« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

ノンフィクション

Yaburanトランス雑記その19

私を含め、世の中には恐がりな人がいる。
でもその恐がり方には、2パターンあるような気がする。

ホラー映画が怖いという人と、血を見るのが苦手という人。


「どこが違うの?」と言われそうだけれど。
両者には歴然とした違いがある。

ちなみに、私は後者の方。

テレビのドキュメンタリーなどで、たまに出てくる手術場面。
これがどうも苦手だ。(子供の頃も、怪我をした痛さでは泣かなかったけど、そこから血が出て来るとたまらずに泣き出した)

でも、ホラー映画は平気。

つまり、ノンフィクションと作り物の違いである。
映画でどんなに血みどろになろうが、それは作り物として受け流せる。

そりゃ、無気味な音楽で不安を煽っておいて、大音響と共にいきなり「血みどろ」が出てくれば、「ワオ!」と声を漏らす。
が、それは「怖い」と言うよりも、「びっくりした」に近いだろう。

その辺りが、夜中に一人でホラー映画を見られない家内とは対照的だ。
(なのに家内は、手術場面にモザイクがかかるのを残念がる)

どうも両者には、決定的な違いがあるようだ。


何を血迷ったか、去年('03年)「人体の不思議展」を見に行ってしまった。
母子で行くのに付き合ってしまったのだ。

この展覧会、行かれた方も多いと思うけれど。
人体を特殊な樹脂で固めた標本(と言うのは憚られるが、他に言葉が見つからない)が、多数展示してあった。(中には、2〜3cm幅に輪切りにして、ズラッと並べてあるものまで)

満員の会場に、一歩足を踏み入れた瞬間、後悔した私。
案の定、その後一週間程は、ハムを食べるのが辛かった。


さて、スーパーでの事だ。

買い物をする家内を、ペットフード売り場で、息子と二人待っていた。
すると、何気なく商品を見ていた私の目が釘付けになった。
そこにあった「ビーフジャーキー」の質感が、あの「筋肉まる出し」の標本に酷似していたからだ。
「ウッ」と思った瞬間、背後から「うまそう……。」という息子の声が聞こえた。

何というデリカシーの無さ!

親であるこの私がたじろいだ、その同じ物を見て、食欲をそそられるとは……。
しかもペットフードにである。

その逞しさは頼もしいかぎり。
……でも。

その時振り向いた私の目には、別の種類の人間を見るような、畏怖の色が浮かんでいた筈だ。

'04年7月29日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/28

飛んで○に入る夏の虫

6_22isotoma考えてみれば、結婚生活も四半世紀。

その間には、生活環境も変わったし、習慣もずいぶん変わった。
なんたって、夜型だった私が朝型になっちゃったくらいだから。

でも、一つだけ変わらない習慣がある。
それは、夜のコーヒータイム。
就寝時間は変わっても、なぜかコレだけは変わらない。

まぁ、それをブラックで飲めば、「通」なんだろうけれど。
しっかりミルクとお砂糖を入れちゃうトコが、ただのコーヒー好きの悲しさ。

どうやら、その味を楽しむと言うより、コーヒーを淹れるという行為。
それ自体が、一日の締めくくりにふさわしく感じられるのかもしれない。


夕飯と、その洗い物をするのは家内。
だから、なんとなくコーヒーを淹れるのは、私の役目に。
水切り棚の食器を片付けてから、コーヒーカップを出し、おもむろに準備を始める。

ただ、私が忙しい時は、家内が先に食器を片づけ出す事もある。
そんな場合、そのカチャカチャという音で「あ、そろそろ時間かな?」と私は腰を上げる。

とはいえ先日は、なかなか仕事のキリがつかなくて。
家内はコーヒーの準備も始めたようだ。
(ってか、私の機嫌がコレ以上悪くならないようにと、自衛手段に打って出た)


