« 諦観の中にあったもの | トップページ | それはピーコックブルー »

2006/02/26

そこにあった√(ルート)

先日の「青と緑の狭間で」の記事で教えていただいた、IROMSOFT & IROMBOOKさんのサイト。

その黄金比 / 黄金分割のページで、気になる記述を見つけた。
古代ギリシャで、もっとも美しい比率とされた黄金比。
それは、現在でも活用されているけれど。(名刺のサイズがそうなんですって)

>ひょっとしたら、紙のサイズと勘違いされているのではないですか?

え!違うの?
今まで、ずうぅ〜〜〜っと、そう思ってまいりましたが……。

おっしゃるところによると、黄金比は 1+√5÷2 で、1.6180……だそう。
そして、紙の寸法は 1:√2 なんだそうだ。

ゲゲェ〜!知らなかった。
今の今まで、紙の寸法は黄金比になってるんだとばっかり……。
(ホント、歳とってから初めて知る事ばかりで。ボケてなんかいられません)

 
B2ところで、週刊誌はB5判、月刊誌だとA4判とか、身近で使われている紙のサイズ。
元になる原紙が基準になってる。
週刊誌だと、B1(B全)の原紙を16分割したサイズ。
(片面16ページ、裏表で32ページ印刷できるって寸法)

B1の半分がB2で、そのまた半分がB3。
そして、その縦横の比率はどれも同じになる。

学生の頃それを知って、「へぇ、上手く出来てるもんだ」と、感心したものだけど。
「昔、誰か頭のいい人が考えたんだろう」くらいにしか思わなかった。
 
でも、さっきの比率。1:√2 って、いやにパッキリしてる。
ふ〜ん、長辺の長さは短辺の√2 倍になるのかぁ……。
と、しばらく眺めていて、「あっ!」と驚いた。

kamisunpo左の図で、アを1とすると、1×√2 だから長い方のイは√2。
そして、今度はイとウを見てみると、
√2×√2 =2で、ウの長さはちゃんと2になる。

やだ……こんなの教わったっけ?(忘れてるだけ?)


最近になってウチの子が、「学校の勉強って、社会に出てから役に立つの?」
なんてボヤくようになった。

でも、お父さんは思う。
今はまだお仕着せの知識でも、それを使って自分の頭で考えたら。
なにか面白いものが見つかるんじゃないかって。

だって、こんな身近に、√が転がってるんだから。

|

« 諦観の中にあったもの | トップページ | それはピーコックブルー »

コメント

私の人生「算数」で終わってるので
√(ルート)なんて 避けて通りたかったんですけど(^_^;
あのサイトは例のですね
こんなことも書かれてありましたか♪

私が子供の頃にも なんで勉強するの?
と父親に聞いたことがって
「何か問題にぶつかった時に 乗り越える方法を見つけ出すため」
みたいなことを言われたのを覚えています

でも nanbuさんの言われるように
「なにか面白いものが見つかる」
それも言えてますよねぇ
あ~ もっと勉強しとけば良かった(^o^)


投稿: miki | 2006/02/27 18:02

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんです、教えていただいたあのサイトです。
「紙のサイズと〜」の記述には本当にビックリしました。

>「何か問題にぶつかった時に 乗り越える方法を見つけ出すため」

子供にその質問をされて、そう答えられたお父様って素晴らしいですね。
(私は上手く答えられませんでしたけど、最終的な目的はそれだと思います。)
キレイ事かもしれませんが、「いい会社に入るため」だけだとしたら、ちょっと寂しい気がして。
(入ってから社会人としての人生が始まるんですもん。)

●追記:mikiさんからいただいたコメントで、文部省の唱えた「ゆとり教育」を思い出しました。
その新指導要領には、「考える力・生きる力をはぐくむ。」もありましたね。(^^)

