« 鳥とりどり | トップページ | 野菜の目利き »

2004/11/07

ヒヨドリ攻防戦

前回ヒヨドリには恨み骨髄と書いたけれど、本当に嫌な奴だ。時々、桜の花の密を吸う写真などがあるが、ハチドリのように密だけ吸えばいいだろうに、コヤツは花ごとむしり取る。せっかく咲いたものをと、その遠慮の無さにも腹が立つ。

夏の間は木の実等の餌には困らないらしく、それ程でも無いが、寒くなるとあのキーキーという鳴き声と共に闖入して来る。そして、けなげに咲いている花々を食い荒らす。春ならともかく、冬の間は植物の成長が遅い。そんな中、やっと咲いたと思うとアイツが食べてしまうのだから、平静ではいられない。
葉牡丹は、見ての通りキャベツの仲間だから殊の外お好きらしい。その他ストックも、元は野菜だったのだから推して知るべしだ。こちらは、一生懸命ヒヨドリのために新鮮なサラダを用意している様な気にさえなってくる。ピラカンサやブルーベリーを育てたいと思った事もあるが、サラダの他にデザートまで提供する気にはとてもなれず、諦めているのも癪にさわる。(苺は何とかネットを被せながら収穫した)
しかし、何よりも悔しいのはその態度だ。嫌われ者のカラスでさえ近付けば逃げるものを、きゃつはギリギリまで逃げない。こちらが飛べないのをいい事に、からかっているとしか思えない。(わざわざ大きな鳴き声で、来訪を知らせてくれるのも憎らしい)

等々、恨み言を書き連ねたけれど、興味の無い人にとってはどうでもいいらしく、ある時「そりゃ大変ねえ」と揶揄されてしまった。そこで、はたと熱くなっている自分に気付き、少々恥ずかしくもなって来た。冷静さを取り戻せば、脳みその量ではこちらも負けない。グッとこらえてシカトしていたら、敵も代がわりしたのか、目に余る悪さはしなくなった。(結局遊ばれていたのね)

そんなこんなで人生勉強をさせてもらったが、やはり今でも、あの「キーキー」という鳴き声が聞こえて来ると、つい身構えてしまう私なのである。

1105pirakansa.jpg 
 
 
 毎年見事に実を付ける
 ご近所のピラカンサ。
 ……羨ましい。
 
 
 
 

|

« 鳥とりどり | トップページ | 野菜の目利き »

コメント

食欲旺盛なヒヨドリに相当頭にきていらっしゃいますね。
人間側としては手塩にかけて育てた花たちを遠慮会釈なく荒らされるのですからたまったものではないし、一方ヒヨドリからしたら、おいしそうなものが一杯ある!わ~いごちそうだ!としか思えませんものねぇ。両者の思いは平行線のまま。
「畑で野菜を作るとき、7割は鳥や虫たちのため、残り3割は自分たちのためと思うようにしたら」あまり頭にこなくなったとうような投稿(だったかな?)を読んだ覚えがありますよ。
また、ヒヨドリの鳴き声が「イーヨ、イーヨ」と聞こえ、慰めや励ましを得たというような話も。
さて、nanbuさんはどう折り合いをつけていかれるでしょうか。(すみませーん、ヒヨドリには悩まされたことがないので、とても第3者的なコメントになってしまいましたっ。)

投稿: ポージィ | 2004/11/07 17:08

ポージィさん、ありがとうございます。

>すみませーん

いえいえ、よく分ります。確かにHPを始める前までは、入れ込んでいたので「怒り心頭に発す」状態でしたが、この記事は随分前にその頃の気持ちを思い出しながら書いたものです。そろそろこの時期かな?と思ってUPしました。(自分で読んでて可笑しかったので…。)
最近は、気分転換になる程度の、最低限の手入れで済むようにガーデニングのスタンスを変えたので、ずっとラクになりました。そうなると面白いもので、台風で多少の被害を受けても以前程気にならなくなりました。今年の台風前も、非難させた鉢はほんの数個です。(距離を置くって大事みたい…。)
ただ、これからがヒヨドリの本番です。食い荒らされた花を目の当たりにして、昔の気分に戻ったらどうしようと、ちょっと心配。(^^)

投稿: nanbu | 2004/11/07 19:28

nanbuさんは、自然がいっぱいのところにお住まいなんですね。いいですね。私のところは、割と街中なんですけど、古い林が近くにあるので野鳥は結構見かけます。
実家に居た頃は、冬は鳥の餌台をを作るので、いろんな鳥が居ながらにして見られました。その野鳥を狙って、猛禽類まで来てましたから。数十分車を飛ばしてちょっと郊外にバードウォッチングに、もよく行きました。
ヒヨドリはよく見かけますね。今も家の近くの公園のナナカマドなどを食べに来ているようで、あの声が毎日聞こえます。
鳴き声がけたたましいので、私は頭の中で「キャーキャーちゃん」と呼んでいます。それでも、春先2月頃の恋の季節になると、あのけたたましい声がちょっとだけ柔らかく可愛らしくなるので、なんだかおかしいです。

投稿: cue | 2004/11/08 21:43

cueさん、ありがとうございます。
この辺って、駅周辺は賑やかなんですけど、ちょっと足をのばせば平気で畑がころがってますし、結構いなかです。ウチの窓からは田んぼが見えて、田植から稲刈りまでリアルタイムで観察出来ます。
夏の夜のカエルの大合唱から、移り変わった秋の虫の鳴き声も聞こえなくなり、これから冬を迎えます。

ヒヨドリの声が、春先に柔らかくなるのは気がつきませんでした。そこまで達観出来るようになれれば良いのですが…。(^^;)

投稿: nanbu | 2004/11/09 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/1886706

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリ攻防戦:

« 鳥とりどり | トップページ | 野菜の目利き »