「できたわよ」の声に、私がテーブルに着くと、そこには香り高いコーヒーが。

うん、人に淹れてもらったコーヒーは、また一段と美味しく感じる。
なんて思っていたら。

目の前に、いきなり3、4cmくらいの蛾が現れた。

いったい、どこから入って来たんだろう。
ほんの小さな羽虫でも気になるのに。
こんな大きなのが、テーブルの上をバサバサ飛び回るもんだから、鬱陶しい事はなはだしい。

これで鱗粉までまき散らされちゃたまんない。
こちらはカップを手でふさいで防戦一方だ。

しかし、テーブルに降り立った蛾が、やにわに暴れ始めた時、それは起こった。
なんと、蛾はカップにかざした家内の手をすり抜けて、あろうことか、そのままその中にダイブしたのだ。

……こんな事が許されていいのだろうか。

日中の暑さを乗り越え、やっと訪れたささやかな憩の時間。
そこに供された淹れ立てのコーヒーが、一瞬の内にカフェイン漬けの蛾に変わってしまうなんて……。

あまりの事に、今回はオチすら考えつかない。


……とか言いながら。
最近は、ネタにさえなれば許してしまう大らかな私。
美味しいコーヒーは半分コになっちゃったけど。
これは、ある意味オイシイ出来事だったのかも♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/07/25

嘆きのヒザ小僧

6_24sijimi土用だと言うのに。
今年は雨模様の涼しい日々が続く。

けれどその前には、夏のような陽気になる日もあった。

そんな梅雨の晴れ間。
直射日光は帽子で防げても、地面からの照り返しが暑い。足下からはムッとした熱気が立ちのぼる。

いつも、ウォーキングの時はジーンズだったけれど。
足にまとわりつく厚いデニム地が、鬱陶しく感じるようになってきた。

そこである日、タンスからショートパンツを引っぱり出して履いてみることに。


去年ユニクロで買った、スポーツウェア風のそれは、いかにも涼し気。
だが、出かける前に鏡で見てみると、剥き出しの毛ズネに、ゴツゴツしたヒザ小僧が痛々しい。

あぁ……。

若い頃は、五月になったら待ちかねたように、いそいそと短パンを履いたものなのに。
それが最近は、よっぽど暑くならないかぎり履かなくなっていた。
もしかしたら、それはこのせいなのかもしれない。

そりゃ、着替える時には目にしてたハズだけど。
きっとこれは、見て見ぬ振りをしてたに違いない。

昔は薄肉で覆われていた、膝の関節もあらわになって。
今じゃハリを失った皮膚が張り付いているだけ。
日頃ズボンで隠されていたものが、白日の下に晒されて。
身の置きどころなく縮こまっているではないか。

かつては、このヒザ小僧にも若さが宿っていたものを。

健康はもちろん、水や空気のように、あって当たり前のものや、いつも見慣れているもの。
そんなものに対しては、失ってみないとそのありがたみに気づかない。
これは、人間の一番の欠点ではないだろうか。


ヒザ小僧との思わぬご対面で、一旦は挫けそうになったものの。
この暑さを思えば背に腹はかえられぬ。

結局そのままウォーキングに突入したけれど。
履いてみると、やはりこの爽快感は捨てがたい。

それからは、逡巡したのが嘘のよう。
ショートパンツが当たり前になってしまった。
(やっぱり、ラクチンなのが好き♪)

今じゃスッカリ、このヒザ小僧とも顔馴染み。


たしかに「慣れ」てしまうのは人間の大きな欠点かもしれない。
しかし同時に、心強い味方でもあるらしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/22

江戸東京博物館

Jioramaトランス雑記その18

春休みに両国の江戸東京博物館に行って来た。

子供が今度入った中学の入学前の保護者説明会で、「お休みを利用して博物館に行ってみましょう」というお話があったから。
素直な私達一家は、そのお言葉に従ったのだ。


建物だけ立派で内容が乏しかったりして……。
と、いけない想像をしていたら、とても充実した内容で、充分満足できた。

当時の道具等が展示されたりしてるのは想像の通り。
でも、原寸大の橋や、建物の一部が復元されていたり。
ミニチュアで再現された江戸の町並みや、港の巨大ジオラマまであって。
ちょっと感激してしまった。
(大きなそれの細部を、良く見るための双眼鏡まで置いてあるという、行き届いた配慮はありがたかった)


