« 読めるけど書けない | トップページ | 少年マガジン »

2005/03/09

漫画少年

文学青年ではなかった私も、漫画少年ではあった。

さすがの私も、あの月刊『漫画少年』は読んだ事はない。
けれど、長兄が光文社の月刊『少年』を読んでいたのは覚えている。

その当時の私は幼くて文字が読めなかったのだろう、連載されていた『鉄腕アトム』や『鉄人28号』を「眺め」ていた記憶がある。それは、なにか「お兄さん」が読む本のようで、ちょっとした憧れでもあった。

実際に自分が読みだしたのは、『8マン』が連載されていた頃の『少年マガジン』から。50円玉を握りしめて本屋さんに通い、『紫電改のタカ』や『黒い秘密兵器』等、当時連載されていた漫画を夢中で読んだものだった。

ちばてつやさんの漫画で言えば、『紫電改の〜』から、『ハリスの旋風』『オレは鉄兵』を経て、『あしたのジョ−』の前半あたりまで。その間には、あの『巨人の星』もございました。
さらに、後発の『少年ジャンプ』も創刊号から。(最初は2週間に1度の隔週刊だったから、なんとかお小遣いで買えた)

また、今では少女漫画を男の子が読むのも珍しくなくなったけれど、その当時から『少女フレンド』もチェックしておりました。楳図かずおさんの『ママがこわい』から、『まだらの少女』『べにぐも』あたりまで。

その後、成長するにつれ増してきた財力にものを言わせ、『花とゆめ』は創刊号からの読者。あと、『別マ』も読んでいて……。(漫画好きの間では、『別マ』を読むのが一種の流行だった)考えてみれば、その頃がピークだったような。(『ポーの一族』に心酔してたのはその頃)

今は「コミック雑誌」の方が通りがいいようだけれど、私の頃はまだまだ「漫画雑誌」と呼ばれていた。そして、これだけお付き合いが古いと、数々の名作の連載開始にもけっこう遭遇している。
あの『ガラスの仮面』もそうだけれど、『少女フレンド』派の私が、なぜか『マーガレット』の『ベルサイユのバラ』の初回を読んでるのも不思議。(最初っからカラーページだったのは、さすがでございます)

そうやって、一時少女漫画に移行したかに見えた私の漫画遍歴も、『Dr.スランプ』が始まった頃には『少年ジャンプ』に戻ってたりして……。

それが細々と続いていたのだけれど。
いつしかそれも、程なく終焉を迎えたのでありました。(と・お・い・目)
 
magjin3
 
 
 
1966年 5月15日特大号 定価70円
表紙は『ハリスの旋風』
この号から『巨人の星』の連載が始まった。
 
 

|

« 読めるけど書けない | トップページ | 少年マガジン »

コメント

nanbuさん、少女漫画系もたくさんご存知ですねぇ。私はあまり読んでいない方でしょうね。
私は親が漫画をあまり快く思っていなかったので、自分で買ったのは相当大きくなってからでした。それまでは友達が貸してくれる「別マ」などを時おり。
そういえば「無償で」友人に借りた漫画がたくさんあったなぁ。有名どころで刺激的だったのは「愛と誠」「タッチ」「ベルサイユのバラ」などね。全巻借りて読んじゃった。(後で思えば何と義理を欠いていたことか...)

さて、自分で買って読んだものでどっぷりはまったダントツ1位が「ポーの一族」だったんですよ。エドガーがその辺に本当にいるような気持にすらなって、切なく身悶えしていたものです。nanbuさんの、『ポーの一族』に心酔してた...のお言葉を読んで、しっかと手を握って思い切りぶんぶん上下に振りたい気分でした。(笑)

投稿: ポージィ | 2005/03/10 10:23

ポージィさん、おはようございます。

>有名どころで刺激的だったのは「愛と誠」「タッチ」「ベルサイユのバラ」などね。

私が読んでたのは「愛と誠」の前半あたりまでかな?
(「バンドしぶき浪の花」は知ってます。)
「タッチ」は、確か少年サンデーでしたよね。
マガジンに操?をたてて、サンデーは読んでなかったんです〜。
と、いうよりも時代的に無理がございました。(笑)

