« ありがとう | トップページ | 黎明の兆し »

2005/01/05

ストーリーテラー

面白いと感じる本は、人それぞれだろう。
本屋さんで買おうかな?と思っても、「買った後でつまらなかったらどうしよう……」なんて迷ったりする。

ある読書家の方が、こんな事をおっしゃっていた。
「自分に合った本かどうかは、最初の1ページを読めば判る」
これは本当にその通りだと思う。1ページ読んで面白かったら、その本は最後まで面白く読める。

私の場合、松本清張さんの本がアブナイ。1ページどころか、最初の1行を読んだだけでハマってしまう。

探し物をしていて、たまたま文庫本を見つけたりするともういけない。どれどれ、と読んでしまったが最後やめられなくなってしまう。「2、3ページだけ」のつもりが「後ちょっとだけ」になり、半分も読んでしまうと、もう諦めの境地。その日1日は読書の日になってしまう。(何度同じ過ちを繰り返した事だろう……)

だから、何かしなければならない事がある時は、清張さんの本は絶対に手に取らないと決めている。

ストーリーテラーという言葉があるけれど、氏はまさにそうなのだろう。
テレビのサスペンスドラマでも「松本清張の」が付くと視聴率が上がるそうだし、もう、原作の殆どはドラマ化されているのではないだろうか。
それは短編でも変わらない。こんな面白いお話を短編にしちゃっていいの?と思うくらい太っ腹。
事実、いくつもの短編が立派に2時間ドラマになっている。

シノプシスの斬新さでいえば、SFの星新一さんも、漫画家の手塚治虫さんもそう。
大家と言われる方々は、何か根本に同じものを持っている様な気がする。

子供の頃、漫画家になりたかった。(……嗚呼)
でも、成長と共に現実の厳しさを知るにつれ、ただの夢になっていき、いつしか諦めた。
それは、「絵はともかく、面白い『お話』を作れなければならない」という事を、悟った時だったのではあるまいか……。

okazari2
 
 
 
リース代わりに
リビングのドアに掛けた、
ミニお飾り。
 
 

|

« ありがとう | トップページ | 黎明の兆し »

コメント

僕的な本選びの基準は「知人」でしょうかね。
モチロン自分の目も大切ですけど。
んでもそれだけだと、僕の場合、自分の趣味ばかり目が行ってしまうんです。結果、他ジャンルにも必ずだろう名作を読み逃すのが惜しい気がしますしね。

んで知人の目を通して「○○がよかった」とか聞くと「どれどれ…」となっちゃいますね。特にブログをやっててそういう記事に行き着いたりすると… もう財布がヤバイですよ(笑)

僕的なストーリーテラーと言えば…
んまぁ清張さんはお約束として、他には「グインサーガ」シリーズの栗本薫さんかなぁ?
あと最近では京極夏彦さんあたりかと。

投稿: ろぷ | 2005/01/06 10:21

ろぷさん、こんにちは!

私は決して読書家ではないんですよぉ。
だから自分の守備範囲外まではとてもとても…。
さすがの清張さんものでも「或る『小倉日記』伝」は、読むのが辛うございましたし。
どうも読みやすくないとダメみたいです。

>もう財布がヤバイですよ(笑)

そうなんです。ハードカバーじゃなくても、単行本は値が張るのでなかなか手が出ません。
ごくたまぁに買う事はありますが、それこそ「清水の舞台」の心境です。
(必然的に、話題の本は読めません。)
で、もっぱら文庫本狙いなのですが、新刊の時読みたかった本が文庫になってたりすると、お宝を見つけたような気分になります。

>栗本薫さん

たしか、ジャンル毎にペンネームを使い分けていらっしゃる、中島梓さんの事ですよね?
(中島さんの作品しか読んだ事ないんですが、御本人のキャラクターは好きです。)

>京極夏彦さん

ごめんなさい。京極さんとか、伊集院さんとか、お公家さんの様なお名前の方は、それだけで恐れ多くて読んでませんです。あと、とにかくカッコイイお名前は。(それを、ヒガミとも申しますが…。)

投稿: nanbu | 2005/01/06 12:11

こんばんは。nanbuさんの記事、それとお二人のコメント楽しく読ませていただきました。
私はかなりの読書好きなんです。あ、但し好みはかなり偏っています。今では楽に読めるものじゃなきゃダメだし、少なくとも主人公はハッピーエンドかそうでないとしても気分的に救われる終わり方じゃないとイヤ。物語にのめりこんで読むタイプでストーリー重視派、nanbuさんと同じく文庫派です。数年来翻訳もののサスペンスかミステリ中心に読んでいます。(子供のころのホームズシリーズ、ルパンシリーズに始まって以来のミステリ好きかな。一時はクリスティものばかり読んでいたこともあります。)
でもでも、ショップのHP制作に取り掛かった頃以降、いろんなことを並行してできない私は、本から遠ざかってます。今日の記事やコメントを拝見したら、ふつふつと「本読みたーい!」という思いが湧いてきちゃいました。
余談ですが、いとこが京極さんの文庫本を「箱枕のような」と形容したことがありましたよ。言い得て妙。

投稿: ポージィ | 2005/01/06 21:33

ポージィさん、おはようございます。

>ハッピーエンドか、そうでないとしても気分的に救われる終わり方じゃないとイヤ。

「或る『小倉日記』伝」はそういう意味で辛かったです。
「蛇にピアス」も家内が買ったのを読みましたが、ハッピーエンドと思って安心して良いものやら…。
将来への布石…?とか疑ってしまいました。(面白かったけど、安心したい。)

>一時はクリスティものばかり読んでいたこともあります。

あぁ!アガサ様がいらっしゃいました!!
私も大好きで、映画化されると必ず観に行っていた時期がありました。
一時放送されていた、ポワロシリーズもチェックしていたし…。(現在のアニメシリーズは、たまに。)コンビの靴とか、時代背景のアールデコ様式もたまりませんです。(ミス・マープルも同じくらい好き!)

投稿: nanbu | 2005/01/07 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2475993

この記事へのトラックバック一覧です: ストーリーテラー:

« ありがとう | トップページ | 黎明の兆し »