趣向をこらした構成を愉しみながら巡っていくと。
最後の方では高度経済成長が始まった頃の、庶民の生活を模した展示もあった。

父親が乗っていたスバル360を見た時には思わず笑ってしまったけれど。
その、ドアノブから突き出した丸いキーの差し込み口。
細くて頼りないハンドル。
そんな細部を懐かしく眺めていると、昔父の運転で、夜通し千葉の海まで走った事を思い出したりした。

また、当時の茶の間を再現したコーナー。
そこには、全体の大きさの割に、小さくて丸いブラウン管のテレビとかも。
そんな一つ一つに、大いに郷愁を誘われたのだった。

ただ当時はその上に、うやうやしくゴブラン織りのカバーが掛けられていて。
テレビを観る時だけそのカバーを上げたものだけれど。
それが無かったのは、唯一惜しまれる。


そうやって、しばし浸った懐古の情。

しかし、自分の幼少時の生活が、博物館の展示足り得るという事実。
それは、帰る私を少々寡黙にもしていたのだった。

'04年6月22日

Hinakazari

 
上の写真が巨大ジオラマ
左が当時の雛飾りの小物
やはり漆塗り?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/19

晴天の霹靂

Karaとは、先日のような事を言うのだろうか。

霹靂(へきれき)が雷の事だと知ったのは一昨年。
その時も、やっぱりそうだったけれど。
一天にわかに掻き曇り、いきなりピカッ、ゴロゴロっと来た。

それでも、土曜日の雷ほどではなかったはずだ。


その日は、朝からジリジリと夏の日射しが照りつけて。
起きた時には、すでに温度計が30度以上をさしていた。

もともと日中は、リビングの冷房の効きが悪くて、ほとんどつけない。
その上、ここ数日は寝てる間中クーラーをつけっぱなしだから。
これで朝からエアコンのお世話になってたら電気代が心配だ。

「梅雨は明けてるんじゃない?」とボヤキながらも、家内は用事があると出掛けて行った。
ウチの子も、スイミングの室内プールに行くと言う。
こんなに暑くちゃ昼寝もできない。
午前中の仕事を切り上げた後、一人残った私は、うちわ片手に涼しい場所を求めてウロウロしていた。


すると、やがてどこかからゴロゴロ……と雷の音が。
ふと見上げた空には、暗雲が垂れ込めている。

……これは。
私が心配していると、タイミング良く家内が帰ってきた。
(この人は、いつも本当に運がイイ)
ウチの子はまだプールだと告げると、心配した家内は迎えに行くと言い出した。

迎えに行くと言ったって、それはプールサイドにいればの話。
更衣室にいたら行き違いになるし、とりあえず室内なら安全だ。
(この人は、雷になると冷静な判断力を失う)

私が説得していると、やっとウチの子がプールから戻ってきた。
なんでも近くのコンビニに寄り道して、少年ジャンプを買ってたと言う。
(ホラ、行き違いになるところだったじゃない)


さて、それからが大変。

ゴロゴロ……ドーン!と、こもった音に聞こえるのは遠くの雷。
近くだと、それがシャラシャラ、バーン!と乾いた音に聞こえる。
一気に大雨になったかと思うと、ピカッ!シャラシャラ、バーン!の大競演が始まった。

こんな時、いつもは騒ぐ、雷嫌いの家内だけれど。
今日はその元気もないらしい。
寝室にこもったままグッタリしている。
それも無理はない。私だって、ここまで激しいのは初めてだし……。


そうやって、雷が溜まっていた熱気を発散し尽くすと、一気に涼しい風が吹いてきた。
ヤレヤレ。雷はイヤだけれど、その後にやって来るこの涼風だけはありがたい。

今のウチにと、早速昼寝した私。
でも、寝る時はあんなに涼しかったのに、起きてみたらリビングには元の熱気が……。

いったい、あの騒ぎは何だったのだろう。

……元の木阿弥(もくあみ)。
そんな言葉と共に、徒労感と汗が一気に吹き出してきた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/16

気分は子猫ちゃん

06kasaburanka1ウォーキングを始めた頃。
いろいろ工夫していたのはこんなこと。

あちこちコースを変えていたのは、前にも書いたけど。他にも、一つの目標を立てていた。

姿勢よくキレイに歩こう!

