« そこにあった√(ルート) | トップページ | 色バトン »

2006/03/01

それはピーコックブルー

hizakakeウチには、薄地の膝掛けがある。

10年以上前に、通販で買ったものなんだけど。
厚地にはまだ早い、季節の変わり目なんかに重宝している。


ソファーとか、めったに変えられない大物の家具の場合。飽きのこないベーシックな色がいい、なんて言われるけれど。

膝掛けくらいなら気軽に変えられるし。
ちょっと冒険してピーコックブルーにしてみた。

まさに孔雀の羽を思わせるブルー。

届いた商品を初めて見た時。
「やっぱ、ハデすぎたかな?」なんて弱気になった程の鮮やかさだった。


……でも、これが使ってみて驚いた。
どんな色とも相性がいい。

もっぱらダイニングテーブルに座る時に使ってるんだけど。
使わない時に、白木のイスに掛けていても映りがいいし、テーブルや木床とも合う。
そして、その相性の良さは天然素材とばかりではない。

それを掛ける肝心の人間は、その時によって着ている服が違うのに。
どんな色を着ていても、不思議と違和感なくおさまってくれるのだ。

シックな色と馴染むのは分かるけど。
鮮やかな色と合わせても喧嘩しないし、むしろその色を引き立てている。

こんな色って、他には思いつかない。


それ自身、鮮やかで目を引くのに、決して悪目立ちしない。
それどころか、程よいアクセントとなって、その場を明るくしてくれる。

そんな、どんな環境にも無理なく溶け込む色。

……あれ?
これって、理想的な人間像とかぶってない?


人は、自分にないものに惹かれるのだろうか。
 
pikokku
左ピーコックグリーン#007D7F
右ピーコックブルー #006E7B
この中間くらいの色で、もうちょっと鮮やか。

|

« そこにあった√(ルート) | トップページ | 色バトン »

コメント

膝掛けは 某ユニクロの紺白のチェック柄です(^^)
群青色の記事といい 本当にブルーが好きなんですねぇ♪
で、偶然なんですけど 今 私が着てるセーターもブルー(しかも これも某ユニクロ(^o^))
このセーターの色の名前がわからなくて
「色見本」で検索 ポチっ!

パソコンによって微妙に色が違って見えるんでしょうけど
「藍錆色」に近かったです
こんな名前のブルーもあるんですね

>どんな環境にも無理なく溶け込む色。

これって難しい~。。
無理すれば溶け込めてもボロが出る
自然に そうできる人に惹かれます(^_^)

投稿: miki | 2006/03/01 20:32

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

「藍錆色」。青色愛好家?の私も検索してみました。ポチっ!
(読み方が分からなくてもコピーできるのが便利。)

紫になる一歩手前の、少し淡い感じの青でしょうか。
・・・mikiさん、オシャレ♪

ちょっとした色味の違いでも、薄い色から濃い色まであって。
色見本を見ると、沢山の色があるのに驚いちゃいますよね。
(しかも、その一つ一つに名前までついてて。)

>これって難しい〜。。

mikiさんでも難しいとなると、私は・・・。
深く考えないことにいたします。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/03/01 22:05

すみません 「色バトン」が回ってきたので
次にバトンタッチする人の中に
色と言えばnanbuさん!の名前をあげてしまいました

>深く考えないことにいたします。(^^;)

深く考えないで 良かったら受け取ってください
もちろん 無視してくださっても構いませんから(^_^)


投稿: miki | 2006/03/03 17:12

mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>深く考えないで 良かったら受け取ってください

色バトンしっかり受け取りました♪
これって、自分が考える分には面白そうなんですけど…。
バトンを渡すのが難しそう。

ホラ、なんていうか、そう。人見知り?(…ぶたないように。)

投稿: nanbu | 2006/03/03 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/8888430

この記事へのトラックバック一覧です: それはピーコックブルー:

» 画材の色名事典(青系統・その8) [YS-12@co.jpー3流イラストレーター・セタミツコの公式ブログ]
ききょう(桔梗) 桔梗の花の様な鮮やかな紫味の青。 桔梗はキキョウ科の多年草で、9月に釣鐘状の花を咲かせるので、秋の七草の一つになっています。 キングスブルー(KING'S BLUE)  こ [続きを読む]

受信: 2006/03/27 22:17

« そこにあった√(ルート) | トップページ | 色バトン »