« バリウム | トップページ | ため息 »

2005/02/10

靴が鳴る

スリッパが、ちょっとしたはずみで「キュッ」っと音を立てた。
それを聞き咎めた息子は、「オナラした?」と疑う。

失礼な!(今回は違う。)「スリッパが鳴っただけだよ」

・・・スリッパ・・・鳴る・・・靴が鳴る。
ここまで連想したら、歌い出すのは私の習性だ。

「♪晴ぁ〜れ〜た〜みぃ〜空ぁ〜に〜クツ〜ぅがぁ〜鳴る〜」
(注:題名は「お手てつないで」ではない)

しかし、それを聴いた我が子は「ナニ?それ」と訝し気に言う。
何ということだろう。今の子は、あの国民的名曲「靴が鳴る」を知らないのだ!

靴というものは、晴れた御空の下で、「キュッ」っと鳴るものではないか……。

それだけではない。私の発言は、最近ウチの子にウケまくっている。
家庭用ファックスの事を「オタックス」と言ったら、バカウケしてしまった。(「オタク」が使うのだと思ったらしい)確か、CMにはSUMAPの中居君が出ていた筈なのに……。

なにか私の言葉には「哀愁」が漂っているのだと言う。
そう言えば、年上の家内からも「いつの時代の人?」とつっこまれるし。

あ、でも私だって、ジーパンはジーンズ、アベックはカップル、鼻紙はちり紙、じゃなくてティッシュと言う(ようにしている……)。
どうやら、私も知らぬ間に「死語の世界」の住人になってしまったらしい。

|

« バリウム | トップページ | ため息 »

コメント

ははは・
時々わたし、昔父が言ってたので
出てしまうのが「うわっぱり」(上着)です。

投稿: ひょん | 2005/02/10 09:47

こんにちは。
nanbuさんが使われる懐かしの言葉に「哀愁」を感じられる息子さん、なかなか鋭い感性をしていらっしゃるような。フフフ
私も大いに死語の世界の人ですよ。たまに変なこと言うらしいです。とっさに思い出せませんけど。
モダンもナウいもジャンパーもズボンもジッパーも...皆古めかしい言葉になってしまいましたね。

投稿: ポージィ | 2005/02/10 10:10

ひょんさん、おはようございます。

え?「うわっぱり」も死語ですか?(笑)

カップルやティッシュはイイんだけど…。
白状すると、「ジーパン」ではないと分かっていても、「ジーンズ」が出るまで暫し時間がかかる時があります。その間が自分でもコワイ!(^^;)

投稿: nanbu | 2005/02/10 10:33

ポージィさん、おはようございます。
ごめんなさい。コメントを考えている内にコメントを頂いてました。(時間かかりすぎですね。)

そうそう、ナウいもナウくないんですよね〜。
あれ?ジッパーって、ファスナー?
あと、ズボンをパンツと言うのには、未だに抵抗がある私です。(あ、恥ずかし!)

投稿: nanbu | 2005/02/10 10:59

ハンガーのことをいまだに「えもんかけ」と言い 娘たちから笑われています。

ズボンをパンツ・・・・これも しっくりこないっす(^^)。

それから秘すれば花なんですが おしゃべりなものだから白状してしまうと もうジーンズをはくのは無理になりました・・・・ファスナーを上げてボタンをいれようとすると指に力がいるでしょう・・・・詰めが折れそうで ここ数年はいたことがありません・・・・似合うんだけどなあと自画自賛(爆)

投稿: nezimaki | 2005/02/10 13:15

nezimakiさん、こんにちは。

「えもんかけ」…。自分でも言ってそうなんですけど。
(無自覚なのが、よけいにコワイ。)

「パンツ」。私が言ったら、絶対下着の方だと思われますです。

>似合うんだけどなあと自画自賛(爆)

あぁ!ウンウン、似合いそう…。
確かにジーンズのボタンって指が痛くなりますけど、
この際、指には目をつぶってはいてしまいましょう!

