« 憧れの差し歯 | トップページ | ダークスーツ »

2005/10/05

金木犀ふたたび

今まで、折にふれて「秋が好きになれない」と書いてきたけれど。
一つだけ、好きなものがある。

それは、金木犀の香り。

去年10月3日付キンモクセイの記事でも書いたけれど、その香りは「突然」と言ってもいいほど、10月のある日を境に匂い立つ。
そして、それは「もう秋なんだよ」と諭しているかのようで、さすがの私も年貢を納め、秋への覚悟を決める日でもある。


先日(10月3日)、出先でふと漂ってきた香りに気がついた。
「もう、金木犀が……」と思ったけれど、木にはまだ小さな蕾しか見えない。
香りも少しマイルドで、ちょっと違うような気も……。

10_4usugi探してみたら、奥の方でごく薄い黄色味を帯びた白い木犀の花が咲いていた。
これが、銀木犀なのだろうか。
それとも、薄黄木犀?

そんな目で探してみると、昨日あたりからちらほらと咲き始めた金木犀も……。
ほのかに、懐かしいあの香りも漂ってきた。


「香り」というのは、「記憶」と密接に結びついているという。
ある香りを嗅ぐと、呼び覚まされる記憶もある。

思えば、ブログを始めたのもちょうどこの頃。
その記事をUPしたのも、去年の今頃だった。

ということは、あれからもう一年が過ぎた事になる。

何も知らずに、ドキドキしながらブログを始めたあの頃……。
文字化けに驚いて、コメントできなかったりした事も、今ではいい思い出。

今年からは、金木犀の香りが漂うたびに、その時の感慨を思い出すのだろうか。


この一年、本当にありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。(^^)
 

kinmokusei1
 
 
去年は、花がまだ咲いていなくて
写真が間に合いませんでした。

これは、リベンジのために
去年撮影しておいたものです。

 
●去年、トラバさせて頂いたポージィさんの金木犀のかおりと、
銀木犀・薄黄木犀を紹介して下さったひょんさんの木犀に、ふたたびTBさせて頂きました。

|

« 憧れの差し歯 | トップページ | ダークスーツ »

コメント

nanbuさん、懐かしの記事にTBしてくださってありがとうございます!
nanbuさんが書かれたものも、ひょんさんが書かれたものも、
自分が書いたものも、みな懐かしさと新鮮さを持って読み返しました。

nanbuさんは10/3に香りに気付かれたのですね。私は昨日10/4でした。
金木犀の木の傍はよく通って、まだかなと眺めてもいたのですが
蕾にすら気付かずにいての、突然の匂い立ちでした。
今日の雨で、まだ咲いていない蕾まで落ちてしまいはしないかと心配です。
大好きな金木犀の時季、できるだけ長く楽しませてほしいですね。

投稿: ポージィ | 2005/10/05 11:39

ポージィさん、TBとコメントありがとうございます!(^^)

>金木犀の木の傍はよく通って、まだかなと眺めてもいたのですが
>蕾にすら気付かずにいての、突然の匂い立ちでした。

あ、それは私も同じです。
ついこの間までは、気付かないほどの小さな蕾だったのに。
まさに「突然の匂い立ち」ですよね。

金木犀には、いつもその香りでそれと気付かされますね。(^^)

●追記:10/3日に気付いたのは白い木犀の方なので、金木犀は同じ10/4だと思います。(^^)

投稿: nanbu | 2005/10/05 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/6258222

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀ふたたび:

» 金木犀の便り [ポージィの花etc.記]
昨日、犬の散歩に出かけようと一歩家の外へ出た瞬間、その便りを受け取りました。 今 [続きを読む]

受信: 2005/10/05 11:28

« 憧れの差し歯 | トップページ | ダークスーツ »