑なるほど!その説明なら理解出来ます。
私がブログに魅力を感じたのも、その、あいづちが欲しかったのかも知れないですし…。

>一番ムカッとするのは〜ぶち壊しにされること・・・

↑電車の中での携帯が癇にさわるのも、公衆の面前で自分だけの世界に入り込む、その排他的な傍若無人さですが、それと似てますね。
他者の目を意識しない行為は見苦しいものですが、自分もちょっと反省。

>nezimakiさん
>携帯をパカッと開けて

↑コンビニに行けば24時間明かりがついている現在では、暗闇に対する感受性も違ってくるんでしょうか。
自分の行為が、誰かの大切なものを台無しにしていないか。うっかりすると気付かないけど、大事ですよね。…またまた反省。

>固定電話から自分の携帯電話に電話するんですよ

…うーん、示唆に富んだ現象ですね。ますますSFチック!
__________________________

今回は、皆さんからいろいろな切り口を提示して頂いて、目から鱗が何枚も落ちました。
結構クリアな視界になったかも!

投稿: nanbu | 2004/10/18 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/1699936

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ付きケータイ:

« 電話無情その2-電話無常 | トップページ | 食わず嫌い »