« かぐわしきストック | トップページ | 背の順 »

2006/04/07

風とともに…

Penpengusa「雨風をしのげる家があれば良い」
なんて言われるけれど。

雨はもちろん、風もなかなかに厄介だ。


花の写真を撮ろうとシャッターを押した瞬間、風が吹いてブレちゃったり。
この前のお花見でも、風に飛ばされた枯れ草がお弁当に入ってしまうのには閉口した。

春先に着る薄地のダスターコートは、防寒というより塵除けのためだし。
どうも、春には風がつきもののようだ。

そうやって、風は時々いじわるな顔を見せるけれど。
やっぱり、そよ風は心地良いし、風薫る季節は待ち遠しい。


意見を言い出しにくい組織は、「風通しが悪い」なんて言われるように。
風が吹かなければ、よどんだ空気は重くなる。

かと言って、台風を持ち出すまでもなく、強過ぎればその被害も侮れないし。
吹かなくても困るし、強過ぎても困るし。
その度合いによって、これほど印象の変わるものも珍しい。


それだからか、「風」が付く言葉は意外と多い。

「怪しげな風体」とか、「風采(ふうさい)の上がらない」なんて、身なりを表したり。
「風向きが変わる」、「どうした風の吹き回し」とかで、雰囲気や態度を表す場合も。

それが「風紀」になると、規範にまでなるし。
「風変わり」とか言ったりして、なかなか奥が深い。

「風評」を、「風の便り」に聞いてみたり。
「風説」、「風俗」、「風潮」で、ちょっと庶民的かと思えば。
「風刺」、「風習」、「風儀」とか、その領域は文化にまで及ぶ。

「風情」なんて「風流」な言葉があるかと思えば、「風雅」、「風格」で気品まで漂いだして。
そう言えば、「日本風」とかで「〜のような」って意味にも。


「風土」で、その土地の地質や気候を表すように。
風は、それだけ暮しと密接に結びついたものだったのだろう。
言い換えれば、昔から人々は、なんとか風と折り合いをつけようとしてきたのかもしれない。

いくら防風林でしのいでも、やっぱり風には抗えない。
そして「役人風を吹か」されたら逆らえない。

でも、「たけき人もついには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」……なんてね。


台風一過に、青空が広がるように。
光化学スモッグを、風が吹き飛ばしてくれるように。

イヤな事も、「風とともに去りぬ」となればいいんだけれど……。

3_29nosuporu
 
 
こぼれ種から芽を出した
ノースポール。(後ろ)
冬を乗り越えて
花を咲かせました。

|

« かぐわしきストック | トップページ | 背の順 »

コメント

わぁ~ 普段 意識せずに使ったり耳にしたりしてるけど
「風」のつく言葉ってこんなにあるんですね
nanbu@金田一先生 勉強になりました(^^)v

単に「風」という単語だけだと
冬に聞くイメージと春から夏にかけて聞くイメージではだいぶ違いますね
冷え性だから特にそう思うのかな(^_^;

>イヤな事も、「風とともに去りぬ」

心に「すきま風」が吹きませんように(^_^)

投稿: miki | 2006/04/07 21:18

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>冷え性だから特にそう思うのかな(^_^;

♪北風吹き抜くぅ〜 寒い〜朝もぉ〜
↑冬の朝起きた時、頭の中で吉永小百合さんがよくこの歌をお歌いになります。
北風は、冬の「風物」ですもんね。(笑)

最初、「風のいたずら」っぽい事を書こうとしてたんですけど。
(丸善石油の「Oh!モウレツ」のCMとかモンローさんとか)
あまりにも「風」のつく言葉が多いので、途中から「言葉の雑記」になっちゃいました。(^^;)

>心に「すきま風」が吹きませんように(^_^)

う〜ん。mikiさん、シブイですワ♪
逆風は「柳に風」と受け流しましょう。(^.^)
 

投稿: nanbu | 2006/04/08 08:14

nanbuさんとmikiさんお2人のコメントが、言葉遊びって感じで楽しい~(^^)
でも、ほんと「風」にまつわる言葉がこんなにあったなんて。
生活に密着したものほどそれに関係する語彙が豊富になるっていう現象、面白いですね。
また「風」が実に広範囲をしっかとおさえているのも興味深いです。

「北風」で私が思い出す歌「北風小僧の勘太郎」です。
それから春は「緑のそよ風」ネ。

投稿: ポージィ | 2006/04/08 12:40

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

「風」にまつわる言葉、自分でもこんなにあるとは驚きでした。
(しかも、ふだん無意識に使ってるんだろう事にはもっと!)

>また「風」が実に広範囲をしっかとおさえているのも興味深いです。

そうですね〜。
たとえば着るものでも、手触りのいいものを「風合いがいい」って言ったり。
「風雲児」はどの世界にもいますもんね。(^^;)

<「北風」で私が思い出す歌「北風小僧の勘太郎」です。
それから春は「緑のそよ風」ネ。

♪緑のそよ風 いい日だね(って歌詞が好きです。)(^^)
♪寒うござんす ヒュルルンルンルゥ〜
↑北風でも、この歌みたいのならちょっと可愛い感じですね。
(「風来坊」や・・・なんちゃって。)(笑)

投稿: nanbu | 2006/04/08 15:55

nanbuさん
おはようございます。

東京の桜も7分散りですが、今日は地元で桜祭りをやっているので「お花見」に出かけます。
nanbuさん家みたいに豪勢なお弁当はありませんが、今オリーブがおにぎりを握っています(あとはレンジでピー)。

楽しみなんですが、朝から凄く強い風が吹いているのですよ~(´ヘ`;)
予報では黄砂の可能性もあるとか…
ぽぱいはコンタクトレンザーなので風が大の苦手!
なんとか風がおさまってほしいです~。


そういえば聖子ちゃんが「風立ちぬ」という歌を唄っていましたが…
立ちぬってのは立たないって事なのでしょうか?
風といったらnanbuさん!

教えてネ(^_-)-☆

投稿: ぽぱい | 2006/04/09 09:27

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
先週の分まで、リベンジしてくださいね!

うんうん、おにぎりも美味しいですよね!(ジュル。←ヨダレの音)
ウチのお弁当に入ってたシュウマイも、レンジでピーですよん♪

あぁ、風ですかぁ…。(こちらの方はそれほどでもないんですが。)
ちょっと目にゴミが入っただけでも痛いのに。コンタクトだと余計痛いでしょうね。
ほんと、せめて行楽の時には風が穏やかだといいですね。

>立ちぬってのは立たないって事なのでしょうか?

イヤン♪きっと、「夏は来ぬ」と同じで、完了を表してるんだと思われマス。
(辞書を見てみたら、「動作・作用の結果が今もなお残っていることをあらわす。」んですって。)(・o・)

投稿: nanbu | 2006/04/09 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/9468667

この記事へのトラックバック一覧です: 風とともに…:

« かぐわしきストック | トップページ | 背の順 »