« 青と緑の狭間で | トップページ | お知らせ »

2006/01/31

ベッドタウン

1_12edaトランス雑記その5

私が子供時代を過ごしたところは、ターミナルの駅周辺を除けば、まだまだ田舎だった。

通っていた小学校は、ローカル線の駅を越えてしばらく行った所。
当時そのあたりは、あちこちに雑木林が残っていた。

学校帰りには時々寄り道をして、いつもとは違う道を歩いたりしたけれど。
学校と駅の間の雑木林を抜けて、少し下りた所にその一画はあった。


木々の間から、まさにこつ然と現れるその場所は、新興住宅地。

高度経済成長真っ盛りの頃だから、ベッドタウンの走りだろうか。
庭には緑の芝生が植えられ、別荘によくある白いペンキ塗りのウッドデッキまであって。
外国ドラマでしか見た事がないようなその風景は、私には眩しく映ったものだった。

当然、そこに住んでいる子供達の何人かは同級生に。

でも、その子達は垢抜けていて、自分達とはどこか違って見えた。
つまり、都会の匂いがしたのだ。


国語の時間、そこに住んでいる子の詩が皆の前で朗読された事があった。
休日の昼食用に、お母さんがコロッケを作る様子を綴ったものだったけれど。

「揚げたてにソースをかけると、ジュージュー音を立てて美味しそうだ」
という詩だったのを今でも覚えている。
なぜなら、お昼にコロッケを揚げると聞いて、びっくりしたからだ。

昔気質(かたぎ)のウチの母は、煮物や漬け物は得意だったけれど。
揚げ物は天ぷらくらいで、私はコロッケは買ってくる物だと思っていた。
しかも、お昼は有り合わせのもので、と相場が決まっていたのだから……。

自分とは違うそのライフスタイルにも、カルチャーショックを受けたのだった。


田んぼが残る郊外とはいえ、一応都内に住んで。
当時とは比べ物にならないほど、便利な家電品に囲まれた今の生活。
そして、家内は当然のようにコロッケを揚げている……。

それでも、子供時代に感じたあの「憧れ」。

それは、今でも私の中にある。

'04年7月16日

|

« 青と緑の狭間で | トップページ | お知らせ »

コメント

小学5年生までは東京に住んでました
そこは下町で 一般ピーポーな人達が住んでいたと記憶してます(^_^)

コロッケ?もちろん買ってくる物でした
お肉屋さんで 揚げたて熱々のを袋に入れてもらって
家まで持って帰る途中 食べたい衝動を抑えるのに必死で。。(^_^;

お昼ご飯も簡単な物だったし 決まったおやつタイムもなく
家庭でケーキを焼くお家なんて まさに憧れでした♪

投稿: miki | 2006/01/31 22:40

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>コロッケ?もちろん買ってくる物でした
>お肉屋さんで 揚げたて熱々のを袋に入れてもらって

東京育ちのmikiさんも同じで良かった〜♪
自分がお使いに行ってたのもお肉屋さんで。
ラードを使って揚げてるからなのか、とってもおいしかったです。
おじさんが揚げるのを見てるだけでも面白くて、コロッケを買いに行くのは楽しみでした。
(おやつは…10円玉を握って駄菓子屋さんに行ってたような。)(笑)

「パパは何でも知っている」とか、あの頃の外国ドラマがあったでしょう?
すべてが別世界のようで、手が届かない憧れでした。
あの住宅地には、それに通じるようなものを感じてたのかもしれないです。
円が強くなって日本が豊かになった今でも、あの憧れに手が届いたとは思えないんですよねぇ…。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/02/01 08:33

>おやつは…10円玉を握って駄菓子屋さんに

まさに「10円ちょーだい♪」が合言葉のような子でした(^o^)
着色料丸出しの駄菓子が美味しかったこと♪

さらに白状すると 親の財布から ちとお金をくすめ
近所の友達連中に 大盤振る舞いしたこともありました(^_^;
スカートのポケットに釣銭がジャラジャラしてたのを母親に見つかり(ここがガキ)
父親にこっぴどく叱られたのも今となっては懐かしい思い出です

>あの憧れに手が届いたとは思えない

だって 上には上の生活してるセレブがいるし(^_^;
一生 一般ピーポーで楽しくやっていきましょ(^_^)v

投稿: miki | 2006/02/02 22:49

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>着色料丸出しの駄菓子が美味しかったこと♪

この歳まで元気でいられたって事は、結果オーライって事かしらん?(^^;)
10円玉って、子供の基本通貨でしたよね。
駄菓子屋さんに行けば、それで好きなものが買えちゃって。

>(ここがガキ)

あは!(ここがカギ)って読んでました。
すぐにバレる無邪気さが、子供らしい可愛さだったり♪

>一生 一般ピーポーで楽しくやっていきましょ(^_^)v

そうですよね〜!
身の丈にあった暮らしだからこそ、ささやかな幸せで満足できるんですもんね♪
(ここがカギ)(笑)

投稿: nanbu | 2006/02/03 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8429395

この記事へのトラックバック一覧です: ベッドタウン:

« 青と緑の狭間で | トップページ | お知らせ »