« フラグメンテーション | トップページ | 食えない人 »

2005/11/28

恨みの給湯器

この前のタイマー時計で思い出したけれど、お風呂の給湯器には辛い思い出があった。

今使っている給湯器は、たしか2年ほど前に新しくしたもの。
それ以前のは、築5年のここに引越した時に設置してあったものだ。
だから、20年くらい前のものだと思う。

それでも浴室のリモコンには、湯温調節や追い焚き機能の他、室外機の点火スイッチなんかが付いていたけれど。
その、室外機が問題だった。

外壁の窪みに、ピッタリ収まっているとはいえ。
なにせ外に設置されているから、長年使っている内に雨水が入り込むようになったらしい。


給湯器は普通、お湯の蛇口をひねれば自動的に点火されるもんでしょう?
それが、大雨の後なんかには、点火しなくなった。

室外機で暖められたお湯が、パイプを通って浴室に届くわけだから、すぐにお湯が出るわけじゃない。

シャンプーした後シャワーを出し、しばしお湯になるのを待つ。
しかし、いくら待っても冷たい水のまま……。なんて事態が起こるようになった。
リモコンを見れば、点火に失敗した旨を示すランプが点滅している。

そうなると、泡だらけのまま点火スイッチの御機嫌をとるために格闘しなければならない。
夏ならまだしも、寒い冬にコレをやられると腹が立つ。

いくらやっても機嫌を直してくれなくなると、結局修理を依頼して。
給湯器のブレーカーを一度落とすと復帰する、なんて奥の手を教えてもらったけれど。
それでも、一冬に一度くらいは修理のお世話になっていたのではないだろうか。


そんな辛い冬を何回か過ごした末に、ついに我が家にやって来た新しい給湯器だった。

今度のは、自動でお湯を張ってくれるのだという。
自動ボタンを押すだけで、浴槽に適量のお湯を入れ、保温もしてくれる。

今までの苦労を思うと、涙が出るほど嬉しい。
もう、あんな惨めな思いをしなくても済むのだ。

これを「文化的な生活」と言うのではないだろうか!


・・・なんて感激したのもその時だけ。
今ではそんな過去も忘れて、当たり前のように呑気にお風呂に入っている私。

喉元過ぎれば何とやら……。

これが懲りない人間の性(サガ)なのかしらん。
 
11_27susuki1
 
 
 
ススキの穂が夕日を浴びて
まるで日本画のよう
 
 
 
●同じシャワーの話題だったので。(^^)
トラックバック:ほほえんでいたいから: 自分で直せたら・・・

|

« フラグメンテーション | トップページ | 食えない人 »

コメント

TBありがとうございます(^_^)

前の給湯器の時は お水しか入らなかったし
入れすぎ 沸かしすぎ なんてしょっちゅうでした(^_^;
(「全自動」になる前の洗濯機にも言える)

それが今じゃ ボタンをピッと押すだけで
全部やってくれるんだもんねぇ
買い換えたついでに お風呂に乾燥機をつけて雨の日に洗濯物干せるようにしたり
暖房つけて冬場の脱衣所とお風呂場の気温差をなくしたりしてます
年寄りの心臓発作を防ぐ為だったんだけど
快適なんで私も使ってます(^_^)v

はい もうそれに慣れてしまって 今じゃ当たり前~(^o^)

投稿: miki | 2005/11/28 16:25

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
水周りがトラブルと大変ですよね。

ウチも、給湯器を新しくする前は、
景品で当てた「水位お知らせブザー」?を使ってました。
でも、セットし忘れたり、スイッチ入れ忘れたりで…。

>買い換えたついでに お風呂に乾燥機をつけて

ウォウ!浴室乾燥機ですね!スゴイ♪
あぁ、ウチの「普通」の乾燥機は凄い音(グァラン、グァランと)がするようになって、現在は使用されておりません。(ToT)

