« 詩心/内包の乏しい外延性人間の嘆息 | トップページ | かりそめの電子頭脳 »

2005/10/14

陰に隠れて

10月10日は「体育の日」。
スポーツの秋という事もあって、この日に予定されていた運動会も多いのでは。
でも、今年はあいにくの空模様。
遠足、運動会の天気には、いつもやきもきさせられていたっけ。


ところで、声を張り上げて声援を送る観客の姿は、運動会のありふれた光景だけれど。
残念ながら、私には殆どその経験が無い。

なぜって、子供が嫌がるから。

会場でたまたま顔を合わせても、お互い他人のフリをする。
これは、小学校一年生から暗黙の了解になっている。

「級友に自分の親(親子関係)を見られたくない」という感情は、確かに思春期の頃自分にも覚えがある。でも、これ程ではなかったような……。
ただでさえ幼く見えたウチの子は、自分の弱味?を見られるのが、人一倍嫌だったのだろうか。

ならば幼稚園の頃は、と言うと、これがもっとひどかった。
親がいなければ、健気に一人で頑張っているのに。
ひとたび親の姿を見つけると、「嫌だ、帰りたい」と、火が付いたように泣き出すのだった。


初めての運動会での事だ。観客の陰から盗み見ている内は良かった。
しかし、運悪くビデオのテープが無くなってしまった。(バッテリーはチェックしていたのに。ここぞという時に、決まってどちらかが無くなるのは何故だろう……)

仕方なく、近くのコンビニへ買いに行ったのだけれど。
会場に戻った時、あろうことか出番を待って待機している園児の集団に鉢合わせしてしまった。(その時の先生の目に、咎めの色を見たのは、私の負い目のせいだろうか)
当然、ウチの子はいつものように泣き出した。その後はもうメロメロ。
かわいいボンボンを付けてのお遊戯も、駆けっこも泣き通しだった。

……それに懲りてからは、ますます陰に隠れざるを得なくなった。
まるで飛雄馬と一徹の特訓を、木陰から見つめる明子ねえちゃんのよう。

さすがに年中さんからは、泣くような事はなくなったものの。
トラウマを引きずっているこちらとしては、ついつい、隠れる物陰を探してしまうのだった。


それが、年長さんになった最後の運動会では、紅白リレーのアンカーになった。
(ひときわ小さいウチの子が速いハズもなく。ま、演出の一つ?)
バトンが渡された時には、既に相手方はゴールインした後。
それでも一生懸命走る姿に、私も思わず声を上げてしまった。
(やっぱ演出だったのねん)

今から思えば、心おきなく声援出来たのはその時だけ……。

CMやニュースで流れる、なごやかな親子の運動会風景。
それは、どうも私には縁が無かったようだ。
 
kawara2
 
 
●実はこの記事、
去年書いたもののタイミングを逃していたもの。
今と随分書き方が違う事にも驚きましたが、
また一年待つのはシンドイので、
少々手を加え、一年ぶりにUPしてみました。

|

« 詩心/内包の乏しい外延性人間の嘆息 | トップページ | かりそめの電子頭脳 »

コメント

エノコログサが、小さな魚の群れのように見えます。カワイイ☆

息子さん、かなりシャイなタイプだったですか?それとも、親御さんの顔を見ると
心が弱くなって(甘えたくなって?)それまで必死で頑張っていた
気持ちが一気に崩れてしまったのでしょうか?
見つからないようにそっと物陰から見守るご両親の姿もいじらしいです。
 
私は母親が病弱だったので、授業参観に伯母が来てくれることが
よくあったのですが、小1のとき、伯母の姿を見つけるやいなや
椅子の上にバッと反対向きに座り、思い切り手を振ったのだとか。
いえ、私は覚えていないんですけどね。それくらい物怖じしない子供だった私、
息子さんとは全然違ったんだなぁと… (^^;)
そんな子供だった私が、いつの間にか人付き合いが苦手なシャイな
人間に変身。わかんないものですね。
現在の息子さんはどうなられたのでしょう?

投稿: ポージィ | 2005/10/15 11:08

ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>エノコログサが、小さな魚の群れのように見えます。カワイイ☆

あ、ホントだ。そんな風にも見えますね。
自分でも好きな光景なので、目に留めてもらえて嬉しいです。

>息子さん、かなりシャイなタイプだったですか?

エヘ、実際より良く想像なさってるかもデス。(^^;)
今から思うと、「この状況が我慢できない、なんとかして!」
という意思表示だったような…。
文句を言う相手がいない時は我慢できても、見つけると「オイオイ」って感じで。

見つからないようにするのは結構大変で、
当時自分が撮ったビデオには、たいてい誰かの後頭部が写ってました。(笑)
今現在は、私が見習いたいくらい人付き合いが上手です。(うらやましい…。)

>椅子の上にバッと反対向きに座り、思い切り手を振ったのだとか。

あぁ、一度でいいから、そうゆうリアクションが欲しゅうございました。(涙)
今年の運動会など、帰って来てから「一回振り向いたでしょ。」と、とんでもないサービスをしたかのように、恩着せがましく言われてしまいました。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/10/15 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/6391589

この記事へのトラックバック一覧です: 陰に隠れて:

« 詩心/内包の乏しい外延性人間の嘆息 | トップページ | かりそめの電子頭脳 »