« 鼻白む | トップページ | 老婆心 »

2004/11/25

たのしい乗り物

この前、男の子は乗り物が好きだと書いたけれど、実際に乗るのはもっと好きだ。
だから、散歩の途中でバスに乗ってみる、という小さな冒険をする事もあった。バス通りまで歩いていって、たまたま通りかかったバスに乗ってしまうというのだから、冒険には違いない。

そのバス通りは駅前に続いていて、いつもひっきりなしにバスが通るのを見ていた。帰りはその駅行きのバスに乗れば良いんだからと乗り込んだのだが、その路線は思いのほか長距離だった。帰る時間が気になりだして、途中下車したのだが、待てど暮らせど帰りのバスが来ない。確かに駅の近くまでは路線が重複していて、便数も多く見えたが、その先は目的地に向って枝別れしている事に、その時やっと気がついたのだった。しかし、親の方がイライラしていたのに、愚図りもしないで大人しくバスを待っていたのだから、本当に好きだったのだろう。

その教訓を生かして、同じ私鉄の駅に向う路線に的を絞ってからは、そんな失敗もしなくなった。バス賃よりも帰りの電車賃の方が安いし、やはり土地カンがある方が安心だ。駅からだと家まで距離があるが、いざとなればダッコという手もある。
ある時、目的の駅まで着き、後は電車で帰るだけとなって、駅前のお店でひと休みした事があったが、わが子の満足げな顔を見ながらコーヒーを啜った時には、ちょっとした冒険旅行を成し遂げたような気さえしたのだった。

本人に聞いてみると、その頃の事は殆ど忘れてしまったと言う。「じゃあ、一体あれは何だったの……」などと思ってしまうが、今でもその当時の事は、幾ばくかの感傷と共に懐かしく思い出される。
その時は、子供を喜ばせるためだけにしていたつもりでも、今にして思えば、自分のための思い出作りをしていたのかもしれない。

|

« 鼻白む | トップページ | 老婆心 »

コメント

いいお父さんですねぇ。
親子でそんな素敵な小冒険ができていいなぁ。
お子さんは、そのこと自体は忘れてしまっているかも
しれませんけど、別の形できっと残っていますよ。
もちろんnanbuさんの中にも!

投稿: ポージィ | 2004/11/25 12:09

ポージィさん、ありがとうございます。

週に一度の買い出しのついでに、ファストフードのお店でお昼を食べるのが、唯一の娯楽という地味ぃ〜な日常…。(よく考えたら、ディズニーランドにも連れてった事が無かった。)

バス賃¥200・電車賃¥120〜
時間だけはあったので、安上がりに遊ばせようとするとこうなりました。(^^;)

投稿: nanbu | 2004/11/25 14:49

おはようございます。
日頃からお世話になります。

ところで、nanbuさんのイラストあるじゃないですか。
もしよろしかったら、僕のブログに絵を貼らせていただけませんでしょうか?
以前から、なんかこう季節感を出したいなと思っているのですが、なかなか美味くいかないのですけど、例えば毎月の花があるじゃないですか、あれをちょっと貼らせていただくとか出来ればなと、ふと考えた次第です。
ご一考いただければ幸いです。

でも、実はお高かったりするんですか?

投稿: 生字引 | 2004/11/26 06:45

生字引さん、おはようございます。
こちらこそ、お世話になっております。

>僕のブログに絵を貼らせていただけませんでしょうか?

よろこんで♡
生字引さんのブログに貼って頂ければ、より多くの人に見てもらえますし…。
クレジットを付けて頂ければOKです。(^.^)
(見てもらえるのが一番嬉しい事ですよね。)

>実はお高かったりするんですか?

⇧お客さん!勉強しまっせ。(ウソ)
その代わりに、コメントを頂ければ嬉しいです。(^.^)

投稿: nanbu | 2004/11/26 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2060313

この記事へのトラックバック一覧です: たのしい乗り物:

« 鼻白む | トップページ | 老婆心 »