…って、やっぱツメが折れたら困りますよね。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/02/10 17:31

>詰めが折れそうで
これは間違いで
爪が折れそうで・・・・だった(汗)

ツメ それからトル・・・・これはnanbuさんが
よく知っている校正のときにつかう用語で
一字ツメルだとか 一字トルだとか
一字トルそしてその分をツメる・・・・な~んて使いますよね。

僕の手書き文字・・・・これが汚いんです。
だから赤を責了のとき自分でいれると 何を書き込んだのか・・・・っていう状態になっちゃいます。

今はPDFファイルで校正をすることが多くなり
修正箇所への書き込みがPDFファイル上なので
誰がやっても汚くはならなくなり
ほっとしているんですよ(^^)。

投稿: nezimaki | 2005/02/10 19:48

お、思い出した。
今まだ子どもの遠足のたびに言ってしまうのが
「ビニール風呂敷」

ひょんです・・・・

昔、遠足の時、もう、殆どの子が
カワイイキャラクターのシートだったのに
私だけ高学年になるまで、漬物のだか、
引き出物のだかの、「ビニール風呂敷」
だったとです・・・・(ヒロシ風)

そんな子ども時代でした。恥ずかしい。

投稿: ひょん | 2005/02/10 20:10

おはようございます。

>nezimakiさん、
>詰めが折れそうで

私も、最初読んだ時うっかり読み過ごしてしまいました。
自分でコメントを書いてて気がついたくらいで…。

…これだから、校正って難しいですねぇ。
(それにしても、トルツメの「ツメ」には思い至りませんでした。)(^^;)

>何を書き込んだのか・・・・っていう状態になっちゃいます。

ウチでもよくあります。送られて来たファックスの赤が判読出来ずに…。
そんな時に読み解いたりすると、その時だけ家内から尊敬の眼差しで見てもらえます。(^.^)


>ひょんさん、
そういえば、遠足の時の「持ちもの」に「ビニール風呂敷」って書いてあった!(懐かしい。)

>ひょんです・・・

「あっ…」っと思い、必死で名前を思い出そうとしました。
つよしです・あつしです・けんじです・・・。

あぁ…。ダメ・・・思い出せない。
と崩折れていた寝起きの私。

>・・・・(ヒロシ風)

でしたね。(ガク…。)
・・・しかも、カタカナだしぃ〜!

投稿: nanbu | 2005/02/11 08:06

こんばんは、生字引です。

「ジーパン」って死語ですか...
セーターみたいな袖のないのは「チョッキ」だし、
上着は「防寒」または「オーバー」ですよ。

あ、そう言えば先日ユニクロに行った時に「コールテンのズボンありますか?」と店員さんに聞いたんですが、すかさず家内が「やめなよ。」と袖を引っ張るので、訳が分からなかったのです。
後で聞いたら、なるほど今は「コーデロイ」って言うんだそうです...

投稿: 生字引 | 2005/02/12 00:54

生字引さん、おはようございます。

>「ジーパン」って死語ですか…

おぉ!心強いお言葉。
そうですよね〜。(いきなり強気になる私。)
でも、今「チョッキ」といったら、「直帰」と勘違いされそうですね。

雑誌やチラシを見ても、「オーバー」って文字を見かけないのはなぜでしょう?
薄地がコートで、厚地がオーバー。とっても分かりやすいのに…。
何か自分が知らぬ間に、使用禁止のおふれが出たのかと思うくらいです。

>すかさず家内が「やめなよ。」と袖を引っ張るので、訳が分からなかったのです。

あぁ…。「コールテン」、「ズボン」。
一つのセンテンスで、二つも禁を犯してますもんねぇ…。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/02/12 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2869898

この記事へのトラックバック一覧です: 靴が鳴る:

« バリウム | トップページ | ため息 »