« 路傍のオオバコ | トップページ | 醤油飯 »

2005/06/28

螢雪時代

昔、近所にまだ本屋さんがなかった頃。
月に一度、講談社の「たのしい一年生」を自転車に乗った本屋さんが届けてくれた。

小学校3・4年の頃だろうか。
配達してくれるのが近くにできた本屋さんに変わったのと、それが廃刊になったのと、どっちが先かは覚えていない。でも、それに代わって読み始めた小学館の「小学○年生」。そのどちらも私は楽しみに待っていた。

「少しでも勉強してくれれば……」という親心だったのだろう。
けれど子供の私は、もっぱらそれに連載されている漫画がお目当てだったのが心苦しい。

学年別の月刊学習雑誌とでも呼べばいいのだろうか。
この、「たのしい○年生」と「小学○年生」。
どちらかを読んでらした方は多いと思う。

だから、中学生になって学研の「中1コース」を読み始めたのも、ごく自然のことだった。
それは同級生も同じで、旺文社の「中○時代」か、この「中○コース」の読者という子が結構いた。

各学科別に、要点が色刷りでまとめられた小冊子が付録に付いてたりして、試験前には随分お世話になったものだ。
その他、連載されていたジュブナイル小説も面白く、それで小説を読む楽しさを知ったような気がする。

高校生になっても、この旺文社と学研の勢力図は変わらなかった。
兄は「『高○コース』の方が印刷がキレイでカッコイイ」と言っていたけれど、それは私も同意見。(きっと、「高○時代」は「中身で勝負!」がポリシーだったのだろう)

ところが「コース」派だったその兄が、高三になった時、いきなり「螢雪時代」を読み始めた。(「高○時代」は高三だけ「螢雪時代」ですもんね)

何という節操の無さ。

その変節をなじる私に、兄は「『螢雪時代』の方が権威がありそうじゃない?」と言い繕った。(なるほど…。オシャレじゃない分、確かに御利益がありそうな威厳があった)
そして、その言い訳はいかにも受験生の本音らしく、意外な説得力で私の心に響いたのだった。


そんな経験から、ウチの子にも「時代」か「コース」を買い与えようと本屋さんに行って驚いた。小学生向きの学習雑誌はあったけれど、なんと「時代」も「コース」も見当たらない。

店員さんに聞いてやっと見つけたのは、テキストコーナーの隅にあった「螢雪時代」一冊だけ。
かつては学年別学習雑誌だけで、一つのコーナーを占領していたのに……。

通信教育が急成長したり、塾通いが珍しくなくなった現在。
学習雑誌の付録で勉強する子は、もういないのかもしれない。

6_04zefiransasu
 
 
 
………………………………………………
ちなみに「コース」は99年3月号で、
「時代」はそれより前に休刊になったそう。
かつての読者としては寂しいかぎりです。

|

« 路傍のオオバコ | トップページ | 醤油飯 »

コメント

nanbuさ~ん、私は「小学○年生」「中○時代」「高○時代」「蛍雪時代」と
長年の読者でした。(旺文社の回し者じゃないですよ)
いつのまにかコースも時代も消えてしまっていたのですか…。
う~ん、やっぱり何か寂しいですね。

投稿: ポージィ | 2005/06/29 10:34

>ポージィさん、ありがとうございます。
>(旺文社の回し者じゃないですよ)

白状すると、私も高3からは「螢雪時代」を…。
あ、でも学研の「科学」も読んでました。(汗)

>う〜ん、やっぱり何か寂しいですね。

私も、記事にしてから改めて当時の学習雑誌のありがたさを噛み締めています。
勉強以外でも、親にも言えない事とか、友達にも聞けない事とか。
そんな不安に、「それでいいんだよ。」と言ってもらえたような。
そうやって、ゆっくり大人へと導いてもらった気がします。
大人に対する猜疑心が芽生える多感な年代に、「信じてもイイかな?」と思える存在って必要だと思いました。

投稿: nanbu | 2005/06/29 15:02

>「日本の出版社の歴史」さん

TBありがとうございます。
「時代」は、1991年に廃刊になってたんですね。
「コース」より8年も前に…。寂しいです。

投稿: nanbu | 2005/07/04 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/4740844

この記事へのトラックバック一覧です: 螢雪時代:

» 旺文社 [日本の出版社の歴史]
旺文社旺文社(おうぶんしゃ)は、1931年に創業した教育専門の出版社で、三菱商事の全面支援を受け、現在は再建中。入試関連の雑誌や書籍の出版で有名だが、出版の他に生徒向けのテスト事業や各種資格検定事業も手がけている。かつては、中一時代〜高二時代といった、中高生向けの学年別雑誌も発行していたが、1991...... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 01:50

« 路傍のオオバコ | トップページ | 醤油飯 »