« 罪作りな物忘れ | トップページ | 昨日の続きの今日 »

2005/11/13

タイマー時計の功罪

11_8kouyou2ウチの子が、お風呂場の時計の時刻が狂ってると言った。

「お風呂場に時計なんてあったっけ?」と思ったら。
給湯器のリモコン表示部に、確かにデジタル時計がついていた。
(そんなモン、どうだっていいじゃない)

それでも、ゲーム機世代は違う。「あれ?」とか何とか言いながら。
あちこちボタンを操作して、時刻を合わせる事に成功したようだ。


最近の電気製品には液晶画面がついてるのが多い。
そして、タイマーをセットするためなのか、そこには大抵時刻も表示されている。

いったい、家の中にはいくつ時計があるのだろう。

こうやって眺めている、仕事部屋のパソコンのディスプレイにも時刻が表示されているし。
キッチンの給湯リモコンについてるのはお風呂場と同じだ。
振り返れば、頼みもしないのに、炊飯器、電子レンジも時刻を告げている。
そしてリビングには、壁掛けの時計以外にも、ビデオデッキや、エアコン用リモコンの液晶部とか。

で、そのどれもが自分勝手な時刻を主張している。

一番正確なのは、NHKの時報で自動調整しているビデオデッキらしいけど。
急いでいる時に、あんなちいちゃな数字を見ているヒマなんかない。

だから「今何時?」と聞かれた時が困る。

基本的には、皆壁掛け時計を基準にしているけれど、それもいくらか進んでいるし。
仕方なく、各自頭の中で、その時間から微調整しているようだ。
(珍しく時刻合わせをした時には、周知徹底しないとトンデモナイ事になりそう)


デジタルの場合、問題は電池替えとか、何かの都合で電源を切った後。
00:00をさしたまま、チカチカしてるのもウザい。
だから適当にボタンをいじくって、大人しくさせるという荒技を繰り出す事も……。

それでも一番困るのは、その時刻合わせの仕方が分からない時だ。

いくらデジタルでも、昔のなら何とか自分でもできた。
けど、最近のは多機能だし、ちいさなボタンに複数の役目があるらしくて、どうやっていいのか皆目分からない。(頭が分かろうとしない)


別に、いくつタイマーがあってもいいんだけど……。
せめて、狂わない時計ってのは、ないもんだろうか。

|

« 罪作りな物忘れ | トップページ | 昨日の続きの今日 »

コメント

わが家も状況が一緒だなあと、この記事を読ませてもらったよ、一緒じゃないな、もっとひどい状況ですから。
工事停電で、00:00の点滅の乱舞に気づいたとき、どうしようって思うもの(^^)
通勤のときに腕にはめてるのが、Baby-Gというデジタル時計で、これが正確には動いてくれない、気づくとかなり進んでいる。もちろん自分で時刻をなおす手順は忘れている(^^)・・・・どうするかと言うと、毎週月曜日に全員での朝礼があるので、始まる前に若い人に手渡して頼むと、いいですよって言いながらいくつかあるボタンの機能をすぐに理解してしまって、はいこれでいいですよ・・・・だもんなあ。
今度買い換えるときにはデジタル腕時計はやめようと思っています、買い換える時期にはもう腕時計は必要なくなって、リタイアしてるか(爆)

投稿: nezimaki | 2005/11/13 08:46

 
nezimakiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、Baby-Gって、Gショックのシリーズですよね!
いいな♪

そうそう、若い人ってすぐに機能を理解出来るのが不思議。
私も、時刻合わせはウチの子頼みです。
いくら困ってても、学校から帰って来るまで首を長くしてまってマ〜ス。
(「しょうがないなぁ…。」とか言いながらやってくれる良い子です。)

・・・で、どんどん自分じゃできなくなるの。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/11/13 10:01

時間合わせの要らない時計が欲しくて、電波時計の目覚ましを買いました。でも、マンションだと電波の拾いが悪くて、普通に室内に置いた状態では駄目なんです。
もちろん、普通の時計として使う分には全く影響ないですが、日に何度かある、電波を拾って時間合わせする時間に、「いまやってますよー、電波拾おうとしてますからー」みたいな表示は出るけど、「拾えましたー、合わせましたからー」にはならないんですね。
なので時々、気が向いたときに、日向ぼっこと称して、窓際に外に向けて目覚ましを置いてやります。そうすると「バッチリです、時間合わせました!」の表示が出ます。愛いヤツです。
以前住んでいたマンションが、高圧線の真下にあって、そのせいで電波拾えないのかと思ってましたが、引っ越した今の部屋でも拾えないので、鉄筋の集合住宅では電波時計は駄目みたいです。本当は壁掛け時計も電波にしたかったけど、意味がないのでやめました。