>しっかと手を握って思い切りぶんぶん上下に振りたい気分でした。

はい、はい、はい、はい!
エドガーの妹のメリーベルやアラン!
「ポーの一族」にはまってた人は、この名前を聞くとそうなりますよねぇ〜。
それが、萩尾望都さまの御威光でしょうか。(^.^)

投稿: nanbu | 2005/03/10 11:08

私も萩尾望都ファンでしたね。
「恐るべき子どもたち」とか、
ドラマになった「イグアナの娘」も、でしたっけ。
「パタリロ」も見ました。
ベルサイユは、はまりませんでしたが
美少年モノが好きです。

髪が長くて目が綺麗な(ちょっとつり目)
男キャラなら何方でも♪

耳は要らないですが・・・・
ああ、やっぱり牙は要りますね。。
犬夜叉もいいし・・・ドロロンえん魔くん
も好きです・・・日渡早紀さんのアクマくんシリーズも!!!
(やっぱり妖怪ばかりだ:笑)

投稿: ひょん | 2005/03/11 11:39

ひょんさん、こんにちは。

>「恐るべき子どもたち」とか、
>ドラマになった「イグアナの娘」も、でしたっけ。

残念な事に、その頃になるともう読んでないんですよ〜。
「トーマの心臓」とか初期の作品も。タイトルに惹かれて読みたかったんですけど。

>「パタリロ」も見ました。

お、シブイ所をお突きになりましたね!「花とゆめ」の魔夜峰央さんですね。
「♪だ〜れが○したクックロ〜ビン」の主題歌覚えてます。

>美少年モノが好きです

ですよね〜。(ブログを拝見してて思いました。)(^.^)
だとしたら、竹宮惠子さんとかお好きなんでしょうか?
(「つり目」キャラじゃないけど。)
でも、妖怪系までは知りませんでした。(笑)

>私も萩尾望都ファンでしたね。

ギムナジウム・美少年・妖怪系…。
やっぱそうなりますよね♡

投稿: nanbu | 2005/03/11 12:38

>gawachiさん、TBありがとうございます。

ブログの方も拝見しました。
記憶違いしてましたが、丈が少年院に送られるのは段平と出会った後だったんですね。
力石との対決までは読んでいるんですが、続きがあったような…。

ちなみに、6月2日の「翔ベイカロスの翼」のポスター。
下の方に写っているのは、若かりし頃のさだまさしさん?と思ったら、ポスターの出演者名に小さく書いてあるのが判読できて、ちょっと嬉しくなりました。
さらに後ろに、小さく写っているのは栗田ひろみさんかなぁ?と思いつつ、出演者名では判断できなかったのですが、検索してみたら出演なさってたみたいで、またまた安心しました。

投稿: nanbu | 2005/06/05 17:36

ご丁寧な描き込みりがとうございます。ネタに苦しみ古い映画を引っ張り出しており、いいかげんかもしれません。 TV版での続編では、丈が世界チャンピオンと戦って、最後は真っ白になって、終わったと思ったのですが、いいかげんですので。すいません。

投稿: gawachi | 2005/06/06 10:07

>gawachiさん、いらっしゃいませ。(^.^)

TVでも続編放送されてたんですね。
(尾藤イサオさんの主題歌は頭にこびりついてるんですけど。)
こちらこそ、いいかげんな記憶ですみません。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/06/06 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/3229029

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画少年:

» あしたのジョ− [gawachi 20% off]
古い映画のチラシにありました。良かったら見てください。 [続きを読む]

受信: 2005/06/05 10:25

» はるかなるポーの一族によせて… [地酒星人]
ちょっと先週、酒の紹介を飛ばし過ぎましたので、今週は少し関係ない話を。 **** [続きを読む]

受信: 2005/08/15 10:16

« 読めるけど書けない | トップページ | 少年マガジン »