« 色バトン | トップページ | 日刊デジタルクリエイターズ »

2006/03/07

春は忍び足で

bush2この冬は、20年ぶりの記録的な寒さだったそう。

これにはもう、誰も異論はないだろう。
記録的な大雪の被害を受けて、気象庁が1日「平成18年豪雪」と命名したほどなんだから。


……本当に寒かった。

帽子やマフラー、手袋をしていても、顔は防ぎようがない。
土手なんかをウォーキングしていると、頬に当る風は痛いほどだったし。

このところ、ポケットにはいつもティッシュをしのばせていた私。
だって、冷たい空気を吸い込んでいると、鼻水が垂れてきちゃうから。


それでも、立春を過ぎるとやはり違う。

遠目からは枯れてるように見えた潅木も、近寄ると小さな緑の芽が出ていたり。
ポツンと花が咲いてたり。

グラウンドのフェンス沿いに植えられた桜の木。
その花芽も、やけに目立ってきたように感じていた。

「こんなに寒いのに、まさかぁ……」

春に焦がれるあまりに感じる錯覚。
気のせいだと思っていた。

ところが……。

用水路にかかる歩道橋に立つと、桜の枝は手が届く所に迫っている。
先日その枝先を見てみたら、なんと先端の花芽から薄いクリーム色が顔を出しているではないか!

「えぇ〜!」。もう桜の花芽が動きだしてる。


……いつも思うんだけど。

寒い寒いと嘆いていても、春は知らない内にやって来ている。
背後から忍び足でやって来て、ひっそりとそこで待ち構えている。
いくら人が、寒さに凍えていても。


暗い部屋に帰ってきて、やれやれと電燈のスイッチを入れた瞬間。
突然クラッカーが鳴り響き、「ハッピーバースデイ!」と、プレゼントが渡される。

そんな驚き。


それは、ドラマの世界だけだとしても……。

ある日突然、春もクラッカーを鳴らす。
そして、プレゼントを渡してくれる。

嬉しい驚きで、自分でもすっかり忘れていた、「あの日」を思い出させてくれる。
 
3_03sakura1
 
 
ちょっとピンボケですが。
先端が明るい色になってるのが
わかりますか?

3月3日撮影

|

« 色バトン | トップページ | 日刊デジタルクリエイターズ »

コメント

花粉症の鼻水用のティッシュが必需品なmikiです(^_^)
この記事を読んでから散歩に行きました
うちの町内の桜の木もこんな感じでしたよ

咲き出すと一気に満開になって
雨風にさらされれば一気に散ってしまう桜、、
まだかなぁ。。と楽しみにしてる今の時期が1番いいのかもしれませんね♪

で、散歩から帰って我が家の庭を見ると
さくらんぼの桜の花が咲き出してました~
あんなに寒かった広島にも春の訪れです♪

投稿: miki | 2006/03/07 16:05

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、花粉症の人にとっては、もろ手を挙げて…とはいかないシーズンでもありますね。(^^;)
(実は自分も、最近目が痒くなるのはそのせい?と不安を感じたりして。)

>まだかなぁ。。と楽しみにしてる今の時期が1番いいのかもしれませんね♪

そぉ〜なんですよね!
いざ咲き出すと気になっちゃって気になっちゃって、そりゃもう大変。
「ドキドキ」の前の「ワクワク」くらいが純粋に楽しめるのかも。

>さくらんぼの桜の花が咲き出してました〜

mikiさんのお宅には、さくらんぼの木があるんですね♪
一足早く、桜の花を見られるなんて、うらやましいです。(花が咲いた後も。)
広島にも、たくさん雪が降りましたけど、やっと、春が来ましたね。(^^)

投稿: nanbu | 2006/03/07 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8981616

この記事へのトラックバック一覧です: 春は忍び足で:

« 色バトン | トップページ | 日刊デジタルクリエイターズ »