« 古きを温ねて | トップページ | 追いつめられて »

2006/02/17

おかけになった電話は

denwa現在使われておりません……。

お馴染みのこのセリフ。

最近じゃ、携帯電話の普及で、「電波が届かない場所におられるか、電源が入っていないため、かかりません」
なんてのまで仲間入りした。


飲み会やカラオケに行っちゃった家内に仕事先から電話が入る。
それを受けた私が、家内のケータイにかけた時。
たいていこのお姉さんの声が聞こえる。
(さぞや楽しんでらっしゃるんでしょう)(怒)


ま、それはいいとして、この「おられる」。
「電話に敬語を使うのはオカシイ」なんておっしゃってた方がいらした。
よしんば、「その敬語が電話の持ち主に対するものだとしても、今度は電源が入っていないのは、持ち主ではなくて電話」なのが問題なんだそう。

なるほど。この辺が、主語を省略できる日本語の弱点だろうか。
(省略してる間に、主語が変わっちゃってるもんね)


ただ、その時の私は、別の事が気になっていた。

「おる」って言葉、「いる」の謙譲語じゃないのかなぁ?と。
(「家におります」って言うじゃない?)
でも、確かに「おられる」って言い方もあるし。

釈然としないまま、ほったらかしてたこの疑問。
一度キチンと調べなきゃね。


……で、結果は。単に「居る」ってことだったのね。
謙譲語じゃないから「られる」を付ければ敬語になるのも道理ってワケで。

(ア)自分の動作を卑下したり他人の言動をさげすんだりする気持ちの含まれることが多い。時には尊大な物言いに用いられることもある。
(イ)「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で尊敬の言い方として用いられる。@nifty辞書

あ、そうだったんですか。
(今度から、堂々と使っちゃお!)

たったひとつで、丁寧な言い方から尊敬の言い方までできる。
しかも、自分を卑下したり、他人をさげすんだり、尊大な物言いにまでなっちゃうなんて。


……でもぉ、あんまり便利過ぎるのもチョットって感じ。
(逆に言えば、どんな受け取り方をされるか分からないんですもん)

自分的には、やっぱり「いらっしゃる」の方が好きかな?

|

« 古きを温ねて | トップページ | 追いつめられて »

コメント

こんばんは
nanbuさんは 細かいとこまでよく聞いていらっしゃいますね。

私の場合
「電波が届かない場所におられるか、電源が入っていないため、かかりません。」
というアナウンスが聞こえてくると
「だから電波が届かないのか 電源が入ってないのか どっちやねん!!」
と突っ込み入れてしまいます(^^ゞ

私が気になるのは 番号否通知でかけた相手を拒否する時のアナウンスです。

家の電話は否通知で設定してあるのですが
ある家に初めて電話したとき 
「お客様の電話は おつなぎできません」
といきなりアナウンスが流れたときはとても驚き ショックをうけました。
要するに番号を通知状態にしてかけ直せということだったんですが せめて
「おそれいりますが…」とか
「申し訳ありませんが…」でアナウンスを始めればいいのに
電話の相手に罪はないのに印象悪く感じました。

投稿: ろーど | 2006/02/17 20:14

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)
えへ。電源を入れてない自分のPHSにかけて、確認したんですぅ。

>「だから電波が届かないのか 電源が入ってないのか どっちやねん!!」
と突っ込み入れてしまいます(^^ゞ

それ、私も最初気になりました!
ただ、どっちにしろかからない事に変わりがないんだ、と悟ってからは諦めの境地に達しましたけど。(でも、やっぱり気になるのはナゼでしょう?(^^;))

>「お客様の電話は おつなぎできません」
>ショックをうけました。

あ、自分でも一度聞いた事があります。
公衆電話からケータイにかけたら、相手は登録してある番号以外着信拒否にしてあって。
なんか、悪い事をしたみたいな気にさせられました。
情報の説明不足って、ナゼか人を不安にさせますよねぇ。

投稿: nanbu | 2006/02/17 21:42

nanbuさん
こんばんは~(^0^)v

いや~さすがnanbuさんならではの博識さが漂う記事ですね~。
携帯の「通話不能」のメッセージが尊敬語や謙譲語の話しにまで発展するとは…(゜0゜;)!
とっても感心させられました。

(⌒▽⌒)アハハー♪
ぽぱいもろーどさんの意見に賛成!
ろーどさんもいい着眼点ですね~

>「だから電波が届かないのか 電源が入ってないのか どっちやねん!!」

確かに!
「電波の届かない所にいます」とか「電源が入っておりません」って言ってくれればいいですよね~。
こっちは用事があるからかけているのですから、ドッチか分かれば何らかの(次の)手段も考えつくかもしれません…

ケータイ会社はドッチか分からないのですかね?

