« だ・である | トップページ | 大掃除その2 »

2004/12/22

大掃除その1

師走と言うだけあって、暮れは何かと忙しい。年内に済ませられる事は済ませ、スッキリした気分でお正月を迎えたいと思うからだろうか。そうなれば、やはり大掃除もしないと気が済まない。家の中だけでもキレイになれば、この一年の出来事も垢を落とし、良い思い出になってくれそうな気がする。

怠け者の私は自分が信用出来ないので、やれる内にやってしまおうと、毎年早めから手をつけるようにしている。そんな中でも、窓のガラス拭きは外せない。他まで手が回らなくても、窓ガラスさえ綺麗だと、何とかサマになる。

ただでさえ寒い冬の事、嫌なものは早めに済ませたいので、まずは外側からだ。洗剤を入れたバケツの水でざっと汚れを落としてから、スクウィージー(ワイパーの様なもの)で一気に拭き取る。これでピカピカ!(なにせ畳10枚分はあるし、すばやさ命)

家の外側さえ終わってしまえば、後はじっくりと内側に取りかかれる。ブラインドの埃を払ってから、きれいにすすいだ雑巾で、これまたざっと汚れを落とす。そして水分が乾かぬ内に丸めた新聞紙で磨きあげる。ガラス用洗剤等いろいろ使ってみたけれど、コレが一番早くて経済的な方法だ。新聞紙がみるみる汚れを吸い取るし、インクの成分の効果なのか、ピカピカに仕上がる。この方法に辿り着いてからは、家中の窓を磨いても、3時のお茶までには片が付くようになった。

書いてみると簡単に終わりそうだが、その間にサッシの汚れ落としも同時にしなければならない。なにせ日も短い、このペースで終わらないと、すぐに夕暮れの気配が漂い出すし、惨めな気持ちになってしまう。明るい内に済ませるのが、嫌にならないポイントだろう。

今回は、私の窓拭きの方法をご紹介させて頂いたけれど、それ以外の場所も大掃除を待っている。次回はそれらについても……。

uekomi
 
 
 
ご近所の植込みは、
コニファーだけの構成が見事。
これからの季節に
真骨頂を発揮する。
 
 

|

« だ・である | トップページ | 大掃除その2 »

コメント

nanbuさん、出張窓拭きはいかがですか?ガラス窓10枚内外とサッシの溝それと網戸15枚(かな?)。ブラインドは省略で結構です。しめて1万円で...。わー近くにいたらはたかれそ。^^;
お疲れさまでした。以前TVで言ってたんですけど、家の中の光るべきものが光っているとそれだけでもググ~ッと綺麗印象度がアップするものなのだそうです。ガラスも光り物ですし、数が多いときていますから重点を置いて磨き上げるのは大正解なのでしょう。あ~あ、うちは「丁寧に掃除機をかける」程度で新年を迎えることになりそうです。

投稿: ポージィ | 2004/12/22 22:44

毎度くさなぎです。

大掃除…お正月に窓フキフキしてる刹那さったらないですよねw(:_;)w

前職で北陸に雪で取り残されたときは、正月会社の男子寮に帰って、館全体が無人の中掃除した時は、世界の中心で叫びたかったなぁ~\(_ _;)/~

>明るい内に済ませるのが、嫌にならないポイントだろう。
コレ大事ですよね、全然テンション違いますもん、温かいし、妙にやる気がでて余分な箱まであけて時間掛かって夕暮れってパターンが殆どだけど(^_^);;

投稿: くさなぎ | 2004/12/22 23:14

ポージィさん、おはようございます♪

そーそー、網戸がございました!
だけど、いつも雨に洗い流されているせいか、汚れはあんまり気になりません。
(気にならない=やらない。)
めんどくさがり屋の私は、常に「最小の努力で最高の効果」をモットーに模索しております。(^^;)
(でも、窓ガラスはホント効果てきめんデス。)

「え?」1万円?・・・一瞬お金に目がくらんだ私が・・・かわいい♪


くさなぎさん、ようこそいらっしゃいまし〜!

>温かいし、妙にやる気が出て余分な箱まであけて時間かかって夕暮れ

そーなんですぅ〜。でも、ダマされてはいけません!
これは一番陥りやすいワナです。
お日様があると、ルンルンで何でもやれる様な気がしてても、日が陰りだすといきなりミジメさが襲ってきます。
ワタクシも、冬の日足の短さと自分に、何度も騙されてまいりました。
「何でこんな事してるんだろう…。」と思う前にやめられるような段取りをつけておくのが、辿り着いた奥義かしらん?

投稿: nanbu | 2004/12/23 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2340579

この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除その1:

« だ・である | トップページ | 大掃除その2 »