投稿: nanbu | 2006/02/27 20:54

nanbuさん、難しいテーマに尻込みしてましたよ。
mikiさんと同じく算数どまり、数学アレルギーなものですから。

でも、NFD講師資格を取るために受けた講義で、「ルート矩形」なるものが
出てきたんです。=黄金比率で、フラワーアレンジメントの
スタンダード形(トライアンギュラーとかバーティカルとか色々)は
この黄金比率を基に作られているというお話。いちばんバランスよく
美しく見える形というわけですね。
サッパリ実感はできませんが、試験のためにさんざん、スタンダード形を
練習したことで、体の中に染み付いていてくれることを願います。

その中の話で、ルート矩形は生活の中の様々なものに反映されていて、
紙のサイズもそうです、という話も出てきました。
どこまで半分・半分・半分と切っていっても永久に比率が変わらない
全く無駄のない比率でもある云々…
その程度の知識かよー、と思われるかもしれないと恥ずかしかったのですが
こんなところにも登場しましたよというご紹介でした(^^;)汗汗汗

投稿: ポージィ | 2006/02/28 11:27

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

いきなりルートなんか持ち出したらビックリしますよね。
でも、ホントに驚いたんですよ。
子供が「見て、こんなの見つけたよ!」って時みたいな気分になっちゃいました。(^^;)

「ルート矩形」って言葉、知らなかったんですが、(忘れた?)
きっと紙のサイズと同じ理屈ですよね。
そう考えると、それを使ってる人ほど「=黄金比率」と思ってるんじゃないかと。
(驚天動地クラスの目からウロコだったんです。)

>その程度の知識かよー、と思われるかもしれないと恥ずかしかったのですが

私だってそれくらいしか知りませんでしたよー。
とりあえず、それが美しいと感じられればいいのではないかと。(思うことにしました。(^^;))

投稿: nanbu | 2006/02/28 15:08

nanbuさん、こういう話題好きだなあ。
読んでいて頭が休まるっていうのかな、ほっとするっていうのかな。

日常なにげなく見ている景色のなかにだって、美しい数式が込められている。

雨にぬれた木々の葉1枚1枚にも、美しい数式が与えられている…そんなことを考えさせられました。

朝いちばんにこの記事に出会えて、ちょっと元気が出て来たな(^^)

投稿: nezimaki | 2006/03/01 09:05

 
nezimakiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>日常なにげなく見ている景色のなかにだって、美しい数式が込められている。

日常感じている美しさのなかには、他にも数式に裏打ちされた「美」が沢山あるのかもしれませんね。(「様式美」とか、「用の美」とかにも。)

>雨にぬれた木々の葉1枚1枚にも、美しい数式が与えられている…

あ…。もし自然界の法則が解明されたとして。
そこにもシンプルな数式が隠れてたとしたら、面白いですね。

>朝いちばんにこの記事に出会えて、ちょっと元気が出て来たな(^^)

私も、そう言ってもらえると嬉しいです。(^^)

投稿: nanbu | 2006/03/01 12:47

 め、目が回りますぅ ヽ(@◇@)ノ グルグル

 B版のお話まではついていけたのですが、ルートが、ルートがぁっ。
 当方、基本的に指を使う計算以上はショートします。

 僕には、B版の最後の姿に思いを馳せるほうが合ってそうです。
 もし無限大回数だけ半分にしたら、大きさは無限大に小さくなるわけだから…… あれ? 無限大に小さくしたら……ゼロ!?

 おそるべし数学!!

投稿: ろぷ | 2006/03/04 18:37

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

>あれ? 無限大に小さくしたら……ゼロ!?

あぁ、今度は私がショートしそう…。
宇宙の果てを考えてる時の気分になってしまいました。
(たしか、その先は「無」だからもう無いんですよね。(^^))

中学生の頃、先生に質問した事があって。
「無数に線を引いていったら、(線が密集して)真っ黒になっちゃうんじゃないですか?」みたいな。
そしたら、「線には幅はありません。」とかの答えで。
わかったような、わからないような気がしたのを思い出しました。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/03/04 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8838531

この記事へのトラックバック一覧です: そこにあった√(ルート):

« 諦観の中にあったもの | トップページ | それはピーコックブルー »