投稿: cue | 2005/11/14 03:17

cueさん、コメントありがとうございます。(^^)

電波時計・・・。
世の中そこまでいっちゃってるんですかぁ…。

そういえば、ウチの子が時々「電波が拾えた♪」とか喜んでたのは、そういう事だったんですね。
「なんか難しい事やってるなぁ。」としか分からなかったんですけど。(^^;)

それだったら、時刻合わせの苦労から解放されそう。
あとは、電波の問題ですねぇ…。

構造が鉄筋コンクリートだと、電波が通りにくいってのはありますよね。
ウチはコの字型をしてるので、電話の子機を反対側に持っていくと、途端に感度が悪くなるんですよぉ。

>「バッチリです、時間合わせました!」の表示が出ます。愛いヤツです。

それ、カワイイ!
機械でも、自分のために一生懸命動いてくれてる時って、なんか愛しくなりますよね。(^^)

投稿: nanbu | 2005/11/14 07:40

cueさんの記事にビックリ。
電波時計なんてものまで今はあるんですね。
電波で時刻を合わせてくれるのか、うちも集合式住宅だから、電波がとどかないなきっと。
横スレ、すまんです~(^^)

投稿: nezimaki | 2005/11/14 09:12

nezimakiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>cueさんの記事にビックリ。

ねぇ〜!ビックリですよね。
ケーブルテレビみたいに、集合住宅用に電波を分配してくれるシステムが出来れば、夢の時計なんですけど。(あ、自分が知らないだけで、既にそーゆーのも現実にあったりして。)

そういえば、
>工事停電で、00:00の点滅の乱舞に気づいたとき、どうしようって思うもの(^^)

前回のこのコメントの後で、ウチでもそんな事があったのを思い出しました。
あっちこっちでチカチカしちゃって、ヒェ〜!・・・まさに点滅の乱舞。
五つ子ちゃん、六つ子ちゃんが一斉に泣き出したみたいで、オロオロしちゃって…。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/11/14 10:30

うち、、停電時のタイマー合わせ 私の仕事なんです
ず~っと前は ご近所のお家まで合わせに行ってました(^_^)
ただ、、ラジオだけは周波数まで合わさなきゃなんないのが面倒。。

>「今何時?」と聞かれた時が困る。

独身の頃 アナログでも文字盤のない腕時計をしてたことがあって
お客さんに尋ねられると 他の店員に聞きに行ってたことを思い出しました
「○時○分、、ぐらい?」じゃダメっしょ?(^o^)


投稿: miki | 2005/11/14 16:26


mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>うち、、停電時のタイマー合わせ 私の仕事なんです

エェ〜!スゴイ!!
機械に強い弱いは男女に関係ないんだと痛感してますけど。
またまた、その思いを強くしましたぁ。

しかも他所のお宅にまで行ってだなんて!
もう・・・ご近所の星☆

最近の私は、取扱い説明書を読むのもカッタルクなっちゃって…。
(ナンか、体がイヤがってるって感じ?)(笑)

>アナログでも文字盤のない腕時計をしてたことがあって

文字盤のない時計って、オシャレ♪
でも、アナログの針の角度が、一番時間を「体感」できますよね。(^^)
 

投稿: nanbu | 2005/11/14 19:04

元 ご近所の☆ mikiでっす(^_^)

>取扱い説明書を読むのもカッタルク

たとえば 電化製品買うでしょ?
まず説明書読んで納得しないと気が済まないタチなんです(^_^;

子供(学生時代)の頃から こういう努力を惜しまない奴だったら
もっと違った人生だったろうな と思ってます(^o^)

投稿: miki | 2005/11/15 18:42

  
☆mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>まず説明書読んで納得しないと気が済まないタチなんです(^_^;

「気が済まない」って、なんか分かります。
イヤ、自分も昔はそうだったハズなんですけど。
いつからかファジーになっちゃって。(時って残酷なもの…。)(笑)

「コレしか機能がないの?」と不満に思っていたのが、
いつしか使いこなせないほど多機能になって。
(「ゼッテ〜使わない!」って機能まであるんですもん。)
今じゃ機能の海で溺れそう。(笑)

今でもそれを追求してるmikiさん、エライと思います。(^^)

投稿: nanbu | 2005/11/15 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/7075389

この記事へのトラックバック一覧です: タイマー時計の功罪:

« 罪作りな物忘れ | トップページ | 昨日の続きの今日 »