« 死語の世界/その後 | トップページ | 憧れの差し歯 »

2005/09/29

ちょんまげの陰謀

この前、お歯黒の慣習には社会的悪意を感じると書いたけれど。
実は、密かにもっとエグイと勘ぐっているものがある。

それは、お侍さんのちょんまげ。
スッパリ頭頂部の髪だけを剃り落としている。

……よく言われているのは、「兜(かぶと)を被りやすいように」なんて理由。
だけど、どうもそれでは納得できない。

だって、世界中どこの国でも戦の時はカブトを被ってた訳だし。
日本だけ剃らなければならないっていうのは、合点がいかない。
いや、日本だって鎌倉時代までは髷を結うだけで、髪の毛はそのままだったような。
室町時代になって、やっとちらほら髪を剃る人が出てくるけれど……。


それはそうと、人間は老いてくるとまず目が衰える。
それから歯。虫歯がなくても、それを支える歯茎が弱ってくる。
さらに、個人差もあるけれど、相対的に髪が薄くなる。

私も、すでに老眼が始まっているし、ただでさえ歯質の弱い歯は、かろうじて残ってはいるものの、それもちょと怪しくなってきた。(日本人には歯槽のう漏が多いんですって)

しかも父の場合、私が物心ついた時には既に頭頂部に髪はなかった。
ということは、私の髪もコレから先どうなるか油断がならない。
丁度、ちょんまげで剃り落とす部分が弱々しくなったような気もする。

そう考えると、お歯黒といい、ちょんまげといい、何故か老いのイメージと符合する事に気がつく。


歴史をひも解くまでもなく、独裁者って、とんでもない事を考えつくものだ。
全て自分の意のままにしないとおさまらない。
そして、権力者は往々にしてお年を召している。

その中に「みんな坊主にしちゃえ!」と思った独裁者が、一人もいなかったと言い切れるだろうか。

それは、別に本人が指図するまでもない。
権力者に取り入ろうとする家来が、「拙者も……」と、理屈を付けて真似をした可能性だって考えられる。(太鼓持ちが迎合するのは世の常でございます)

これは、ちょっと穿った見方かもしれない……。
けれど、私は未だにその疑いを払拭する事ができないでいる。


●念のため、「ちょんまげの歴史」で検索してみた所、まったく同じ事を考えてらした方がいらっしゃいました。(^^) 郷土玩具の杜 さん

↑ぽぱいさんはブログもなさっていました。
笑い豚: ちょんまげ

|

« 死語の世界/その後 | トップページ | 憧れの差し歯 »

コメント

むふふふ お歯黒の次はちょんまげときましたか。
ちょんまげって変な髪形ー!って思ってました。
兜を被るとき云々の話は私も聞いていましたが、髪の毛のクッションが
なくなってしまったら、こすれてズル剥けるんじゃなかろうかと
密かに心配したものです。そぉかぁ~禿頭の殿様の陰謀が侍ヘアとして
広まっちゃったんですね。

そうそう、中国の辮髪はちょんまげの逆を行っているようなヘアスタイル
ですね。あれの由来はなんなんでしょう…

お歯黒、ちょんまげ、ときて次もあるような気がするのですが…?(^^)楽しみ

投稿: ポージィ | 2005/09/29 21:48

>ポージィさん、ありがとうございます!(^^)

そうそう、本来髪の毛は頭を保護するためにあるんですもんね。
どうやったって痛そうだし、それがとっても不思議だったンですよぉ。
鎌倉時代被っていたのは烏帽子?のようなものですけど、上級武士は既にカブトを被ってましたしね。
(だからこそ、その下がどうなっていたか分かりにくいんですけど。)

>お歯黒、ちょんまげ、ときて次もあるような気がするのですが…?(^^)楽しみ

エヘ…。そうだといいんですけど、実はこれだけなんです。
支配者が企てる事って、その裏にはいつも何かありそうですけどねぇ。(^^)

投稿: nanbu | 2005/09/30 08:20

nanbuさん
こんばんは、ぽぱいです(^0^)v
TB&コメントありがとうございました。

グッドタイミングでしたね~、まさか「ちょんまげ」で同じような考え方をしている人がいらっしゃるとは思ってもいませんでした。

これからもよろしくお願い致します。

投稿: ぽぱい | 2005/09/30 22:24

ぽぱいさん、いらっしゃいませ!(^^)
&トラバとコメントありがとうございます。

私も、こんな疑いを持っているのは自分だけかと思って、UPするのをためらってたくらいなんですけど…。
それだけに同じ考えの方がいらして、とっても嬉しかったです。

「ぽぱい」さんと「オリーブ」さん…。
(プロフィール拝見しました。)

「あの頃」私も若うございました。(懐)

こちらこそ、よろしくお願い致します!(^^)

投稿: nanbu | 2005/10/01 07:42

実は、私も同じように考えてネットで検索していたところこのブログを見つけました!実際のところ、本当の理由は何なんでしょうね(*-*)

投稿: late | 2005/10/03 23:12

lateさん、いらっしゃいませ!(^^)
コメントありがとうございます。

>実際のところ、本当の理由は何なんでしょうね(*−*)

ホント、気になりますよねぇ〜!
あの時代、皆なにかしら被ってたので、遅かれ早かれそうなった可能性も否定できないとは思うんですけど…。(ムレちゃって)
でも個人差はあるでしょうし、やっぱり日本だけってのが釈然としないんですワ。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/10/04 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/6167151

この記事へのトラックバック一覧です: ちょんまげの陰謀:

» ちょんまげ [笑い豚]
ちょんまげ  [続きを読む]

受信: 2005/09/30 22:27

« 死語の世界/その後 | トップページ | 憧れの差し歯 »