« 背の順 | トップページ | 「糸へん」に込めた想い »

2006/04/13

洗濯機は紙吹雪

Nioisumire_baraあれは、桜吹雪にはまだ早い頃。

「あぁ〜!」
洗面所から響く、時ならぬ家内の悲鳴。

すわ何事?と、行ってみると、ドアの内側から家内が叫ぶ。

「○○(ウチの子の名前)、ポケットにティッシュ入れっぱなしだったでしょ!」

……それですべてを理解した私。
あぁ、やっちゃいましたか……。


そう。どうやらジーパンのポケットに、ティッシュを入れたまま洗濯しちゃったらしいんですわ。
これは考えられる中でも、かなりヘヴィなパターン。

自分もやった事があるけれど。
洗濯機に撹拌されたティッシュは細かにちぎれる。
そして、その破片がビッシリと他の洗濯物にくっついて、洗濯機の中はまるで紙吹雪が舞ったようになる。

ただでさえ柔らかなティッシュが水分を含んで。
ピッタリとひっついたそれをはがすのは、なかなか面倒な作業だ。


……洗濯の失敗といえば他にもある。

以前記事にした真っ赤なトレーナー。
もう四半世紀経つのに、未だに鮮やかさを保っている。

それくらいだから、洗濯のたびに色落ちが激しくて。
「さすがに、もう大丈夫だろう……」と思って、他の衣類と一緒に洗濯。
結果、白いシャツを薄ピンクに染めた事が何度かあった。

それがジーンズだと薄青になるし。
色落ちするクセに、染まると落ちないのはナゼだろう。


もう終わったかな?とフタを開けてみたら、水道の蛇口を開け忘れてたり。
(水が出てないからすすげてない)
脱水の時に洗濯物が暴れて途中で止まってたり。
(洗濯物が片寄ると暴れるっしょ?)

開けてビックリ玉手箱。

全自動洗濯機って、勝手に洗ってくれるのはありがたいんだけど。
フタを開けてみないと、中で何が起こってるか分かんないのが、ちょっとスリリング。

Sumire_bara
 
 
バラの株元から芽を出したスミレ
上の写真は
ハート形の葉をした
ニオイスミレ

|

« 背の順 | トップページ | 「糸へん」に込めた想い »

コメント

あぁ~~っ!
読みながら私も思わず悲鳴が!!
洗濯機の中の紙ふぶき、やっちゃいましたか。
後が大変なんですよね… お疲れ様でした~

赤や青に染めちゃったこともありますよ。
nanbuさんと全く同じ判断の元、もう大丈夫だろうと一緒に洗ったら ガ~ン!
(繊維によって染まりやすいもの、染まらないものがありますね)

かって、実家で2槽式を使っていたときは、とまったのに気付かず
延々と水を流し続けていたなんてこともありましたっけ。
脱水のとき暴れて止まっちゃってたパターンも、初代全自動で
ちょくちょくありました~。
洗濯機にまつわる失敗談、どこのご家庭でもつき物ですね。
ひょっとして洗濯機って、他の家電品と比べて取り扱いが難しい?

nanbuさんのお宅にもすみれが咲いているんですね。いいですね。
ニオイスミレもスミレもどっちも素適な色。可愛いです。
どんな香りがするのですか?

投稿: ポージィ | 2006/04/14 11:56

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

洗面所で、あらかたのティッシュは取り除いたハズなのに。
物干のあるベランダで叩いてみたら、まぁ落ちること。ホントの紙吹雪状態に。
結局、物置きからホウキとチリトリと持ってくるハメになりました。(T_T)

そうそう、染まりにくいのもあるんですよね。でも、ダメなのは・・・それっきり。
あ、最近の洗濯機は、洗濯物が片寄ると、チョット給水してゴニョゴニョっとほぐす。なんて高度な技を持ってますよね♪

>ひょっとして洗濯機って、他の家電品と比べて取り扱いが難しい?
洗濯って、難易度の高い行為なのかもですね。(笑)

