« 恨みの給湯器 | トップページ | もったいない »

2005/12/01

食えない人

11_25bara「あの人は、『食えない』んだよねぇ……」なんて言い方がある。

この「食えない」って言葉。
辞書には「狡くて油断ができない」なんて書いてある。
(だとすると、「食えない人」の反対語は「気の置けない人」になるのだろうか)

でもこの言い回し、結構気に入ってるんだけどなぁ……。
だから、「狡いから油断ができない」という意味だけだとしたら、ちょっと寂しい。
(もうちょっと広義に、「自分のテイストに合わない」とかって解釈してもイイんじゃない?)


たしかに、素の自分を安心してさらけ出せる、気の置けない人っていると思う。

逆に、そうできない相手もいるけれど。
(実際は、そのパターンの方が多いですよね)
でも、それは決してその人が狡いからってワケじゃない。

十人十色、「合う」、「合わない」の相性があるのは当たり前だと思う。
(後は、親しさの度合いや、お互いのキャパシティの問題とか?)

気の置けない人にだって、「あれ?この人にはこんな一面があったんだ」なんて、改めて感じる時があったりするものだし……。

というより、恋愛中とか、憧れの人に対するファン心理を別にすれば、自分にとって100%都合のイイ人なんて、ありえないんじゃないだろうか。(だって、自分自身に対してさえ自己嫌悪する時があるんだから)

そんな時、「いい人なんだけど、あの人のあぁいう所が『食えない』んだよねぇ……」なんて、こころの中でつぶやいたりする。


……だけど、魚介類が苦手な私でも、お寿司が出てくるとワクワクするし。
(なぜかネギトロが大好き♪)
食えないものがあっても、それ以外が美味しければ、幸運な出会いといえるような気がする。

辞書に載っている解説とは違うけれど……。

まぁ、この言葉を広くとらえさせて頂いて。
「『食えない』所もあるけれど、それ以外は大好き!」なんて考えると、ちょっと楽しい。

|

« 恨みの給湯器 | トップページ | もったいない »

コメント

こんいちは。
んーその感じわかりますー。

「ずるがしこくて油断のできないやつ、一筋縄ではいかないやつ」
意味だけみると、なにやら腹黒く恐ろしい人物像が浮かんできちゃう…(^^;)
「食えない」に対するnanbuさん的解釈のほうが、実際に使われるときの
ニュアンスに近いような気がします。(ってことはこの言葉も
間違った使い方の方が浸透しているということ?)
「食えないやつ」って口に出されるとき、ずるがしこいだの油断がならないだの、
そこまで身構えていないことが多いですよね。もっと軽いニュアンス。
それもちょっと苦笑交じりの親しみが込められていたりして。

>「『食えない』所もあるけれど、それ以外は大好き!」
 ↑
それ、いいなぁ!(^^)

ところで、今日の写真の花、すごくきれいですね。
ふわぁ~っと咲いたバラと… おや、あの小花はブバリアかしら?
(突然思い出しました。バラの剪定ってもうした方がいいでしょか?)

投稿: ポージィ | 2005/12/01 15:21

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>んーその感じわかりますー。
>もっと軽いニュアンス。
>それもちょっと苦笑交じりの親しみが込められていたりして。

あー。なんかすごく嬉しいです。
そんな感じで、軽く読んでもらいたかったもので。
ジャストミートで受け取ってもらえたって感じです♪

>(突然思い出しました。バラの剪定ってもうした方がいいでしょか?)

解説書を読み直してみたのですが、
四季咲きのバラの場合、春の花のためには2月頃(芽が動きだす前)剪定を。
秋の花のためには8月の終わりか9月のはじめに軽い剪定(整枝)をするようです。
これからでしたら、来年の2月の剪定から始められたらイイと思います。(^^)

また、霜がおりるようになったら、蕾は切って株を休ませるそうですが、
私も、今付いている蕾は、順次花瓶に生けて部屋で楽しんでいます。
ちなみに小花の方は、例の何年も咲いてくれなかったブバルディアで〜す。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/12/01 17:30

恥ずかし~(^^;)
見直しもせず送信してしまったのを今読み直せば… 誤字脱字が。
(ブバリアは別名の方でしたし)

バラの剪定について、わざわざ調べ直してくださったのですね。
お手数おかけしました。
例の挿し木のバラが3つ目の蕾を付けたままずーっと咲かずにいるのですが、
もはやこの蕾は切ってしまったほうがいいのですね。
秋になるにつれて、日当たりが極端に悪くなったうちの庭で、
バラはうねうねひょろひょろと伸びてしまいました。冬を乗り切れるかしら…
まずは、蕾を切って支柱を立ててやり、2月に剪定をしてみますね。
(1回パチンで、はいお終い、だと思われます ^^)
ありがとうございました!!

投稿: ポージィ | 2005/12/01 18:28

 
ポージィさん、こんいちは。
コメントありがとうございます。(^^)

>見直しもせず送信してしまったのを今読み直せば… 誤字脱字が。
あ、やっぱりタイプミスだったんですか。
(カワイイので、パクっちゃいました♪)(笑)

>(ブバリアは別名の方でしたし)
今検索してみたら、切り花業界ではブバリアと呼ばれるんだそうですね。(知りませんでしたぁ。)
昔の本には、ブ−バルジアなんて書いてあるのもあったりで、花の名前って難しいですぅ。(^^;)

バラって、基本的に花は咲かせない方が、株は充実するみたいですね。
でも、それじゃつまらないですもんね。自分も、あんまりにも暑い時や寒い時以外は、ピンチするのがもったいなくて、ついつい咲かせてしまいます。
この写真のバラも、ずーっと蕾だったんですよ。このところ続いた小春日和で、やっと咲いてくれたんです。

投稿: nanbu | 2005/12/01 20:03

nanbuさん、こんにちは。
記事と関係なくて申し訳ないのですが…

「タカサゴユリの旅立ち」にくださったコメントに、
やっとお返事を書けました。遅くなってゴメンナサイ !!

投稿: ポージィ | 2005/12/05 11:05

ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ、お気になさらずに。
私も以前、3日程経ってから、初めて気がついた事がありましたから。
(その時は、自分が信じられなくなりました。(^^;))

しかも今回は、遠出をなさる前の慌ただしい時だったんですもん。

投稿: nanbu | 2005/12/05 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/7409765

この記事へのトラックバック一覧です: 食えない人:

« 恨みの給湯器 | トップページ | もったいない »