目標があればガンバリ甲斐もあるってもん。

でも、それがあまりにも大きな目標だと途中でイヤになっちゃう、というのは今までにも散々経験してきたこと。
だから、頑張ればなんとかなりそうな、ほどほどの目標設定にしたのだった。


去年の記事を読み返すと、「これで姿勢が良くなったら一挙両得」なんて書いてある。
足を前に放り出す感じで……。とも。

でも、後ろに残した足も重要だと、ほどなくして気がついた。
真直ぐに伸ばしてからつま先で地面を蹴ると、より早く歩ける。

それ以上に見た目が美しい。(コレは外せない)

その気になりやすい私は、自分が何をすれば喜ぶか、大体わかっている。
そして、その気になるのはタダ。というのも大きな魅力。
歩き方だけなら、なんとかなるかも。

ということで、鼻先にぶら下げるニンジンは、これに決めた。


彼方に続く土手の道は、ファッションショーの花道。
(ちなみに、今どきはキャットウォークと言うんだそうな)
サイクリングロードに立った瞬間、気分はウォークスルーの子猫ちゃんである。

帰りには、スーパーのガラス窓に映る姿で、歩く姿勢をチェック。
そんなことを続けるウチに、ドアを開けて外に出た途端、姿勢が「お外モード」に切り替わるようになってきた。

とりあえず、外にいる間だけは姿勢が良くなったようだ。
これはかなり嬉しい。

さらに、歳と共に活躍の場を奪われた私の大臀筋は、引力に逆らうことをやめて久しいが、それがまた向上心を見せ始めた。
どうやらヒップアップにも効果があったらしい。
これも、かなり嬉しい。


しかし、現実はそんなに甘くなかった。

ある日お店に入ろうとした時、ガラスのドアに自分の姿が映っていることに気がついた。
「そうだ、正面からもチェックしなくちゃ」
と、よくよく目をこらしてみると。

そこに映っていたのは、ガニマタで歩いてくるオジサンの姿。

あぁ……。やっぱり子猫ちゃんは無理だった。
こうして、私のつかの間の夢は、儚くついえたのだった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/13

雀の置き土産

Terakotta2バルコニーにいたら、また「チュンチュン」というスズメの鳴き声がした。

イヤに間近から聞こえて来るのも、前回と同じ。
ただ、この前と違うのは、その姿が見えないって事。

「もしかしたら……」
その時、ある考えが浮かんだ。


ウチにあるコノテガシワの鉢植え。
大きい方は、青いプラ鉢なのがイマイチで。
ひと回り大きな、テラコッタの植木鉢を鉢カバー代わりにしてるのもある。

もしかして、その隙間に落っこちちゃったんじゃぁ……。

いくら翼があっても、羽ばたくスペースがなければ飛べないし。
足でジャンプしたって、とても上まで跳び上がるのは無理。
まさかと思いつつ、その隙間を覗いてみると……。

その、まさかだった。

猿も木から落ちる。
スズメが隙間に落ちたとて、何の不思議があろうか。
暗がりの中で、黒い瞳がこっちを見上げているではないか。

……カ、カワイイ!

