« 運転免許 | トップページ | 若葉マーク »

2005/01/13

教習所

以前、原付きバイクに乗っていた事もあって、アクセルとクラッチの感覚は掴んでいた。だから、最初の実技では「上手い」とまで言ってもらえたのだが、車にはハンドルが付いている。バイクの方向転換は、自転車と変わらないので、そこからは初心者だ。(ほんとの初心者である家内は、環状コースの外周を延々と回っていた)

ハンドル操作は本当に難しく、その頃の夫婦の会話は殆どそれに関するものだった。優しい教官もいたけれど、中には厳しい教官もいる。「切り返し」の項目で当ったのが、そっちだった。ただでさえイッパイイッパイなのに、その上ガミガミ怒られるのだから、頭の中は真っ白である。教習所を変えたという人の気持を痛感するのもこんな時だった。(そして家内は、外周を回っていた……)

S字カーブや、車庫入れ、坂道発進等をクリアすると、そろそろ仮免が視野に入って来るが、その頃には若い人との差は歴然としてくる。小気味良くカーブを曲がるそんな車を見るにつけ、「やっぱり免許は若い内に取るもんだ」としみじみ思うのであった。

教習所は、大抵外側の環状コースと、その内側にあるS字カーブ等で構成されている。家内など、ハンドルの切り方が足りずに、左右の前輪で抱え込むように環状とS字を隔てる芝生をまたいでハマってしまった事まであった。(教官が運転を代わって、なんとか脱出なさったけれど……)
やはり初心者は、ガミガミ言われてもしょうがないのだろうか?(カックン、カックンとノッキングを繰り返しながら車が飛び跳ねる光景も、教習所ならではだろう)

苦労したのは実技だけではない、学科はもっとだ。若い頃は、砂に水がしみ込むように吸収出来たものが、その年になると頭に入って行かない。脳細胞のピークはとうに過ぎているのだから。まるで、セルロイドの下敷きに弾かれる水のようなものだった。

それでも、難攻不落と思えた所内のコースをクリアすれば、仮免が取れる。そうなれば、路上教習が始まってしまう。
その教習所は甲州街道に面していた。まさかと思っていたけれど、いきなりそこを走らされた時には、固まってしまった。周りの車に煽られて、教官から「スピード出し過ぎですよ」と言われた時に見たメーターは、60㎞/hを差していた。教習所内で30㎞/h出すのが精一杯だった私は、自分が信じられなくなる悲しい瞬間を体感したのだった。

思い返せば、駐車車両があれ程憎らしかった事もございません。次々にそれが姿を現す度に、教官付きならまだしも、進路変更など一生出来ない様な気がしたのでありました。(涙)

|

« 運転免許 | トップページ | 若葉マーク »

コメント

読ませていただきながら、ふと気づいたらニヤニヤしてました。
ハンドルさばきですか...幸い私は苦労しなかった口です(若かったからかしら?)。教習所内のコースを回りながら目に入った40代後半くらいの女性が、ほとんど直線なのにハンドルを右に左に動かすので車が蛇行していた光景を思い出してしまいました。うふふ

運転で必要以上の緊張は大敵ですね。上に余裕だったようなこと書いた当の私も、初めて無線車に乗ったときは、一時停車の後ギヤをローに入れるのをすっかり忘れて発進できず立ち往生。無線で「どうしました?」ときかれて状況を説明するとあっさり「ギヤはどこに入ってますか?」「あっ!!」独り赤面して大汗かいたのでした。

「教習所~そのⅡ~」へと続きそうな気がするのですが期待のしすぎでしょうか。いまではお茶の子さいさいで運転されていらっしゃるであろう奥様が、順調に卒業されたのか気になります。

投稿: ポージィ | 2005/01/13 14:08

ポージィさん、ありがとうございます!

ハンドルさばきに苦労しなかったとは、羨ましい限りです。
慣れてくると、足したり戻したりの微調整が自然にできるようになりますけど、最初の頃は「あの角は何分の何回転」とか覚えてたくらいです。
事実、たまにしか運転しないという方で、「曲がり始めたら、面倒だからハンドルはそのままよ♪」と言って憚らない猛者もいらっしゃいました。

>ギヤをローに入れるのをすっかり忘れて発信できず立ち往生。

これもよくやりました。「止まったらロー」はあの頃ウチの標語でしたね。
「トキサカコマオフアンバスヒョ」とかも懐かしいです。

御期待を裏切って申し訳ありませんが、教習所はここまでにしました。
(書いたらキリがなくなりそうで…。)

御明察の通り、今では助手席に座る事が多くなったワタクシです。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/01/13 20:00

続きはナシですか~残念。
たしかにキリがなくなりそうですものね。
最後に一つ、あのー
「トキサカコマオフアンバスヒョ」
って...なんですか?

投稿: ポージィ | 2005/01/13 21:19

ポージィさん、おはようございます!

アレ?教習所で教えてもらった時の語呂合わせです。
確かにその時は、その先生が考え付いたオリジナルだと思ったのですが。
「交差点とその付近。フキンと言うのはゾウキンよりちょっとキレイなやつですね。」なんておっしゃる先生だったもので…。(学科の先生はナゼか優しい。)
でも、その後テレビか何かで同じ事を聞いて、なんだ、一般的なものなんだ〜と思ってたんですけど。

ちなみに、
ト=トンネル・キ=軌道敷内・サカ=坂・コ=交差点・マ=曲り角・オ=横断歩道・フ=踏切り・アン=安全地帯・バス=バスの停留所・ヒョ=標識のある場所
だったと思います。(つまり駐停車禁止の場所。違ってたらヤバい!)

本当に、あの頃は受験生の気分でした・・・。(過ぎ去ったものは何でも懐かしく思ってしまうので、同じ間違いを懲りずに繰り返すのでしょうか?)

投稿: nanbu | 2005/01/14 07:40

はぁ~ん、なぁ~るほどぉ!教えてくださってありがとうございます。
私の通った教習所ではそういうの伝授してくれませんでしたー。
学科の模擬テスト問題が山ほどあって、空き時間にそれに次々と挑むのです。そうして数多く問題を解くうちに自然と知識が身につくという方法でした。
みなさん教習所では緊張感を持って真剣に学ばれたでしょうに、なんでこんなにマナーの悪い運転者が多いのでしょ?横断歩道を青信号で渡るというのに、信号無視がいないか、歩行者無視で右折・左折してくるのがいないか、キョロキョロ・ビクビクしながら渡らなきゃいけないなんて。

投稿: ポージィ | 2005/01/14 10:03

ワッワッ!どうしよう。
もう次の記事書いちゃってて(免許取得後のお話)、それに「歩行者の立場で思っていた時より、マナーのいいドライバーが多い事に驚いた。」とか書いたとこです。
ンな訳で、何卒御内聞に…。(笑)

うぅ〜ん。確かに恐ろしいドライバーもいてびっくりしますね。(ただ、私はスクランブルの横断歩道を突っ走る自転車の方が怖いんですぅ。)
これは教習所の先生がおっしゃってたんですけど、「マナーの悪い運転手は三割ほど。後は良いドライバーだから安心して運転して下さい。」の言葉に、その時の私は随分勇気づけられました。

その三割を多いと見るかどうかは、性善説を取るか性悪説を取るかで違って来るんでしょうね。
(どこにでも、良い人と悪い人はいるんですよねぇ…。)

投稿: nanbu | 2005/01/14 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2558539

この記事へのトラックバック一覧です: 教習所:

« 運転免許 | トップページ | 若葉マーク »