« ありのままに | トップページ | 水が出ない »

2006/06/30

水先案内人

6_10aka2000号達成を機に
サイトがリニューアルオープンされた
デジタルクリエイターズさん

今回は4月11日[#1955]に掲載していただいた一文をUPしました


………………………………………………………

●水先案内人

デザイン会社にいた若かりし頃。
私が机に向かってイラストを描いていたら、そばで見ていたコピーライターの女性がこう言った。

「イラストはイイわよね。みんなに見てもらえて……。」

「……え?」

その時、私はその意味が分からなかった。でも、描きながらその事を考えているウチに、その人が何を言いたかったのか、なんとなく分るような気がしてきた。画像は「見る」だけで済むけれど、文字は「読む」というプロセスが必要。

タイトルなどの大きな文字は読んでもらえるけれど。やはり細かい本文の文字は、「読もう」という気になってもらわないと読んでもらえない。

もしかしたら、そんな事を言いたかったんじゃないだろうか……。そしてその時に、自分はイラストの役割を知ったような気がする。

書店に平積みされている単行本を何となく見ている時。タイトルと一緒に、やはり表紙の絵や写真が目に入る。そこに惹かれるものを感じた時、初めてその本を手に取るのではないだろうか。

雑誌をパラッと開く。その時まず目に飛込んでくるのは、絵や写真等のビジュアルだろう。そしてタイトルを読み、面白そうだと感じた時、本文の細かい文字を読もうという気になる。

そう考えると、ビジュアルというのは一種の水先案内人のような気がする。その本を手に取ってもらう。そして本を開き、肝心の中身を読んでもらうための。

リレー競技でも、バトンをスムーズに受け渡すのは重要な要素。同じように、いかにスムーズに本文にバトンを渡すかが役目のような気がする。

カットイラストの場合、その文章に即した絵が求められる。どんな内容なのかが一目で分かるように。

ただ、全部を説明してしまってはいけないとも思っている。本文を読む前に、絵を見ただけで分ったような気がしてしまうから。

たとえば、話しの途中でやめられたら気になるでしょ?
「ちょっとぉ、言い出したんなら最後まで言ってよ」みたいな。

それと同じで、「え?どういう意味なんだろう」と、ちょっとだけナゾを残しておく。そして、その答えを本文の中で探してもらう……。

なんて、それはあくまでも理想的なパターン。現実は、そんなに甘くはないんだけれど。

それだからこそ、上手くバトンが渡せたと思えた時。そんな時は、一人ひそかにニンマリしている自分がいる。

旅人を無事目的地に送り届け、その背中を見送りながら、案内人がゆっくりと煙草をくゆらせるように。

|

« ありのままに | トップページ | 水が出ない »

コメント

毎度お久しぶりです。

>やはり表紙の絵や写真が目に入る。
今は作家買いしてくれる程本が売れてないから、表紙はかなり重要ですよね。

良い本でも、どんな感じの内容か臭わせないと意味がなく、とにかく手に取ってもらう為には一番オモテが重要なのだ。

>どんな内容なのかが一目で分かるように。
うまく伝えて欲しいけど、目立ち過ぎもダメなど1枚のイラストに色々な制約と思いが込められてるコトを時々感じます本屋で。

>上手くバトンが渡せたと思えた時。
大衆の喝采でなくだた一人の理解者と言うか、こうジワジワと嬉しいですよね、私的ネタですが、ポスター等あえて空けた白いスペースを全体のバランスとして理解してもらえると妙に嬉しい。

そういえば私は何故か子供の頃から、イラストが描ける人とピアノが弾ける男は無条件で尊敬してる。

頭の中と言うか伝えたい根本をザッと絵に描けたり、音にできる才能は全てを超越できると信じているから。

投稿: くさなぎ | 2006/06/30 22:43

 
くさなぎさん、コメントありがとうございます。(^^)

ハッキリ伺ったわけではありませんけれど、
くさなぎさんはグラフィックデザイナーをなさっているんですよね。

>大衆の喝采でなくだた一人の理解者と言うか、こうジワジワと嬉しいですよね、

例えば、歌手とか演奏者は舞台でスポットを浴びる瞬間がありますけど。
製作側の人間は、自分の作品にそれを託すしかないから、一人でニンマリするしかないんですよね。(^^;)
白いスペースにも、センサーのレーザー光線みたいに、目に見えないバランスの糸がピンと張り巡らされてて。その力の均衡が、画面に緊張感を与えるんですが。そんな「余白の美」をわかってもらえたら、こたえられませんよね♪
(逆に、「埋め草を入れて。」とか言われると悲しいです)(T_T)

ビジュアルと一口に言ってもさまざまで。
グラフィック(平面デザイン)にも「エディトリアル(編集)」と「アド(広告)」があって、それぞれに違いがあるから、一概には言えませんけど。
目に留めてもらわない事には始まりませんもんね。

