« 不馴れなネットカフェ | トップページ | 恐るべし麺類 »

2005/08/07

8月ともも展とVirtual Beauty EXPO

私のHPは、製作した3D等がメイン。
それでも、プライベートな趣味とかを最後のMy Roomのコーナーに載っけてたり。

その中の、独り言(愚痴?)のコーナーを独立させたのが、この「日常雑記」のブログ。
日々の生活雑感をつらつらと綴ったものなので、あんまりCGの話題とかには触れてないんだけれど。(語る程の知識もない、っていう現実があったりして……)

ただ今年の8月は、いつもの「もも展」Studio MOMOさんの他に、[CG美少女]All Aboutさん主催のVirtual Beauty EXPO 2005にも投稿させて頂いて。
(あ、Shade online 画像投稿機さんにもお世話になっております)
そちらの方から、HPを見にいらした方がいるかもしれないし、このブログにまで足を伸ばして下さっていたら、とっても嬉しい。

yusuzumiそこで今回は、その話題を少し。

作品をHPに載せるだけじゃ、限られた人にしか見てもらえないけれど、展覧会なら多くの人に見てもらえる。この、「見てもらえる」というのは、私にはとっても励みになること。(一生懸命やっても、見てもらえないんじゃ、やっぱり寂しいし)

だから、その機会を与えて頂けるのは、本当にありがたい。(主催者の方々にお礼申しげます。)

前出の「Virtual Beauty EXPO」は、普段ディスプレイで見ているCGを、A3サイズにプリントアウトした状態で展示するという展覧会。
ディスプレイなら72dpiの解像度ですむけれど、プリントするにはとても足りない。
(印刷だったら360dpi必要なくらいだから)

A3サイズって、決して大きくはないけれど、それでもレンダリングするとなると「一体、どれくらいの時間がかかるのやら……」。
その大きさにビビって、前回は参加できなかった。

でも、インクジェットのプリンタなら、印刷の半分くらいの解像度でもなんとかなりそう……。
そう思い至って、今回はチャレンジすることに。

なんとかレンダリングも済み、RGBをプリントする段になって、改めて気がついた事も。
「見てもらうなら、せめて美しく……」と出力を依頼することにしたけれど。
まず、CMYKでなければ受け付けてくれないプリントサービスが多くて……。

さらに大きな問題は、そのダイナミック・レンジの違い。
こっくりと綺麗に仕上がっているけれど、明るい所の諧調が重視されたのか、他が少し暗い。
きっと、暗い部分の諧調を重視すると、明るい所が白く飛んでしまうのだろう。

この、画面自ら発光する加色混合と、紙からの反射光に頼る減色混合の違い。
頭では理解していても、それをまざまざと思い知らされて。

それが、今回の大きな教訓だったような……。

|

« 不馴れなネットカフェ | トップページ | 恐るべし麺類 »

コメント

RGBをCMYKにして出力先へ・・・・これが基本なんですよね。 で、このCMYKにした時点で色調がモニタ上で変わっちゃう。 更に出力する紙によって、大きく変わっちゃうんだから、泣けますよね。

モニタは輝く点による発色で、紙の上というのは、インクを紙に垂らすわけですから・・・・と頭ではわかっても、結果が予測できない。

紙の場合、単純に考えると、普通紙・コート紙・マット紙・・・・この3種類だけに絞っても、かなり色調や、再現力がちがいますから。

nunbuさんは専門のひとなので、よくわかると思うのですが、階調の何%から何%の範囲を再現するかによって、大きく全体の雰囲気が変わりますね。

投稿: nezimaki | 2005/08/08 11:13

>nezimakiさん、ありがとうございます!(^^)

>で、このCMYKにした時点で色調がモニタ上で変わっちゃう。

nezimakiさんのなさっているDTP出力印刷だと、
製版フィルムを起こすのが前提のCMYKが基本ですよね。
私も、色指定ならその方がピッタリくるんですけど。
(ShadeはRGBでレンダリングされるんです〜。)
CMYKに変換した時点で、似ても似つかぬ色調になってしまって、泣きそうになりました。
(どう調整しても、自分じゃムリっぽくて、すぐに諦めました。)

>紙の場合、単純に考えると、普通紙・コート紙・マット紙・・・・この3種類だけに絞っても、かなり色調や、再現力がちがいますから。

今回は光沢紙を選びましたが、そのこっくりとした深みのある仕上がりは予想以上でした(もちろん良い意味で)。
紙とインクの選び方で、まったく違ってくるんでしょうね。

投稿: nanbu | 2005/08/08 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/5352396

この記事へのトラックバック一覧です: 8月ともも展とVirtual Beauty EXPO:

« 不馴れなネットカフェ | トップページ | 恐るべし麺類 »