私も脱衣場・お風呂場の暖房は必要なんじゃないかと、
身に沁みて感じるようになった今日年頃。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/11/28 17:18

こんばんは
今の借家に住むようになってはや十余年
お風呂は最初から 温度設定すれば外のガス給湯器から
適温のお湯が張れるようになっておりました。
数ヶ月前 突然その湯沸かし機に変調が起こったときは焦りました。
当然 ガス屋に電話すればいいのですが
その時ろーどがとった手順はこうです。

 < あ,湯沸かしが壊れた (゜_゜;) >
1 風呂掃除  
  築30年の家は いつのものか分からない汚れがしみついてます。
  漂白剤ぶっかけてタイルの目地まで真っ白に~
2 部屋の掃除 
  なんたってチビがいるので家の中はすぐ壊滅状態(;^_^A
  取りあえず 勝手口から風呂場へ通じる道筋だけは確保しました。
3 やっと ガス屋へ電話 
  ガス屋のにいちゃんはすぐにやってきてくれました。
  うちの給湯器を見て一言。
 「こんな給湯器,見たことある。」←昔見たことある,の意味です(^_^;)

外の機械を開けてファンの部品を交換し 無事治りました。

風呂釜と外の湯沸かし器をつなぐために 
家の外壁にブロック一個分位の隙間が開いているんですけれど 
その中に野良猫が 生まれたばかりの子猫を隠すのが悩みの種です。

投稿: ろーど | 2005/11/28 20:20

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)
ろーどさんは、十余年前から「文化的な生活」をなさってたんですね。(笑)

>その時ろーどがとった手順はこうです。

そうそう、修理してもらうという事は、他人が家の中に入るって事ですもんね。
タイルの目地まで真っ白くしたところに、ほのかな乙女心が偲ばれマス。(^.^)

ちなみに、ウチは玄関を入ってスグに寝室があるので、その辺に散らばってるものを押し込んでから、修理が終わるまで「開かずの間」になります。(^^;)

・・・う〜む。
子猫にはブロック一個分の暖かさが、ピッタリきたのかもしれませんねぇ。

投稿: nanbu | 2005/11/28 21:47

>子猫
子猫たちは 隙間から入り込み 風呂場の床下 
ちょうどユニットバスの底あたりにいるらしいです。
今年の夏は合計8匹の子猫たちが入り込みました。

あの,nanbuさん 
>ほのかな乙女心が偲ばれマス。(^.^)
優しいお言葉 有難うございます。
でも 乙女なんて ろーどは似つかわしくなくて
恥ずかしくって悶絶しております (/oヽ)     

投稿: ろーど | 2005/11/29 20:21

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

>子猫たちは 隙間から入り込み 風呂場の床下 
ちょうどユニットバスの底あたりにいるらしいです

あら!単に通路にしてたんですかぁ…。
ブロック一個分じゃ物足りなかった?(^^;)
それにしても、湯舟の下に8匹・・・。
排泄物の事とか考えると、たしかに悩むのも分かりますぅ。

>恥ずかしくって悶絶しております (/oヽ) 

以前、花*花のお二人が、こんな事をおっしゃってたのを思い出しました。
「大阪の女の子は、皆自分の中に小さなオバサンを持っている。そして大人になると、そのオバサンに乗っ取られる。」(っんもぅ、サイコー!)
でも、逆に言うと女の子の部分は、乗っ取られた後も心の何処かにいるワケで…。(もちろん私の中にも男の子がいますヨ〜ン♪)

P.S. 前回コメントし忘れてたんですけど、
>「こんな給湯器,見たことある。」←昔見たことある,の意味です(^_^;)

あんまりですぅ〜。(だったら、ウチのは古代の遺跡?)(笑)

投稿: nanbu | 2005/11/30 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/7357627

この記事へのトラックバック一覧です: 恨みの給湯器:

« フラグメンテーション | トップページ | 食えない人 »