ちなみに私は、よくデザイナーさんから
「伝えたい根本をザッと絵に描いて」もらっていますよ♪(^.^)

投稿: nanbu | 2006/07/01 09:37

こんにちは。
このお話を読ませていただいて、パッと目の前が開けたような気持ちに
なりました。
本の表紙、広告、ポスター、絵本の挿絵などなど、イラストや写真と
文字とのコラボレーションはいたるところにあるのに、こういう目で
意識して眺めたことはありませんでした。
感覚的に物事を捉えるタイプというせいもあるんですけれど。

まず、イラストや写真が人の目を引きつけ文字へといざない、両者一緒になって
さらにその先へと誘いをかける水先案内人。
するどいですねー。言われてみればその通りですね!
私も知らず知らず、自分の好みや興味と、水先案内人のいざないと
全てを感覚として捉えているのでしょうね。

何も知識を持たずに、何かいい本ないかなぁ…と本屋さんで文庫本を
物色するときの自分の目の動きを思い返してみました。
まず表紙の絵や写真とタイトルをパッと一度に見る、帯の文字を読む、
ひっくり返して裏表紙のあらすじを読む、解説を読む、本文をぱらぱらと
めくって眺め、少しつまみ読みする、読みたいかどうか判断を下す。
こんな感じです。

絵ばかりが主張してもいけない、文字(文)も伝えすぎてはいけない、
そして次へと繋いでいく絶妙なバランス…それをしているのがプロの方たち
なんだなぁ、と職人仕事を見るのが大好きな私は、大いなる感動を覚えました。
_ _ _ _ _

マンションの断水、大変でしたね!お風呂の残り湯があってせめてもでした。
でなかったら脱出しなきゃならなかったかも。
普段何気なくしている手洗い、洗いたいときに洗えないとなると…
うぅ お察しします。
災害時への備えのためにも水の確保とウェットティッシュの常備を
お勧めします(^^)

(すんごい長いコメントになってしまってごめんなさい!!)

投稿: ポージィ | 2006/07/03 14:10

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

あんまり面白いお話じゃないかなぁ…。
と、UPするのを控えてたんですが、じっくり読んでいただけて嬉しいです。
(ブログの記事を書くようになってから、読んでもらえるありがたさが、シミジミわかるようになりました。)(^^;)

イラストや写真と文字とのコラボレーション。確かにそうですね。
一つの印刷物にも、多くの人達の手がかかってて。
私は末端の立場ですけど、それを束ねる人達は大変だと思います。

そうそう、帯!(・o・)
帯に書かれているコピーや推薦文も効きますよね。
(ついふらふらと買いたくなってしまいます。)(^^;)

ポージィさんは、解説まで読んじゃうんですね。
(私はデザートにとっておくタイプで〜す。)(^.^)
やはり、どれ一つを取ってみても気は抜けませんね。

>災害時への備えのためにも水の確保とウェットティッシュの常備を
お勧めします(^^)

あ、今度非常持ち出し袋の中に、ウェットティッシュも入れる事にします。
ペットボトルの水も、断水時に使う事にすれば、賞味期限切れを防げるかもしれませんね♪

投稿: nanbu | 2006/07/03 17:02

という事はnanbuさんは水先案内人なのですね~。

一番先に目に飛び込んでくる、たいへん重要な役目を担っているお仕事をされていらっしゃるのですね~。
>ビジュアルというのは一種の水先案内人のような気がする。

う~ん…
よく分かります~!
ぽぱいは本を読むのが苦手なので、何かを調べたい時はなるべく写真や絵の多い本を買います(子供みたいでしょ)。

HPやblogも同じかもしれませんね。
よ~し、今度からオチの画像をトップに持ってきて目をひこうかな?


(x_x;)☆\( ̄ ̄*)バシッ 意味ないじゃん!

投稿: ぽぱい | 2006/07/03 22:00

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

確かにHPやblogも、せっかくなら目に留めてもらいたいですもん。
同じですよね。

>何かを調べたい時はなるべく写真や絵の多い本を買います(子供みたいでしょ)。

あん♪私もおんなじ!お子ちゃまで〜す。(^o^)
写真や絵が多い方が楽しいしぃ。(カラーならもっと嬉しい)
得にハウツー本で練習する時は、文字だけじゃわからないし、楽しくないですぅ。(^^;)

>よ〜し、今度からオチの画像をトップに持ってきて目をひこうかな?

あ、最近の歌も、その手をよく使ってますよね。
最初に聞かせどころのサビを持ってくるっていう。
最初と最後にサビがあるドーナッツ型。(サンドイッチ型?)
カラオケの時は、しょっぱなからトップギアでスタートしなきゃならないから、大変ですけど。(でもそれが快感だったり?)(笑)

投稿: nanbu | 2006/07/04 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/10731187

この記事へのトラックバック一覧です: 水先案内人:

« ありのままに | トップページ | 水が出ない »