« 母のミシン その1 | トップページ | 鳥とりどり »

2004/11/02

母のミシン その2

エジソン・ミシン・コロムビア……何の連脈も無い言葉の羅列。でも、私にはこの3つの言葉が繋がった瞬間があった。
数年前の規制緩和の折、見慣れない外資系生命保険会社の広告を見付けた。それは、「エジソン生命」。
発明家エジソンは結構沢山の会社を設立なさったと聞いた事があったし、その中に保険会社があっても何の不思議も無いのかな?と眺めていた時、心臓を鷲掴みされる様な物を発見した。それは、古式ゆかしいその会社のシンボルマークだった。
多分"ge"の文字だったと記憶していたけれど、円の中に唐草模様のようにデザインされていた。今回ネットで検索したのだけれど、つい最近デザインがリニューアルされていて、確認出来ないのが本当に悔やまれる。
遥か昔、私はそのマークを見た覚えがあるのだ。それは、思い出すと切なくなる程遠い昔の事で、物心ついた時にまで遡る。

そのころ、家の廊下には一台のミシンが置いてあった。鋳物製の足が付いていて、踏み板が本体とベルトで繋がれている、昔ながらの足踏み式の物だ。その黒い胴体には金属のプレートが付いていて、当時の私はてっきり装飾の一部だと思っていたが、(それほどの様式美があった)それこそがそのマークだった。
しかし、天板には大きくコロムビアのロゴがあったのだから無理はない。コロムビアがレコードだけでなく、ミシンも作ってるんだ。と、思い込んだ幼い私を、誰が責められるだろう。音響メーカーのビクターが、その技術を生かして"Box in"というシリーズ家具を作っていた事もあるのだから、大人になってからも「そういうものだ」と思っていたのだった。
しかし、その、「疑問」という形にさえならなかった遠い記憶に、突然答えを突き付けられてしまった。幾重もの記憶の奥底に埋もれていたものが、いきなり掘り起こされてしまったのだから……。

私の中で、なにか記憶の入れ違いがあったのだろうか。(「エジソン」で検索してもミシンは出て来ないし、「ミシン」でググってもエジソンの「エ」の字も出て来ない……。もちろん「コロムビア」でも)
これはあくまでも私の勝手な推測なのだけれど、きっと音響機器製造のノウハウを生かしたコロムビアが土台(パタパタ畳むと、かなりコンパクトになる頑丈なものだった)を造り、エジソン社製の本体を組み込んだ、ほんのいっときのコラボレーションだったのでは?そんな仮説を立てている。

とっくの昔に処分してしまったミシンである。実家で聞いたって、きっとメーカーなんて覚えてないだろう。そんなことに引っ掛かっていたのは、多分私だけだ。
それにしても、この真相が明らかにされる事はあるのだろうか……。

wakuraba.jpg 

  

   
 
「わくら葉」。
 漢字にすると嫌だけど、
 言葉の響きは好き。
 
 
 

|

« 母のミシン その1 | トップページ | 鳥とりどり »

コメント

トラックバックありがとうございます。
白紙の状態で書き始めちゃえるのが、いかにもnezimakiさん的。(^^)

「とめられないボタン」のお話は秀逸!

投稿: nanbu | 2004/11/02 14:23

うーん、気になります・・
アンティーク、オークションでざらっと画像を探してみるのも
いいけど・・・・見つかったとしてもイメージとは離れてしまっているかも知れませんしね・・・・

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c76363741

投稿: ひょん | 2004/11/02 14:45

足踏みミシンには動きにも形にも味がありますよね。
手でハンドルをえいっと回しながら同時に足板を踏み始める。
あのタイミングがうまくできたときの感動を思い出します。
若い人は使ったことないんだろうなぁ。
今じゃ電動ミシン、スイッチひとつで動いてくれます。
ところで、紅葉はnanbuさんのお宅の桜でしょうか?とても綺麗ですね。

投稿: ポージィ | 2004/11/02 14:59

●ひょんさん、ありがとうございます!まさに、あんな感じです。
自分で検索した時は、もっと古い時代の物ばかりで、写真も小さかったのですが…。

>見つかったとしてもイメージとは離れてしまっているかも知れませんしね・・・

本当に…。思い出はそっとしておいたほうがいいのかも…。

それにしても、子供時代に見慣れた道具が「ジャンク品でオブジェとして」なんて・・・。
時は確実に過ぎて行ったんですね。(しみじみ…。)

●ポージィーさん、ありがとうございます。

>あのタイミングがうまくできたときの感動

確かに!なんか、すこしお兄さんになったような気がしたのを思い出しました。

>お宅の桜でしょうか?

ピンポン!赤く色づくまで枝に留まっていた年は、翌年の花付きも良いようで、楽しみにしてるんです。

投稿: nanbu | 2004/11/02 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/1841796

この記事へのトラックバック一覧です: 母のミシン その2:

« 母のミシン その1 | トップページ | 鳥とりどり »