« ケータイ生活始まる | トップページ | 来るべき季節 »

2006/03/17

召し上がれ

hotokenoza"Bon appetit!"
(ボナペティ!)

フランス語で、"bon"は「良い」。
"appetit"は「食欲」。

それで、「充分に召し上がれ!」とか「美味しく召し上がれ!」って意味だとか。


……はい、わかりました。
ところで、懐かしのテレビCMはいろいろあるけれど。

それは、たしかキッチンセットのコマーシャル。
話題にもならなかったCMなのに、なぜかよく覚えている。
(女優さんの顔までも!)

お母さんがおやつをテーブルに置きながら「さぁ、召し上がれ!」と言うのだ。
子供だった私には、羨ましさと共に、その言葉がとっても素敵に響いた。
周りにはそんな言葉を使う人なんていなかったから、よけい印象深かったのだろう。


この「召し上がれ」。

@nifty辞書には「飲む」「食う」の尊敬語としての例に、「御飯を—・れ」なんてのが載ってるけど。
でも、語尾の「れ」は明らかに命令形。

考えてみれば、これってちょっとスゴクない?

尊敬語とはいえ命令しちゃってるんだから。
命令形で使われる敬語って、あんまりないような気がする。


ところで、スゴイと言えばこの「召す」って言葉。
それ自体メチャクチャ応用範囲が広い。

やんごとなきお方が、そば近くに呼び寄せる。女性を寵愛なさる。
「講師に召される」とかで、役職に任じる。
「着物をお召しになる」で身につける意味にも。
(「あぁ〜ら奥様、すてきなお召し物ですこと」……ハイハイ、次ぎ)

「お年を召す」(イヤ〜ね!)、「お風邪を召す」。そういえば、「お気に召す」なんてのもあるし。(「♪花を召しませ、召しませ花を」嗚呼……)

高貴なお方の場合、他にもある。
人に命じて物を差し出させたり。(うんうん、召し上げちゃったり)
車に乗るのもそうだっていうんだから。(あ、「お召し列車」なら知ってる!)

いやはや、その活躍ぶりには驚いてしまう。
こういうのを「八面六ぴ」の大活躍って言うのだろうか?


……えぇ、そうですとも。

このあと私が、「八面六臂」を調べたのは言うまでもない。

●【八面六臂】仏像などで、八つの顔と六本の腕をもっている事からだそう。
ちなみに、「臂(たくふら)」は、肘の事だそうですよん。
 
3_16sakura
 
 
もう、花芽から蕾が顔を覗かせた
用水路沿いの染井吉野。
ウチの桜はだいぶ遅れそう。

|

« ケータイ生活始まる | トップページ | 来るべき季節 »

コメント

「臂(たくふら)」を たらふく と 読んだmikiです(^o^)

子供達に「召し上がれ」なんて言ったら
「お母さん どしたん?」って言われるだろうな(^_^;

「ごちそうさま」と言われると
謙遜して「お粗末でした」って返事しますよね?
昔 子供に言ったら 嫌がられたことを思い出しました

関西では「ごちそうさま」の返事は
「よろしゅう おあがり」って言うんですよ
こっちの方が ほんわかしてると思いません?♪

投稿: miki | 2006/03/17 21:07

 たしかに「召し上がれ」なんてバカていねいなことば、お蝶夫人(今の若い人は知っているんだろうか?)くらいしか使いませんよねぇ。

 ウチのオヤジはその昔、休日に料理をつくると「食らいやがれ」と言っておりました。なんか使い方がまちがっているような……。

投稿: ろぷ | 2006/03/18 07:12

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「臂(たくふら)」を たらふく と 読んだmikiです(^o^)

あは!mikiさん、グ〜♪
何かに似てるなぁ、と思ってたんですけど。
それですね、きっと。(「たらふく召し上がれ。」なんちゃって(^^;))

>謙遜して「お粗末でした」って返事しますよね?

そうそう、一斉に「ごちそうさま。」って言う時はいいんですけど。
来客に「ごちそうさまでした。」とか言われたら、そう応えるかも。
普段は、「は〜い。」とかでゴマかしてるような。(^^;)

>「よろしゅう おあがり」って言うんですよ

わぁ!それ、いいですね。
言葉のデザートというか。「ごちそうさま。」って言って、そんな返事が返ってきたら、「美味しいものを食べたぁ…。」っていう満足感が、いっそう増すような気がします。(^^)

投稿: nanbu | 2006/03/18 07:19

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

う〜ん!たしかに!!
「エースをねらえ!」のお蝶婦人なら言いそうですね♪
(縦ロールの巻き髪でテニスしちゃうのが好きでッス。(^.^))
主人公より、キャラが立ってるような気がしたりして。(笑)

>ウチのオヤジはその昔、休日に料理をつくると「食らいやがれ」と言っておりました。

あ、それもいいですねぇ…。
ちょっとテレてるようで、でも心がこもってて。
父親の愛情表現の原点のような気がしました。(^^)

投稿: nanbu | 2006/03/18 07:52

「召し上がれ」、自分では冗談めかして言うとき以外使わないです~
多分ある程度年配の方のほうが使うでしょうね。他はセレブとか?
そういえば伯母がご飯を食べさせてくれるとき、言います。
で、年配の方が使うと意外と違和感がない…上品系の伯母だからかな?

それにしても「召す」にはそんなにたくさんの意味合いがあったのですね。
nanbuさんが挙げられた例を拝見しながら、そうそう!と合いの手入れてました。
(ニヤつきながら  ^_^)

「お粗末さまでした」「つまらないものですが」「お口汚しですが」等の
謙譲表現、どうも好きじゃないです。
使ったことあるんですが、あとでその言葉を取り返したくなりました。
そこまで自分が差し出したものを卑下しなくたってと思いますし、
そこまで卑下するとかえって相手に失礼な気もします。
「ごちそうさまでした」といわれたとき返す言葉、なにがいいでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/03/18 11:41

追伸
ホトケノザ(^^) 土手に寄り添うようにして(這いつくばるようにして?)
見上げて撮っていらっしゃるnanbuさんのお姿が目に浮かびました。

投稿: ポージィ | 2006/03/18 11:43

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>nanbuさんが挙げられた例を拝見しながら、そうそう!と合いの手入れてました。

ねっ!ねっ♪
「召す」の使用例って、ナゼか合いの手を入れたくなりますよね。
それだけ馴染んでるって事なのか、無意識にけっこう使ってるのかもしれませんね。

>「ごちそうさまでした」といわれたとき返す言葉、なにがいいでしょうね。

そうですよね。
普段、自分でもゴマかしているのは、やっぱり抵抗があるからなんだと思うし。
mikiさんの「よろしゅう おあがり」のような、言った方も言われた方もホンワカするような言い方、あるといいですよね。

ホトケノザ、土手の斜面に、撮って下さいと言わんばかりに咲いてました。
本当は這いつくばりたかったんですけど、まだこの時期は枯れ草がくっついちゃうので。(笑)
下の方におりてカメラを向けたら、しゃがむ程度で撮れました。(^^)

投稿: nanbu | 2006/03/18 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/9127696

この記事へのトラックバック一覧です: 召し上がれ:

« ケータイ生活始まる | トップページ | 来るべき季節 »