イヤ、当人にとっては、そんなのは何の慰めにもならないだろう。
不安そうに、身動きもとれずにジッとしている。

ハイハイ、オジサンが今助けてあげますよ。

とはいえ、鉢が大きいだけにケッコウな重さがある。
下手に動かしたら潰しちゃいそうだ。
渾身の力を込めて、そぅっと、慎重に持ち上げた。
すると、待ってましたとばかりに、スズメは飛んで逃げて行った。

……はぁ、そりゃそうでしょうね。

舌切り雀じゃあるまいし、ツヅラを置いてけなんて申しません。
ただ、こう、なんて言うんでしょ。
お愛想の一つくらいあったって……。


……でもね。
そんな事だろうと思って、助ける前にシッカリ写真だけは撮らせていただきましたヨ。
うん、なかなかにエグかった私。

そうか。
あのスズメは、ちゃんと置き土産を置いてってくれたんだ。

こうやって、ネタにできたんだから。

Otitasuzume
 
 
これがその時の写真
つぶらな瞳が可愛い

そして上の写真の
一番奥が問題の植木鉢

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/11

メンテだそうです

7月11日(火)の14:00〜7月13日(木)の14:00まで、
ココログは48時間のメンテナンスに入るそうです。

特に夜間に悪化する、レスポンスの改善のためだそう。

そういえば、なかなかログインできずに諦めたこともあったし。(今も!)
昨日今日はコメントを書き込むのにも時間がかかって。
ご迷惑をおかけした皆様、ごめんなさい。
今回のメンテでそれらが改善されるのを願います。


まるまる二日間は長いですが、メンテ明けにアップが集中してダウン。
それで再度メンテに。
なんてこともあったので、万全を期すためもあるんだそう。
でも、そうなると次に更新できるのは早くても13日の午後から。
それじゃぁちょっと間があいちゃうし。

ということで、今回はお知らせの記事をアップして、つなごうと思ったんですが……。


今朝からトップに知らない人の記事が!(・o・)
でもって、前回の記事がどっかに行っちゃった。

……と思ったら、また直ってる。

どうなっちゃってるんでしょう?(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/09

絶対音感

Soto_baraトランス雑記その17

「英語の学習は小さい内に始めた方が良い」

という理由で幼児教育が盛んだけれど。
どうやら、それは言えているらしい。

先日読んだ新聞にも、専門家の方がそんな事を書いていらっしゃった。

なんでも、脳の中で専門的な分野が発達する時期というのがあって、小さい内に学習を始めると、その分野のモジュールの分化が進むのだという。


確かに、正しい日本人である私は、自分が発音する時には意識できても(カラオケでも、英語のフレーズが出てきたりするでしょ?)、聞く時にはRとLの音は聞き分けられない。
三味線や日本舞踊など、昔からあるお稽古事でも、「六歳の六月六日に始めると上達する」などと言われるのは、そんな理由からなのだろう。(ちなみに、6月6日は「お稽古の日」だそうな)


「小さい内から始めた方が良い」ものと言えば、音感を必要とするピアノなどが代表的。
小さな頃からエレクトーンを習っていた私の姪は、絶対音感なるものを持っている。
私が適当に鍵盤を叩いても、「高い方のド」とか即座に答え、百発百中だった。
(私が真似しても、道しるべのない音の森に放り出されたようで、まったく五里霧中だったのに……)

当時実家にいた私は、姪が使っていた教本を借りて練習したものだけれど。
大きくなってからでは、なんとか曲を弾く事は出来ても、音感までは無理なようだ。


うちの子にも、小さい頃にキーボードを与えたりした。
でも、見向きもせず。(挙げ句に壊されました)(ToT)
さらに、同じ幼稚園のお母さんから英語を習ったりしたけれど、それも長続きしなかった。

やはり、好きでなければお話にならないようだ。


まだ、よく喋れない頃の「ア」と「エ」が混じったような喃語。
歯と歯で舌を挟んで「さしすせそ」を発音していた我が子なのに……。

それが今では、明晰で美しい日本語を話す。

'04年6月6日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/06

病院に行こう

Monsiro3先週がヤマだと思っていたら。
そうは問屋が卸してくれなかった。

わき目もふらずに頑張って、重なった締切りにも、なんとか間に合わせたけど。
あいかわらず直しは入リ続けるし、新たな物件も。

いつになったら……。

緊張の糸が切れるってのは、こういうのを言うのだろうか。
ふいに、張り詰めていたものが、プツンと切れてしまった。
集中の極致から奈落の底へ。

……だるぅ。

何もする気にならず、ひたすら落ち込んでいた週末。
しかし、ジタバタするのをやめて、落ちるトコまで落ちたら、やっと落ち着いてきた。
こうなったらもう、目の前の事を一つずつやっていくしかないや。


