« 言葉質 | トップページ | お米 »

2006/04/28

ボール投げ

Hebiitigoトランス雑記その10

ゴールデンウィークに、ウチの子に誘われてキャッチボールをした。
久しぶりの事だけれど、知らない内にずいぶん上手くなっていて驚いた。

それは、休日の親子の当たり前の光景。
でも、自分には特別の感慨があった。

子供が上手になったのもそうだけれど。
そんな事をしている自分が可笑しかったのだ。


小学生の頃、全てにオクテだった私は当然スポーツも苦手。
「どこへ連れて行っても、紙と鉛筆さえあれば大人しく絵を描いていて、助かった」
と、母親からありがたがられる程だったのだから、活発な方ではなかった。

当然、体育の成績も芳しくなく「2」だった。
(というより、当時の相対評価では必ず「1」の子もいた筈で、よく「1」を取らなかったものだと思う)

みんなが楽しみにしていた体育の時間は、私にとっては苦痛なだけ。
とりわけ体力測定の「ボール投げ」が嫌だった。

他の項目は下手なりに何とかサマになるのだけれど。
「ボール投げ」だけはダメだった。
(あんなに人間に近いチンパンジーでさえ、下手投げしか出来ないのだから、どうも上手投げという動作は高度な動きなのではないかと思っている)

そして、その「ボール投げ」こそは、男の子がクリアしなければならない関門だった。


それでも成長するにつれ、なんとか出来るようになるのだけれど。
高学年になると、今度はボールがより大きなソフトボールになって。
小さな私の手からは、するりとこぼれてしまうのだった。

そんな私でも、中学からはやっとみんなに追い付いたようで。
成績も「3」になり、後半には「4」になっていた。
そんなだから、高校で10段階評価の「9」をもらった時の喜びはひとしお。

「小学生だった頃の自分に見せてやりたかったなあ……」と、しみじみ思ったものだった。

当然、「ボール投げ」にも期するものがあった。
ところが、高校になるとより大きなハンドボールになってしまうのだから……。
どこまでもボール投げには祟られたのだった。


子供にはそんな思いをさせたくないと、小さな時から何かと外遊びに連れ出していた。
お陰で、なんとか私の二の舞は演じずに済んだけれど。
やはり血は争えない。テレビゲームを覚えると、なかなか私の誘いには乗らなくなった。

そして、いつしか私の方も、強いて誘うような事はしなくなった。


そんないきさつから、「親子でキャッチボール」には、特別な思いがあったのだ。
バレーボールをちょっと小さくしただけのハンドボール。
それに比べれば、手の平に収まる小さなボールなど軽いものだ。

五月晴れの空の下、やっと「ボール投げ」の呪縛から解き放たれた、のどかな休日の午後だった。

'04年5月26日

|

« 言葉質 | トップページ | お米 »

コメント

息子が生まれたら キャッチボールをしたい。。
そう思うお父さんは多かったと思います

でも最近は 父と子でキャッチボールする姿を
ほとんど見たことありません
子供の数が減ったというのもあるし
野球よりサッカーに夢中になってる子もいますしね

ウチは野球少年だったので 日曜ごとに父と子でしてましたよ
でもそれは 微笑ましい光景というより
練習の一環としてだから かなりハードなものでした(^_^;
それでも 二人の姿を見るのは楽しみでもあり。。

きっと nanbuさんの奥様も 
父と子のキャッチボールしてる光景を見てたのなら
微笑んでおられたんじゃないでしょうか
そして息子さんは 一生忘れらない思い出になってると思います(^_^)

投稿: miki | 2006/04/28 22:49

nanbuさん、こんばんは~。
親子でキャッチボールをしている姿ってほほえましいですよね。

>知らない内にずいぶん上手くなっていて驚いた。

この気持ちよ~く分かります、たったの半年ぶりでも驚くほど球のスピードが速くなりますもんね~!
ズッシリきますよ、キャッチボール一つ取っても子供の成長の早さが実感できますね。
それと同じ早さで老けて行ってると思うと…(;^_^A

投稿: ぽぱい | 2006/04/28 23:21

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

私の場合、したかったというより、そのために腐心していた最終試験のようなものだったんですけど。
とても自分は適任者とは思えないし、どうしようと思ってたので。
「これでもういいんだ。」っていう開放感がありました。(女の子だったら「おしとやか路線」って手もあるけれど、男の子は出来ないと存在自体を認められないんですよねぇ…。)(T_T)

>練習の一環としてだから かなりハードなものでした(^_^;
それでも 二人の姿を見るのは楽しみでもあり。。

優しく見守るmikiさんの姿が、思わず「巨人の星」の明子ねえちゃんとオーバーラップしてしまいました。(^^;)
厳しさと優しさに育まれた息子さん、羨ましいです。
そんな日々が、先日の親子の会話につながっていったんですね。(^^)
 

投稿: nanbu | 2006/04/29 08:11

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>たったの半年ぶりでも驚くほど球のスピードが速くなりますもんね〜!
>ズッシリきますよ、キャッチボール一つ取っても子供の成長の早さが実感できますね。

うわぁ〜!全くその通りですね。(・o・)
グローブなしで、ただのビニールのボールを投げ合ってるだけなんですけど。
最近じゃ直線で来るし、重くなって。受けそこなうと手が痛いです。(^^;)

>それと同じ早さで老けて行ってると思うと…(;^_^A

はいはい。こっちに余裕があったのはこの時までで、今じゃもう追い抜かれてマス。
時折「もしや、いたわられてる?」と感じる時さえあって…。(T_T)
 

投稿: nanbu | 2006/04/29 08:22

nanbuさん
こんばんは~。
今日芝生の上で息子と腕相撲をしましたが、まだまだ楽勝でした。

そのうちに負ける日が来るのでしょうね。
(´▽`)アハハ~寂しいような嬉しいような微妙な感じです。

投稿: ぽぱい | 2006/04/30 22:32

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

ひそかに、「そうか!まだ腕相撲が残ってた。」
と、野望を抱いてしまった懲りないnanbuです。(笑)

芝生の上で腕相撲、いいですね♪
いかにもゴールデンウィークの風景って感じがします。
お天気がいい日の芝生の上は、どんなVIP席より気持良さそう。(^^)
 

投稿: nanbu | 2006/05/01 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/9798687

この記事へのトラックバック一覧です: ボール投げ:

« 言葉質 | トップページ | お米 »