« 勇気・心・知恵 | トップページ | さわやかな汚物清掃 »

2006/01/22

差し油

06_1_21yukiトランス雑記その4

揚げ物をした後に残った油の始末。
これは、大体皆同じだろう。

油こしでろ過した油を、それ専用の容器に溜めておく。そして、次回使う時に減った分を新しい油で補う……。

それを数回繰り替えして、もうダメかな……?
という頃合を見計らって「固める〜」や「吸わせる〜」で処理をして捨てる。
(中には、廃油から石鹸を作ってしまうツワモノもいらっしゃるけれど)

一回使っただけで捨ててしまうのはもったいないし。
確かにそれは理にかなっているそう。

新たに差し油すると、油の鮮度が元通り。
とまではいかなくても大分回復するらしい。


ある時、知人と会話していた時のこと。
「自分の事を棚に上げて、他人を非難しないように気をつけなきゃね」
と、自戒を込めて言ったところ。

「少しは棚に上げないと、足の踏み場が無くなっちゃいますよ」
と言われて、目からウロコが落ちる思いがした。

ただでさえ狭量な私。
そうしなければ、行き場を失った物で足の踏み場が無くなる、というのも理解出来る。
許容量を越えたものは溢れてしまうだろう。(見抜かれていたのだろうか……)


大人になってしまうと、自分なりの思考回路が出来てくる。
そして、それまでの経験から「それはこうだろう」という価値観で固まってしまう。
人との会話は、そんな固定観念に風穴を開け、新鮮な空気を運んでくれたりする。

そういった、目から鱗の経験。
それは、思考の「差し油」とも言えるのではないだろうか。


たしかに差し油にも限界がある。
完璧にリセットは出来ないだろう。

しかし、ずっと付き合って行かなければならないこの頭なら。
せめて少しでも長く、しなやかさを保っていたいものだ。

……大事に使えば、一生使えますものね。

'04年9月19日

|

« 勇気・心・知恵 | トップページ | さわやかな汚物清掃 »

コメント

nanbuさん、こんにちは。

>人との会話は、そんな固定観念に風穴を開け…
>思考の「差し油」とも言えるのではないだろうか

こういうふうにお考えになることができること自体、
十分にしなやかさを保っていらっしゃる証拠のようなものです(^^)

自分なりの考えを持ちつつ、他人の考え方にも耳を傾けることができ、
ときには自分の考え方を変えて相手の考えを受け入れられる、
そんなふうでありたいです。

先日の
「変えられるものを変える勇気
 変えられないものを受け入れる心
 その違いがわかる知恵」
につながりますね。

投稿: ポージィ | 2006/01/23 13:48

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

お褒めに与り恐縮ですぅ。(テレ)
でも、私にはなにより嬉しいお言葉です。

>自分なりの考えを持ちつつ、他人の考え方にも耳を傾けることができ、

自分の考えをしっかり持つというのも大事ですよね。
そうじゃないと流されっぱなしで、自分がどこにいるのか分からなくなっちゃいそう。
自分の位置を理解した上で、耳を傾け取捨選択できれば、いい方向へ舵がとれますもんね。(あるいは、心の地図が広がるというか。)
その心棒があって、初めて「やわらかさ」が「しなやかさ」になるって気がします。
先日のインディアンの言葉につながる、とのコメントからそんな事を考えました。

>ときには自分の考え方を変えて相手の考えを受け入れられる、

受け入れるって、実はとっても大変な事で…。
でも、そうしたくなるくらい「良いもの」に出会えた時の喜びは、それ以上のものがありますね♪

投稿: nanbu | 2006/01/23 15:22

ポージィさん同様 差し油から こういう話の展開になることが 
nanbuさんの柔軟性だと思います(^_^)

棚に上げたモノが あふれて落ちてくるんじゃないかと思うのが
親として子供に諭す時かな
子育て真っ最中は 棚に上げまくってました(^_^;
今は子供達も成長して見透かされてしまうけど。。

>せめて少しでも長く、しなやかさを保っていたいものだ。

この歳になっても 人の話を聞いて
へぇ~。。とか なるほどね~。。とか思ってしまうこと多々あり
これは「しなやかさ」ではなく「単純」なんだと思ってるmikiです(^o^)

投稿: miki | 2006/01/23 17:12

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>棚に上げたモノが あふれて落ちてくるんじゃないかと思うのが
親として子供に諭す時かな

そうなんですよね〜。
子供には棚からあふれ落ちるのを心配して、アレコレうるさく言うんだけど。
そう言う自分の事は棚に上げちゃってたり。
最近私も、そういった矛盾を鋭く突かれるので、油断できませんの。(^^;)

>へぇ〜。。とか なるほどね〜。。とか思ってしまうこと多々あり

でも、そんなふうに感心できるのは、やっぱりmikiさんのしなやかさだと思いますよぉ〜。
褒められて素直に喜ぶ私も、単純さでは負ませんワ♪

投稿: nanbu | 2006/01/23 21:58

>「少しは棚に上げないと、足の踏み場が無くなっちゃいますよ。」
>と言われて、目からウロコが落ちる思いがした。

 なるほどねぇ。
 僕もけっこう意固地になるほうなので「いや、これはこうだろう!」ってよく言っちゃうんですよ(笑)。
 気をつけなきゃ。

 嘘といっしょで使い方が難しいけれど、上手に棚を使っていきたいですよね。 

投稿: ろぷ | 2006/01/25 19:07

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

あは♪私も、「足の踏み場」発言は思いもしなかった切り口で。
意固地になるヒマもなく感心しちゃいました。(^^;)
 
>嘘といっしょで使い方が難しいけれど、上手に棚を使っていきたいですよね。

「方便」は、お坊さんが民衆に分かりやすく伝えるための手段ですよね。
そして、「棚」は上手に自分と付き合っていくために。
使い方を間違えると危険ですけど、上手に使えたらいいですね。(^^)

投稿: nanbu | 2006/01/25 21:22

あまり揚げ物はしないのですが 久々にフライなどしてみました。
近頃は 身体にも良く 少量で揚げられる油などあるんですねぇ
差し油して使い回すほどの量は残りませんでした。

日常の人間関係で 差し油ともいえるべき意見を示してくれる人がいてくれたらいいですね。
私の場合,ブログから大いに差し油してもらってます。

>・・大事に使えば、一生使えますものね。
う~ん…使えるのかなぁ…ちょっと自信ないです(^^ゞ

投稿: ろーど | 2006/01/26 19:06

 
ろーどさん、こちらにもありがとうございます。(^^)

体に良い油はコマーシャルで知ってましたけど、少量で揚げられる油って知りませんでした。
お米の精米も最近は機械で乾燥させるとか。
「新米の水加減は少なめ」とか、昔のやり方じゃ通用しなくなりましたもんね〜。(^^;)

>私の場合,ブログから大いに差し油してもらってます。

あ、それは私も同じです。
一つの事柄でも、人によって様々な見方や感じ方があって。
それだけに難しいですけど、考えさせられますよね。(^^)

>う〜ん…使えるのかなぁ…ちょっと自信ないです(^^ゞ

そんなことおっしゃらずに、大事にしてくださいよぉ〜。
(これは自戒を込めてデス。)(笑)

投稿: nanbu | 2006/01/26 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8274636

この記事へのトラックバック一覧です: 差し油:

« 勇気・心・知恵 | トップページ | さわやかな汚物清掃 »