「ただ今居留守を使っているので出られません」とか「ただ今、さぼってパチンコを打っていますので出られません」

な~んてメッセージの流れる「嘘防止機能付き携帯」が出たら恐い~(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2006/02/18 23:20

こんばんは。
最初に、電話のきれいな写真にうっとり見とれてしまいました。
角度と光り具合がとってもステキ…(*^^*)

電話に流れるアナウンス音声、それが流れ始めた瞬間ドキッとするものの、
そのあとは注意して聞いたこともありませんでした。(^^;)
nanbuさんするどいです~

私の持ってる携帯電話は、車の運転中用、睡眠中用などなどの
アナウンスを選択できるようになっていますよ。
いちいち変えるのが面倒なので変えてませんが、
ただ出られない、というより掛けた側に状況がわかって親切ですね。
 

投稿: ポージィ | 2006/02/18 23:28

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

博識なんてお言葉、もったいないですぅ。
当然知ってなきゃならない事も、スコーン!っと抜けてたりするんですもん。
(でも、心の傷に染み渡りマス。)(笑)

>ドッチか分かれば何らかの(次の)手段も考えつくかもしれません…

あぁ…。それで気になっちゃうんですね!
電波が届く所まで移動すれば、とか、電源を入れてくれそうなタイミングとか。
間合いを推し量る手立てになるかもしれませんよね!

家内の場合、つながっても、騒いでて着信音に気がつかないんですけど。(T_T)

>な〜んてメッセージの流れる「嘘防止機能付き携帯」が出たら恐い〜(;^_^A

うふ♪テレビ電話って、ちょっとそれに近いものがありますよね。
寝起きの顔だったり、お風呂上がりだったりしたら困りマス。

今でさえ、電話で起こされた時なんか、いくら取り繕っても、
「あ、寝てました?」ってバレちゃうんですもん。(寝起きの声で。)

投稿: nanbu | 2006/02/19 08:28

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

更新が一目で分かるように、アイコンのつもりで写真を入れてるんですけど。
これは、思いついて記事をUPする直前に撮っちゃいました。
(こんな時、デジカメのありがたさを感じます。)

>車の運転中用、睡眠中用などなどの
アナウンスを選択できるようになっていますよ。
>ただ出られない、というより掛けた側に状況がわかって親切ですね。

それは!!願ってもない機能ですね♪
それを考えた人、とってもユーザーの気持を考えてくれてるんですね。
世間の事象を自分の事として捉える想像力って、創造力につながるんですねぇ…。
ちょっと感動しました。(^^)

投稿: nanbu | 2006/02/19 08:46

>テレビ電話って、ちょっとそれに近いものがありますよね。

そうか~!
確かにそれはいえますね、出なければいいのですが、間違って?出ちゃった場合に…

「今どこにいるの?」なんて聞かれたら嘘はつけないですよね~!
あー怖い、絶対にテレビ機能付きの携帯は買わない事にしよう(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2006/02/19 17:11

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>出なければいいのですが、間違って?出ちゃった場合に…

私、絶対間違って出ちゃいます!
着信音がしただけで慌てまくってるんですもん。
(玄関のインターホンに「はい、nanbuです。」て、出た事もあるんですぅ。)(^^;)

>「今どこにいるの?」なんて聞かれたら嘘はつけないですよね〜!

小林幸子さんみたいに、背景セットを持ち歩かなくちゃならなくなりそう。
いっそ、一番良く撮れた写真でお面を作って…。
て、それじゃ意味ないですね。(笑)

投稿: nanbu | 2006/02/19 20:47

「適当」もそうですよね。
 きちんとそれに見合った「適当」もあるし、手を抜いて簡単に済ませちゃう「テキトー」もありますから。
 いやぁ、日本語は難しい。

 記事中の電話の方のお説、僕にはいくらでも反論できますが、長いので割愛します。この、いっぱい反論できるってのも日本語の深さと便利の表れなんでしょうけど。

 便利と言えば。
 イマドキの言葉の「チョー」と「ヤバイ」と「ウザい」。
 これだけでほとんど会話で来ちゃいますね(笑)。

投稿: ろぷ | 2006/02/22 07:35

 
ろぷさん、こちらにもありがとうございます。(^^)

>「適当」もそうですよね。

あは♪「適当」くらい、テキトーに使われちゃってる言葉はないかもしれませんね。(笑)

>この、いっぱい反論できるってのも日本語の深さと便利の表れなんでしょうけど。

きっと、ろぷさんの反論だけで一つの記事になると思います。
それだけ示唆に富んだセリフなんでしょうね。

「電波の届かない〜」を最初に聞いた時、正直自分でもちょっと違和感を感じたんです。
簡潔な言葉で説明するには状況が複雑すぎるのか。
いずれにしても、突っ込み所満載のセリフのような気がします。

>イマドキの言葉の「チョー」と「ヤバイ」と「ウザい」。

これだけで済んじゃうって事は、必要最低限伝われば良しという事なのか。
それが含んでいる多様な意味を理解するべきという事なのか…。

「ヤバイ」なんか、最近じゃ良い意味で使われる事の方が多いし。
「ウザい」も、最初聞いた時は「ウザったい」だったのに、あっという間に省略されちゃって。
ついて行くのが大変ですぅ。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/02/22 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8699931

この記事へのトラックバック一覧です: おかけになった電話は:

« 古きを温ねて | トップページ | 追いつめられて »