スミレの香り、鼻の穴に入っちゃうくらいにして嗅いでみたんですけど、自分にはわかりませんでした。(パンジーやビオラの方が、よっぽど芳香があるような気がします。
でもポージィさん、ダマされてはいけません。こんな可憐な姿も今だけ。
夏になると、はびこる、のさばる。(・o・)
地中深く地下茎が伸びてるらしくて、抜いても抜いても出てきます。
でも、それがわかってても、春になるとまたウットリ眺めちゃうんですけど。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/04/14 15:23

ティッシュがくっ付くのは木綿の服だと
痛いほど知ってるmikiです(^o^)

お札も一緒に洗濯したことあるんですけど あれは破れません
使い捨てカイロも無事でした
あっ でも コインのお金は 洗濯機の底に入って
動かなくなり修理に来てもらったことが2回あります(T_T)

色落ちしても綺麗に染まればまだ許すけど
まばらになったら最悪です
洗濯機の失敗談は数知れず~(^^)


投稿: miki | 2006/04/14 18:08

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

染まりやすさだけじゃなくて、くっ付きやすさにも差があるんですね!
その時、木綿のシーツも一緒に洗ってたんですけど。
だからあんなにくっ付いてたんだぁ。(ToT)

洗濯機からお札が出て来たら…。
得したような、損したような、複雑な気持になりそう。
でも、使えるんならノープロブレム?(^.^)

>あっ でも コインのお金は 洗濯機の底に入って
動かなくなり修理に来てもらったことが2回あります(T_T)

なんか似たような事があったような気がするんですが・・・。
思い出すのが怖い。(^^;)

洗濯機の失敗って、けっこうシビアな結果を招くから、油断できませんね〜。
 

投稿: nanbu | 2006/04/14 21:08

僕の家にはじめて洗濯機なるものが届いたのが小学校の3年生だったかな、白黒テレビはそれより後だったように思う、冷蔵庫はさらに後…この変の記憶がかなりあいまいになっていますが。
この3つが電化製品、3種の神器と持て囃された時代でした。

その初めてみた洗濯機は、今のものとは違い、洗濯槽は洗濯をするだけ、それにいちどにたくさんは入れられない。
だったら脱水は…2本のゴムローラーの間に洗濯がすんだものをハンドルをまわしてひとつづつ通すんです。

それでも便利になったんだと思う、だってそれまではタライで洗濯してたから。

その頃は電化製品が家にひとつ増えるたびに、家族が全員まわりに集まってという感じだったなあ。

洗濯機が入った時のことを学校で詩にして入選したんだ、もうその頃から書くことだけは好きだったみたいです、他のことは何もかもパッとしなかったのに(^^)

投稿: nezimaki | 2006/04/15 11:35

 
nezimakiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>この3つが電化製品、3種の神器と持て囃された時代でした。

そうでしたね!自分が覚えているのは冷蔵庫がやって来た時です。
今だったら発泡スチロールでしょうけれど、木の角材を組んだもので囲われてるのが、いかにも大型家電品っぽくて、ヘンに覚えてます。

>2本のゴムローラーの間に洗濯がすんだものをハンドルをまわしてひとつづつ通すんです。

あはは♪そうそう!のしイカみたいに平ベッタくなって、ビロ〜ンと出て来るんですよね。脱水の洗濯ジワとか気にしてる人が見たら卒倒しちゃいそうですね。(笑)
私も、母が隣のおばさんと、タライで洗濯してたのうっすら覚えてます。
(家の前の井戸端ならぬ道端で)

>洗濯機が入った時のことを学校で詩にして入選したんだ、もうその頃から書くことだけは好きだったみたいです

さすがnezimakiさん!きっとその時のワクワクした気持が、素直に綴られてたんでしょうね。
私は、今でこそ楽しさが分かりましたけど、子供の時は作文とかが苦手で。
どうやって原稿用紙を埋めようかとばかり考えてました。(T_T)

体調の方は回復されましたか?お大事になさって下さいね。
 

投稿: nanbu | 2006/04/15 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/9563587

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機は紙吹雪:

« 背の順 | トップページ | 「糸へん」に込めた想い »