« 差し油 | トップページ | 青と緑の狭間で »

2006/01/25

さわやかな汚物清掃

1_12light1ホームに電車が入ってくる。
そして、速度を落とし止まろうとするそれのドアを目で追う。

そんな時、比較的空いている車両が自分の前で止まると、それだけで「ラッキー♪」なんて思っちゃう。
これで、真ん中あたりのドアなら言う事なし。(不思議と端っこのドアに当って、ガッカリする事の方が多いけど)

ただ、喜んでばかりはいられない。
他の車両が超満員なのに、そこだけガラ空き……。なんて場合は、かなり危険だ。

そう、誰もいない真空地帯の真ん中には、たいてい原因があるから。

たとえば、激臭を放ってる御仁がそこに座ってたり、横になって寝てたり。
大抵ドアが開いた瞬間に、漂って来るその異臭で「シマッタ!」と悟るんだけど。
(もっとアブナイのは、その後。知らずにそこに座ったりすると、一斉に哀れみのこもった視線のシャワーを浴びる事になっちゃう)


考えられるもう一つの原因は。
……ご想像の通り。(お食事前の方はスルーして下さいませ)

車庫に帰ってから清掃するんだとは思うけれど。
それまでは、一体どうするんだろう。
その漠然とした疑問の答えを、去年の暮に目撃する事が出来た。


それは仕事先の忘年会の帰り道。
例の場面に遭遇した。
ただ、いつもと違うのは既に駅員さんがいらしてた事。

一人は、その物体にオガクズのような物を撒いてらっしゃる。
(ちょうどホウキで畳を掃く時、絞ったお茶ガラを撒くみたいに)
そしてもう一人が、それをホウキでチリ取りに。
……な〜るほど。これでサッパリ!

残された問題は、シートに付いた汚れ。
おもむろにそれを布で拭き取った後、消臭スプレーを吹き掛けて、防水加工が施されてると思われるシートを被せていく。(フックの付いた片側を座席の下に引っ掛け、反対側を座面と背もたれの隙間に押し込めばおしまい)

それら一連の動作が、駅に停車している間に行われたのだから驚く。
しかも「汚物清掃のため停車しております。しばらくお待ち下さい」
というアナウンスまで。

細やかな心配りと、テキパキとしたその行動。
そして最後には、「お騒がせしました」の言葉まで……。


慌ただしい年の瀬に、初めて見たプロの技。
よどんだ車内に、一服の風が吹いたよう。

その手際の良さに、ちょっと爽やかな気分になったのでありました。

|

« 差し油 | トップページ | 青と緑の狭間で »

コメント

公共の乗り物に乗ることがなくなったmikiです(^_^)
車の運転してるとマナーの悪さが目立つけど
こういう手際の良さって 日本人が外国に誇れるトコだと思うんですよねぇ♪
たとえばお店のレジの人の素早さとかも。。
海外へ行った友達の話を聞いてみても
清潔面においては日本が1番じゃないかと思えたりします

投稿: miki | 2006/01/25 18:28

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も、たまにしか乗らないから、ドアの位置を把握してないんですよね〜。
毎日通勤してる方なら、お気に入りの位置が決まってると思うんですけど。

>こういう手際の良さって 日本人が外国に誇れるトコだと思うんですよねぇ♪

そうですね!
きっと海外でも、高級な場所ならそれなりのサービスが受けられると思うんですが。
日本は、それが標準仕様ってのがイイとこで。
これは誇れますよね♪

>清潔面においては日本が1番じゃないかと思えたりします

ホテル(日本の)に行くと、水道に「この水は、お飲みになれます。」って書いてありますもんね。
って事は、「外国の水道の水は飲めないのかなぁ?」なんて思った事あります。(^^)

投稿: nanbu | 2006/01/25 20:59

こんにちは。
手際よいプロの仕事って、見ていて惚れ惚れしますよね。
海外は、あちこちでかなりずさん・アバウトな光景を目にするようです。
たいていの人がまじめにプロ意識持って仕事を覚え、てきぱきとこなす。
それって改めて考えるとかなりすごいことなのかも。

投稿: ポージィ | 2006/01/26 11:29

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>手際よいプロの仕事って、見ていて惚れ惚れしますよね。
>たいていの人がまじめにプロ意識持って仕事を覚え、てきぱきとこなす。

ほんとに。
mikiさんからレジのお話がありましたけど、研修中の人に当たったりすると、今までの人の手際よさを痛感したりしますもんね。

修理を依頼してもすぐに来てくれるし、郵送を依頼した商品や宅配便もすぐに届くし。
普段当たり前になってることも、考えてみると、やっぱりすごい事ですね。

投稿: nanbu | 2006/01/26 15:44

こんばんは
コメントに書きたいことがうまく絞れなくてあーでもないこーでもないと考えているうちに
どんどん新しい記事が更新されて まるで宿題をため込んだ小学生のような気分です(^^ゞ

さて,電車の掃除の件ですが 私も私鉄で目撃したことあります。
あのやり方は 日本全国どの電鉄でも共通なのでしょうね。
私が見たのは 清掃したあと座席と同じ布で汚れた場所をくるんでおりました。
次の駅に着いて 新しい乗客がその上に座るのを見てしまうと何ともいたたまれない気持ちになります。

どんな仕事でも手を抜かず責任をもってやってほしいものです。
仮にそれが接客業なら 客に少々無理言われても笑顔で応じるのがあたりまえ。
それがプロ意識ってものだと思います。

いささか中途半端で終わります。
本当は 態度の悪い銀行員相手に穏和なろーどがブチ切れた話を書きたいのですが 
長くなりますのでまた今度(笑)

注:穏和なろーど→実は瞬間湯沸かし器のろーど(^^ゞ


投稿: ろーど | 2006/01/26 18:57

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

>新しい乗客がその上に座るのを見てしまうと何ともいたたまれない気持ちになります。

そうなんですよね〜。
教えてあげようかと思ったり、知らない方がいいのかなとか…。
きっと迷ってる人って多いと思います。

>それがプロ意識ってものだと思います。

あぁ、確かにそう思いたくなる対応をされる時もありますよね。
それは、一部の例外だと思う事にしましょうか。(笑)

えへ、実は私も、銀行で同じ様な事ありマス。

>注:穏和なろーど→実は瞬間湯沸かし器のろーど(^^ゞ →実は私も。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/01/26 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8327169

この記事へのトラックバック一覧です: さわやかな汚物清掃:

« 差し油 | トップページ | 青と緑の狭間で »