« 集団心理(未知との遭遇編) | トップページ | 鴨の水掻き »

2005/07/30

たかが自転車、されど自転車

7_22rabenda自転車は慣れてしまえば簡単だけれど、乗れない人もいる。
そんな人は、練習する機会がなかったか、そのタイミングを逃してしまったのだろう。

家内がそうだった。
買ってはもらったものの、そのままになってしまったのだと言う。

もったいない話である。
「やってみれば簡単だよ」と、近所の公園で気軽に練習が始まった。
(若かったのねぇ……)

後ろから私が荷台を支える、というお約束のスタイルだったけれど、実際に目の当たりにすると、やはり「乗れない」という事実は大きかった。

バランスをとるという無意識な行為が、これ程難しいとは……。
「もしかしたら」という不安がよぎったりもした。

それでも、練習を繰り返す内にだんだん距離も伸びていって。
あれ程広大に見えた公園も手狭になっていった。
……そして最後は広めの路地で、めでたくフィニッシュを迎えたのだった。

それから月日が経って、うちの子の幼稚園時代。
後ろに子供を、前に大きな荷物を乗っけて逞しく自転車をこぐ家内。
そんな姿を見るにつけ、あの時の苦労がウソのように思えたものだった。


順調に上手くなったり、殆ど上達しなかったりと、その日によってバラつきがあった。
「やはりダメかもしれない」と思った翌日に急に上手くなったり……。
人の進歩とはそんなものなのだろう。
決して、一直線に上手くなるものではないらしい。

「より高く跳ぶためには、より低く身を屈めなければならない」とはよく言われるけれど、進歩の無さに歯痒さを感じる時、あの時の事を思い出したりする。


もちろん、わが子の自転車教習の時にも、その経験は大いに役立った。
「もしかしたら……」などと焦る事もなく、気長に付き合う事ができたし。

やっぱり自転車は、子供の頃に覚えてしまうのが一番ラクみたい……。

|

« 集団心理(未知との遭遇編) | トップページ | 鴨の水掻き »

コメント

だんな様の協力で自転車に乗れるようになる… なんとも素適な光景です。
「絆を深める愛の自転車練習♪」
あーだめだめ、もっとロマンチックなコピーはないかしら (*^^*)

無事奥様は自転車乗りをマスターされ、
nanbuさんは愛意外にも大切なことを学ばれ、その後に生きている。
いいわぁ…(ここでハートマークを入れたいのにな・・・)
 
まさしく「たかが自転車、されど自転車」ですね。

投稿: ポージィ | 2005/08/01 11:06

>ポージィさん、ありがとうございます。

ほんとに若かったんですよね。
マジで「だめかもしれない。」と思った時もあったし‥。
今じゃ車の運転も家内の方が上手いし、泳ぎも速いし。
「やってる人にはかなわない。」
も新たに学びました。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/08/01 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/5225853

この記事へのトラックバック一覧です: たかが自転車、されど自転車:

« 集団心理(未知との遭遇編) | トップページ | 鴨の水掻き »