« 粉/豊かさの始まり | トップページ | 笑気ガス »

2006/05/10

争いの種は尽きまじ

Erigeron_rabenda前回は、小麦粉の登場と食糧の確保だったけれど。

日本の場合は、主食と言えばやっぱりお米。
八十八夜も過ぎて、いま田植えの準備が進んでいる。


ところで、日本の歴史でまず習うのは、縄文時代と弥生時代。

そんな土器があったなぁ。くらいにしか思わなかったけど。
この二つの時代には大きな違いがあった。

まず、なんと言っても弥生時代に稲作が始まったのが大きい。
それまでは、狩りをしたり木の実を採ったりの採集生活だったものが、田んぼで稲を生産できるようになったのだから。その日暮らしの生活から、計画経済への第一歩を踏み出した、と言ったら言い過ぎだろうか。


今の生活でも、たくさん頂き物があった時。
それが生もので日持ちしないものだったら、「とても食べ切れないし、おすそ分けでも……」なんて考える。
ちょうど縄文時代に、大きな獲物を皆で分け合ったように。

それがもし、保存の効くものだったら……。
「残ったら後でまた食べよ」と、一人占めしたくなるのもまた人情。
貯める事ができるというのは、貧富の差をもたらすという側面を持っている。

弥生時代には、稲作によって生活が安定するのと同時に、それをめぐって争いも起こりだしたという。

どこの田が水を引くか等の駆け引きには、集団が大きな方が有利だし。
集団で農耕するにはリーダーも必要だろう。
そうやって、小さな集落が村になり、国になり、古墳時代に続いていったそう。


のどかだった縄文時代の生活に、稲作が豊かさと同時に争いを持ち込んだ。

その集団が大きくなればなるほど、その文化が発展すればするほど、争いの種が増えていくのは避けられない事なのだろうか。
のどかさと引き換えにしなければ、豊かさを手に入れられないのなら。

世に争いの種は尽きまじである。

|

« 粉/豊かさの始まり | トップページ | 笑気ガス »

コメント

nanbuさん
こんばんは~。

>のどかだった縄文時代の生活に、稲作が豊かさと同時に争いを持ち込んだ。

う~ん、流石nanbuさんですヽ(^o^)ノ
とっても順序よく分かりやすい説明で、よーく理解でしましたよ♪
歴史の先生がnanbuさんみたいな人だったら良かったのにな~。

貯める事ができる→貧富の差をもたらす

確かにそれは言えますね。
でもこれも自然の成り行きですから仕方のない事ですよね~。

ぽぱいは小麦粉製品は大好きですよ♪
(炭水化物は誰でも好きですよね…)
でも炭水化物って太るらしいですね。

ごはん
ラーメン
うどん
そうめん
パン

好きな炭水化物は、みんな最後に“ん”が付く~!

投稿: ぽぱい | 2006/05/12 20:14

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も、ウチの子の『漫画日本の歴史』を読んで「あ、そうだったんだぁ。」と。
だから偉そうな事は言えないんですよ〜。(^^;)

>でもこれも自然の成り行きですから仕方のない事ですよね〜。

やっぱ、がんばった人が報われないと、労働意欲が低下するのは避けられないですもんね。
(東西の壁も崩れちゃいましたし。)

>好きな炭水化物は、みんな最後に“ん”が付く〜!

あ、ホントだぁ〜!(・o・)
ぽぱいさん、スゴイ。「炭水化物"ん"の法則」?
自分でも考えたのに、一つも思いつきませんでした。(T_T)

食べないで運動しないより、美味しいものを食べて、その分カロリーを消費すればノープロブレムですよね♪

投稿: nanbu | 2006/05/12 22:27

nanbuさん、こんにちは。
「米」はこういう方向から攻められましたか。
稲作が人間の争いごとを増やしたと。なるほどね~。
狩猟でも争いごとは起きそうですが、稲作が広まってからのほうが、
争いごと大量発生時代に突入したのかもしれません。
それまでより生活は豊かになったかもしれないのに…

人間の本質ってなんなんだろうと、ふと、考えてしまいました。
ちなみに私は自分はケチだと思ってます。貰うのは好きだけどあげたくな~い。

投稿: ポージィ | 2006/05/13 09:59

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も意外だったんですけど。
助け合わないと生きて行けないような環境の縄文時代だと、生きるだけで精一杯だったんでしょうか。
危険な獣もいっぱいいたでしょうし、人間同士で争ってるヒマがなかったりして?(^^;)

>貰うのは好きだけどあげたくな〜い。

うふ♪私もあげるより貰う方が好きで〜す。
ただ、プレゼントを選ぶのが楽しいように、「喜ぶ顔が見たい。」「喜んでもらえて嬉しい。」と思う気持も人間の本質かな?なんて。(^.^)
貰って嬉しい、喜ばれて嬉しい。が、うまく回転してる時は、気持良く「おたがい様」と思えるんですけど、そうそう都合よく行ってくれないのも世の常でしょうか。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/05/13 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/10000449

この記事へのトラックバック一覧です: 争いの種は尽きまじ:

« 粉/豊かさの始まり | トップページ | 笑気ガス »