« 瞼のビバルディ | トップページ | 小論文(jess採点システム) »

2005/02/19

星占い

おとといの朝、牛乳のカップを倒した。
朝一からフキンで拭いたり大騒ぎして、朝食がすっかり冷めてしまった。
このところ、やることなすこと裏目に出て・・・どツボ。

そうなると気になるのが「星占い」。
複数のテレビ局が毎日の運勢を取り上げたりしたものだから、「良い」と「悪い」が同時に並んで、信頼度の低下も甚だしい。さすがの私も「毎日の運勢」までいくと、眉にツバを付けたくなるけれど、結構気になる。

ちなみに私は「魚座」。性格占いによると、「まぁ、飽きずに水をやってれば、そのうちカワイイ花の一つも咲かせるでしょう……」的な軽い扱い。(確かに運勢もイマイチなのよね〜。華がないのヨ、華が)

ところで、魚座の2月の運勢は、

「人間諦めが肝心。恋も仕事も人生も、一生懸命やってダメなら潔くギブアップしましょう」

だって……。(魚座の皆さん、ゴメンナサイ)
でも、少なくとも私に限れば当たってる。

星占いとは長いお付き合いだけれど、ここまでキッパリと宣告されたのは初めてでございます。(えぇ、そうですとも!)まぁ、もともと多くを望む方じゃないからいいけれど、なんというか、こう、ほんの少しの「救い」ってものがあってもいいんじゃないだろうか。

さらに、日本古来の九星占いでも、今年の私は真っ黒な「低迷運」で、お先真っ暗な八方塞がり。
もうこうなったら、タラの大地にスックと立ち上がるスカーレット・オハラになりきるしかないでしょう。

そうやって、今日も精一杯生きていくワタクシは、なんて健気なのだろう!(どこが?)

|

« 瞼のビバルディ | トップページ | 小論文(jess採点システム) »

コメント

こんにちは。
私も今週どうも物事がうまくいかないと思ったら、日曜日に花の入った器を倒して床を水浸しにしたからだったのね。(そういう話じゃないって?)
占いって、全面的に信じてはいなくても、よろしくないことを書かれると気になりますね。でも、悪いときがあればいいときもあるさ、といい意味開き直ることもだいじですよね。
ところで星占いでは、私の誕生日はちょうど境目に当たるんですよ。本(占う人)によってあっちだったりこっちだったり。あたしゃ二重人格かいな。

投稿: ポージィ | 2005/02/19 13:21

ポージィさん、こんにちは。

>ところで星占いでは、私の誕生日はちょうど境目に当たるんですよ。

あぁ、とっても良く分かります。私も、水瓶座に近いので。
で、魚座と水瓶座はいつも正反対の運勢。かったぽが「良い」ともう一方は「悪い」で…。しかも、大抵それの悪い方が当たってます。(笑)

投稿: nanbu | 2005/02/19 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/2992543

この記事へのトラックバック一覧です: 星占い:

« 瞼のビバルディ | トップページ | 小論文(jess採点システム) »