« 利休色 | トップページ | トウが立つ »

2005/03/18

誕生日検診

とうとう行って来ました誕生日検診。2月7日付バリウムでも書いたように、胃ガン検診は早めに済ませたんだけど、基本健康審査の方は放ったらかしたままだった。

誕生日を挟んだ2ヶ月の間に、7回程予備日があった。その中で都合の良い日に行けばいいだけだったのに。
バリウムを飲むのは、前日から注意事項がいろいろあって面倒臭いけれど、受けてさえしまえばこっちのものだ。(お陰様で異常なしでございました)でも、こっちの方はどうしても行くのがおっくうだった。

受付は昼からだし、行けばいいだけだし、よっぽどラクな筈なんだけど……。どうも血液検査は気が重くて。
血液を調べると、かなりな事までわかっちゃうし、なんかヤバい事が発覚しそうで。(とりあえず、臭いものにはフタをするのがワタクシ流)
しかし、もうあと2日しか予備日がない。そこまで追い詰められて、やっと観念したのだった。

最初に受けた検査は尿検査。
他の検査を受けている間に結果がわかってしまうのにはビックリ。で、結果はタンパクも糖も潜血もなくて、一安心。(実は、これも心配だったの)

そのあと心電図を測ってから、いよいよ例の血液検査。注射針にセットされた、小さな試験管に血液が採取されるわけだけど。二の腕を縛って血管を浮き上がらせているのだから、勢い良く鮮血が試験管の中へ……。の筈なのに、そのわりには赤黒いような気もして。あぁ、心配はつのるばかり。

そんな不安を抱えながらも、最後に胸部のレントゲンを撮ればおしまい。結果は3〜4週間後に郵送されるという。

あれ程イヤだった基本検診。それだけに、終わってしまえばやはりホッとする。ひと月以上も、ずぅっと頭に張り付いていた懸案が、済ませられただけでも嬉しく、身も心も軽くなったよう。(その前には確定申告も滑り込みで済ませたしぃ)

これで結果が異常無しだったら、何も言う事はないんだけれど……。

そのあかつきには、白鳥麗子よろしく「オ〜ッホッホ!よくってヨ〜」と、雄叫びをあげたい。今は、ひたすらそれを願っている。

(もし、何かあっても書かないから、その時はヨロシク!)

|

« 利休色 | トップページ | トウが立つ »

コメント

わはは・・

わたしなんて、検診のたびに
「治らないって言われました」って
言わなきゃならないですから。

検査のお医者さんは病気を発見しに来ている訳ですから、
疾患、しかも治らない事まで分かっていると
患者から言われると面白くないみたいです。(笑)

投稿: ひょん | 2005/03/20 17:38

>ひょんさん

そう言えば、お医者さんの問診もありました。
ちゃんと触診してくれて。
最近病院の診察は、聴診器を当てるくらいがせいぜいでしょ。
触ってもらう(変な意味じゃなくて)のは久しぶりだったので新鮮でした。(^^;)

結果を心配してる癖に、「寒い時期はクラクラするんです。」
とか、けっこう正直に相談しちゃいました。
(「様子を見ましょ。」と、いなされましたが。)

そうやって、ワラをも掴むような視線に慣れてらっしゃると、
教える事がないと、鼻白んじゃうのかもしれませんね。(^.^)

投稿: nanbu | 2005/03/20 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/3340886

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日検診:

« 利休色 | トップページ | トウが立つ »