ふと気づくと、月が変わってるし。
あぁ、請求書も書かなきゃ。
(いくらお仕事しても、請求書を出さなきゃお金はもらえないんだった)
明日になったら、出来上がったものだけでもメールで送って、直しもFAXしよう。
そんな風に、次の日にやるべき事を整理しながら、床についた日曜の夜。

そして、一夜明けて月曜の朝。
朝一から夕べ立てた予定をこなして、請求書を書いて。
そしてもう一つ、やろうとしていた事が。

……病院に行こう!


一口に言えば、「忙しさにかまけて」って事だけど。
やっぱり、行かないでいるウチに敷居が高くなっちゃった、というのが正直なところ。

最後に病院に行ったのは一月。
「二月は忙しい」なんて言ったまま、もう半年もサボってる。

よく考えれば、あれからずっと突っ走ってきたのかも。
それが今回コケて、ようやくやり直す気持になれた。
転んでもただじゃ起きないというか。
どうせ起き上がるんなら、何かを拾ってからにしたい。


行きがけに、書いたばかりの請求書を出して。
案の定ポストを素通りして、引き返したけれど。
それでも笑って済ませられたのは、やっぱり気持に余裕ができたのだろうか。

しかも怒られるのを覚悟で行ったら、その日はいつもと違う先生。
(自分にとっては、ある意味ラッキー!)
間が空いたので、問診票を書いたり、一からの出直しだったけど。

でも、やっとまた、元のスタートラインに立てたのかもしれない。
 
Monsiro1
 
 
モンシロチョウは警戒心が強くて
今まで写真には撮れずじまい
この子は少し色が入っている分
のんびり屋さんだったのかも

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/03

水が出ない

6_10siroある日のこと。

ウォーキングから帰ると、マンションの敷地に商業車が停まっていた。
そのかたわらには、業者さんと思われる作業着の人とスーツ姿の営業マン。

「お騒がせします」との挨拶に、こちらも「ご苦労様です」と答えて家に入った。

そろそろお昼時。
家内が昼食の支度をしようと、水道のコックを開くと。

なんと水が出ない。

しまった!
そういえば数日前から郵便受けのところに、断水のお知らせが貼ってあったんだっけ。
さっきの人達は、その作業をしに来てたんだ。
水が出ないと思うと、なんだか急に喉まで乾いてくる。

とはいえ、私が忘れてるのはいつもの事だけど、家内が忘れるのは珍しい。
(でも、最近増えてない?)


そんな場合、これまでは前もってヤカンやバケツに水を汲んでおいたりしてたのに。
今回はなんにもしてない。

トイレはお風呂の残り湯で流せるからいいけれど。
(イヤな事は早めに済ませたいので、いつもお風呂洗いは午前中にしてたけど、今日は後回しにしててラッキー)
よかれと思って洗っちゃってたら、泣くところだった。

でも、これじゃ手も洗えない。

朝食に使った食器は水切り棚で乾いてる。
それを片付けてから昼食の準備にかかるのがいつものパターン。
しかし、その前に手を洗えないのはツライ。

例年、こんな時はバケツに汲みおいてある水を、洗面器に移して洗ってたんだった。

手が洗えないだけで、自分がとっても不潔になったような気がしてしまう。
せめてウェットティッシュでもあればいいのに。
(考えてみれば、外にいる時はおしぼりで拭くだけだし)
しょうがない、家の中でピクニックしてると思おう。


そんなこんなで、夕方までには水が出るようになったんだけど。
それまでの時間の、まぁ長かった事。

「湯水のごとく使う」なんて言葉があるけれど。
水道の蛇口をひねれば水が出るのは当たり前に感じてた。
それがどんなにありがたい事だったのか。

その間、家内と二人しみじみ話し合ったのは。
「手が洗えないのが、こんなにツライとは思わなかった」

……でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »