« 笑顔のご挨拶 | トップページ | 肘掛け椅子 »

2006/02/08

2月はいそがしい

1_12light2なぜなら、まず日数が少ない。

他の月は30日とか31日なのに。
2月だけ28日しかない。
(うるう年でも29日だし)

どう考えても不公平な気がする。

計算してみたんだけど、30日の月が7回で210日。
31日まである月が5回で155日。

210日+155日=365日……ぴったりじゃん!

それが実際には、31日の月が7回もあるからややこしくなっちゃう。
なんで2月だけ、そのとばっちりを受けなきゃならないんだろう。


そうじゃなくても一月は、年末年始のお休みが終わった後だから。
お休みモードから仕事モードへの切り替えで、それなりに長く感じる。
(休み明けの一週間って長いと思いません?)
その分、2月が早く過ぎるように感じるのは私だけだろうか?

それに輪を掛けて、2月は確定申告まであるんだから。

それがバレンタインデーの翌日から始まるのは、昔からの事。
ピンクのハートが飾られたチョコ売り場を目にした時。
条件反射的に追い詰められたように感じる私は、パブロフの犬になって久しい。


なんでこんな事を言うかといえば、2月が自分の誕生月だから。

公の区切りに、誕生日がなってるのは結構あって。
たとえば以前記事にした誕生日検診とか。
今年は運転免許の更新まである。


あぁ……。

ただでさえ日にちが少ないっていうのに、いろいろしなきゃならない事が目白押しで。
それが寒い時期だってのも、かなりクヤシイ。

自分にとっての2月。
それは、なんかソンしてる気がする月だ。

(……はい、要は確定申告と免許の書き換えに行くのがイヤなだけなの)(^^;)

|

« 笑顔のご挨拶 | トップページ | 肘掛け椅子 »

コメント

うちの鍼の先生も「確定申告しなきゃ(>_<)」
って言ってます(^^)
何かと しなきゃならないことがあると気忙しいですよね

1月は「行く」
2月は「逃げる」
3月は「去る」 と言うから
私は1月も短く感じますよ~
主婦は正月休みが「休み」になってないからかな。。

投稿: miki | 2006/02/08 17:30

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

やんなきゃなぁ…。と思うだけでやらないから、よけい焦っちゃうんですよね。
歳と共に、加速度的に月日の経つのが早くなっちゃって。
1月も、以前に比べれば早いと感じるようになりましたけど。
この調子で2月が過ぎてったら…。と思うと怖くなりますぅ。

>1月は「行く」
>2月は「逃げる」
>3月は「去る」 と言うから

なるほど!その言葉、初めて知りましたけど、上手い事言いますねぇ〜♪
(でも、結局どの月も早く過ぎちゃうのね。)(T_T)

>主婦は正月休みが「休み」になってないからかな。。

そのお言葉、重みを感じます。
私も、頑張るデス!

投稿: nanbu | 2006/02/08 20:40

>2月だけ28日しかない
10の桁が3から2になると、1〜3日しか変わらないのに、妙に少なくなった気がする。

>うるう年でも29日だし
子供の頃29日生まれは4年に1度しか誕生日が来ないと本気で信じてました…

>2月は確定申告まであるんだから。
今年は株で儲けた人とかがドッと押し寄せて、税務署が混むかもってウワサですよねぇ。

>2月が自分の誕生月だから。
自分は4月なので子供の頃は友達ができたころ、誕生日がすっかり過ぎててつまらなかった…

>今年は運転免許の更新まである。
簡単になったとは言えまだまだ面倒、出向く所が遠いとまた大変、私は3年前右折禁止やったから講習は2時間だ…

投稿: くさなぎ | 2006/02/09 21:49

 
くさなぎさん、コメントありがとうございます。(^^)

>10の桁が3から2になると、1〜3日しか変わらないのに、妙に少なくなった気がする。

でしょ!300円のレタスは高いと感じても、280円ならしょうがないか、と思っちゃったり。(この冬は野菜がお高こうございました。)

>今年は株で儲けた人とかがドッと押し寄せて、

それ、困りますぅ。
IT長者用とか、みずほ長者用とか、窓口を分けてもらわないと…。(笑)
(損失控除でライブドア関連も必要なのかしらん。)

>誕生日がすっかり過ぎててつまらなかった…

あぁ!自分の誕生日のころは、祝ってくれる友達が少なくて、友達が増えたころは祝う方専門になっちゃうんですね。子供にとっては、それって重大な問題かも。
早生まれの私の誕生日も、「何を今さら」って感じになっちゃうんですけど。(^^;)

>私は3年前右折禁止やったから講習は2時間だ…

お察ししマス。(むかぁし、私も踏切り一旦停止で\3,000。)
一方通行出口とか、気づかない標識ってありますよねぇ。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/02/10 08:16

nanbuさん、こんにちは。

 1月は「行く」
 2月は「逃げる」
 3月は「去る」
 
私もこの言い回し知らなかったんですけれど、なぜか今年はよく目にします。
一応、その感覚分かる気はするんですけど、実はどなたかに
解説して欲しいです。もう一歩掴みきれない部分のもどかしさを
解消して欲しい~~ nanbuさん、いかがですか?(すりすり)

28日の2月は31日の月より3日も短い。たかが3日されど3日ですよね。
バースデーに免許更新に健診に確定申告…
う、確かにハードですね。
これだけで4日とられちゃうってことは、nanbuさんの今年の2月は24日間?

投稿: ポージィ | 2006/02/10 10:26

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

いやぁ、検索してみたらいっぱいヒットしましたよ〜。
で、2月3月は同じなんですけど、1月は「イヌ(居ぬ?)」「急ぐ」なんてのもありました。(「い」で始まりますもんね。)
その中で、中三の時に先生から言われた言葉だという一文があって。
どうやら年を越して、残り3ヶ月になった受験生に即した言葉のような印象を受けました。(原典は分かりませんが)
・・・あのぅ。mikiさん、ちがってたら教えて下さいね。(すりすり(笑))

追伸:あ、誕生日検診は去年の話なんです、ゴメンナサイ。
ポージィさんの自治体では、毎年あるんでしたっけ?(ウチの方は五年に1度なんです)
でも、経過観察で月に1度は病院に行かなきゃならないので、24日間には変わりないかも。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/02/10 11:37

すりすり甘えられると 無視できないmikiでっす(^_^)

と言っても この語源は知らないんですよ~
(すびばせん)
お年寄りの患者さんから教わったことで
なるほど~。。って感心して深く考えなかったです(^_^;

>受験生に即した言葉

これ ビンゴ!だと思いましたよ~(^_^)v

投稿: miki | 2006/02/10 21:34

こんばんは

2月が短いのが不条理だ とのことですが
学生時代 先生から何かの余談で
こんな話を聞いたことがあります。

そもそも今の暦と古代使われていたものでは2ヶ月のずれがあるということ。
例えば
10月(オクトーバー)という単語の頭には
8番目の(オクタ) という接頭語が付いています。
同じく
11月(ノーベンバー)には9番目の という接頭語が
12月(ディセンバー)には10番目の という接頭語が
ついていることを踏まえて(平成教育委員会?笑)考えてみると
2月は一年で一番最後の月 ということになります。

このことを踏まえて「2月 暦」 で検索してみると ありましたよ。

http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgihttp://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0310.htm

つまり 古代ローマ時代 一年は3月からスタートして
一ヶ月ごとに31日と30日をくりかえしていたけれど
古代ローマ皇帝の思惑が絡んでいろいろ変化してきたってことらしいです。
一番最後の2月は 帳尻あわせで日数が短くなったらしいです。

(う~ん うまく書けてないのが自分でもわかる(;^_^A  )

2月の日数が短い ということはローマ皇帝に文句いわなきゃいけないことらしいです。

とにかく 2月というのはnanbuさんにとっては
古代ローマ時代同様
一年の大事な区切りということらしいですね。

>行く 逃げる 去る
これも初めて聞いたのは高校時代でしょうか?
高3の冬休み前
「一月行く 二月逃げる 三月去る で 三学期はあっという間だから 
短い冬休みもしっかり勉強するように」
と先生に言われたような気がします。

投稿: ろーど | 2006/02/10 22:36

すみません,先ほどのURL 一部抜けてました(;^_^A
これでどうかな?
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0310.htm
すみません。

投稿: ろーど | 2006/02/10 22:52

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)
うふ、ちょっと甘えちゃいました♪

>なるほど〜。。って感心して深く考えなかったです(^_^;
>これ ビンゴ!だと思いましたよ〜(^_^)v

わぁ〜い!よかった♪
こんなオイシイ言葉、学校の先生が言わないワケありませんよね。
(きっと、毎年おっしゃってるんでしょうね。)(笑)

でも、お年寄りの方から教わったということは・・・。
語源は、どこか別の所にあるのかしらん。
(「狭き門」が受験用語になっちゃったみたいに。)

投稿: nanbu | 2006/02/11 08:50

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

>8番目の(オクタ) という接頭語が付いています。

あ、だから8本足のタコがオクトパスなんでしたっけ?
ペンタゴンが5で、クイズ番組のヘキサゴンは6とか。
日本人には分かりにくいですぅ。

検索していただいたサイトも、とっても面白くて分かりやすかったです。
ありがとうございました♪

大の月と小の月が交互に来る(同数)だけでも1日多くなっちゃいますもんね。
それで皇帝の思惑が絡んで大の月にされちゃったら、そりゃいくらでも増えますワ。
(で、そのシワ寄せが2月にくると…。)

でも、2月が最後の月だったのはいいとして。
1月、2月は「冬ごもり」の季節で「数えない」「暦に載らない日々」だったとか、「付け足された」月とか・・・。
やっぱ、2月ってソンですワ。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/02/11 08:54

>やっぱ、2月ってソンですワ。(T_T)
あはは なんか 追い打ちかけてしまったようですね。
世の中には知らずにいたほうがいいことも時にはあるみたい。
おせっかいすみません(笑)

でも 2月も後半になると 春への期待がふくらむから
結構明るいイメージがします。
バレンタインもあるし♪

投稿: ろーど | 2006/02/11 23:19

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)
いえいえ、嬉しかったです。

>でも 2月も後半になると 春への期待がふくらむから
>結構明るいイメージがします。

そうですね!
2月が早く過ぎれば、その分春が早く来るんですもんね♪

考えてみれば、「数えない日々」だったというのも、その辺に理由があるのかもしれませんね。
ジトッと指折り数えているより、「いつかは春が来る」と思ってる方が楽しいかも。(^^)

でも、その前には片付けなきゃならないものがあるってのが、
現代に生きるって事なのかしらん?(笑)

投稿: nanbu | 2006/02/12 08:00

>ピンクのハートが飾られたチョコ売り場を目にした時。
条件反射的に追い詰められたように感じる私は、パブロフの犬になって久しい。

 ( ´△`)あぁ、同じくです。
 僕はnanbuさんほど忙しくはありませんが、それでも大変でございます。まったく、確定申告ってなんでこうクソ忙しい時期に重なるんでしょうねぇ。
 んま、ちょっとずつやれば問題なんだけれど(笑)。昔っから夏休みの宿題は最後にやるタイプだったので今でも苦労します。

 ちなみに。
 一月は行く、二月は逃げる~ は、僕の記憶ではどこかの業界用語だったと思います。銀行だったかな? ちょっと記憶があいまいですがお金関係の接客業ではそういう言い回しがあったと思いますよ。
「一月は行く、二月は逃げる、三月は去るから早くふんだくっとけよ。決算に間に合わんぞ」って。

投稿: ろぷ | 2006/02/12 09:52

 
ろぷさん、こちらにもコメントありがとうございます。(^^)

>僕はnanbuさんほど忙しくはありませんが、それでも大変でございます。

とんでもないですぅ。きっと私の方がヒマだと。(ここでも泣き笑)
忙しいのは雑事だけ…。(T_T)

>昔っから夏休みの宿題は最後にやるタイプだったので今でも苦労します。

最後になって苦労するのは、おんなじです〜。
ただ私の場合、最初にちょこっとやって安心しちゃうので、もっと重症かも。
(でも確定申告だけは、なぜか最後まで手を付けられません。)

>「一月は行く、二月は逃げる、三月は去るから早くふんだくっとけよ。決算に間に合わんぞ」って。

あぁ〜っ・・・3月末は決算期でしたね!(コロっと忘れてました。)
お金関係の接客業ですか。
結局それまでは、誰にとってもサクラは咲かないんですねぇ。(笑)

投稿: nanbu | 2006/02/12 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8560295

この記事へのトラックバック一覧です: 2月はいそがしい:

« 笑顔のご挨拶 | トップページ | 肘掛け椅子 »