« 嘆きのヒザ小僧 | トップページ | ノンフィクション »

2006/07/28

飛んで○に入る夏の虫

6_22isotoma考えてみれば、結婚生活も四半世紀。

その間には、生活環境も変わったし、習慣もずいぶん変わった。
なんたって、夜型だった私が朝型になっちゃったくらいだから。

でも、一つだけ変わらない習慣がある。
それは、夜のコーヒータイム。
就寝時間は変わっても、なぜかコレだけは変わらない。

まぁ、それをブラックで飲めば、「通」なんだろうけれど。
しっかりミルクとお砂糖を入れちゃうトコが、ただのコーヒー好きの悲しさ。

どうやら、その味を楽しむと言うより、コーヒーを淹れるという行為。
それ自体が、一日の締めくくりにふさわしく感じられるのかもしれない。


夕飯と、その洗い物をするのは家内。
だから、なんとなくコーヒーを淹れるのは、私の役目に。
水切り棚の食器を片付けてから、コーヒーカップを出し、おもむろに準備を始める。

ただ、私が忙しい時は、家内が先に食器を片づけ出す事もある。
そんな場合、そのカチャカチャという音で「あ、そろそろ時間かな?」と私は腰を上げる。

とはいえ先日は、なかなか仕事のキリがつかなくて。
家内はコーヒーの準備も始めたようだ。
(ってか、私の機嫌がコレ以上悪くならないようにと、自衛手段に打って出た)


「できたわよ」の声に、私がテーブルに着くと、そこには香り高いコーヒーが。

うん、人に淹れてもらったコーヒーは、また一段と美味しく感じる。
なんて思っていたら。

目の前に、いきなり3、4cmくらいの蛾が現れた。

いったい、どこから入って来たんだろう。
ほんの小さな羽虫でも気になるのに。
こんな大きなのが、テーブルの上をバサバサ飛び回るもんだから、鬱陶しい事はなはだしい。

これで鱗粉までまき散らされちゃたまんない。
こちらはカップを手でふさいで防戦一方だ。

しかし、テーブルに降り立った蛾が、やにわに暴れ始めた時、それは起こった。
なんと、蛾はカップにかざした家内の手をすり抜けて、あろうことか、そのままその中にダイブしたのだ。

……こんな事が許されていいのだろうか。

日中の暑さを乗り越え、やっと訪れたささやかな憩の時間。
そこに供された淹れ立てのコーヒーが、一瞬の内にカフェイン漬けの蛾に変わってしまうなんて……。

あまりの事に、今回はオチすら考えつかない。


……とか言いながら。
最近は、ネタにさえなれば許してしまう大らかな私。
美味しいコーヒーは半分コになっちゃったけど。
これは、ある意味オイシイ出来事だったのかも♪

|

« 嘆きのヒザ小僧 | トップページ | ノンフィクション »

コメント

ひざっこぞうには突っ込もうかお慰めしようか悩んで、結局コメントせずじまい。
スリム体でいらっしゃるが故のお悩み。私には無縁だ…orz

さてさて、お待ちしていましたよ~ 「蛾」のお話。
夜の片付け後の、夫婦水入らずのコーヒータイム。お互いのリズムを
自然とつかんでいらっしゃるからこその、流れるような共同作業。
あぁ、この後にはどんな語らいが… と期待が高まってきたところへ
なんとなんと~!何考えてたんでしょ。よりによって淹れたての
コーヒーにダイブするなんて~。
仲睦まじいnanbuさんご夫妻にやきもち焼いて身を挺してのいじわる?
あまりにおいしそうなコーヒーの香りに矢も盾もたまらず?

でもま、こんなハプニングも時が過ぎれば楽しい思い出話になりますし、
1杯のコーヒーを分け合うということもでき、このダイビング蛾は
nanbuさんご夫妻の親密度アップのために一役買ってくれたようです(^^)
もち、ブログネタにもなってくれたし!

投稿: ポージィ | 2006/07/28 11:20

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

例えば年輩の人の絵を描く時、いくぶんふっくら目に描きます。
その方が見た目に心地良いんですよね。(以前銭湯を取材したテレビで、痩せたおじいさんが写っていましたが、正視するに忍びない感がありました。)
やはり、やせぎすでもサマになるのは若い時だけのようです。(^^;)

実は2、3日前、家内がお尻の筋を傷めて、一人で起きたり、しゃがんでから立つのができなくなっちゃって。「明日は我が身」と思って、私が後ろから持ち上げてやってます。
ゆめゆめ配偶者をおろそかにはできません。(笑)

「こんなイヤな奴と一緒に暮らしてるんだ」と思ったら自分が辛いでしょ?
だから自分のために、イイ所しか見ない事にしてまっす。(^o^)
おかげで最近は、物事の良い面を見つけるのが少し上手くなりました。
蛾だって、ネタになってくれたと思えば恨まずに済みますもんね♪

投稿: nanbu | 2006/07/28 15:29

はじめまして。
ポージィさんのところからやってきました。

ブログはずっと拝見していたのですが、
今日のネタは、ポージィさんのところにもあった蛾でしたので、ついついコメントしたくなりました。
蝶と蛾の違いは、まさにこれですね。
蝶がカップにダイブすることはないですから。

それにしても、コーヒーを淹れてもらっている奥様がうらやましいです。
いいな~私も淹れてもらってコーヒーを飲んでみたいです。

投稿: koko | 2006/07/28 18:06

 
kokoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。(^^)
読んで下さってたなんて嬉しいです。

>蝶と蛾の違いは、まさにこれですね。

私も、ポージィさんの蛾と蝶の記事で「突然バサリとやってくる」のコメントに、「なるほど!」と思いました。(なにせこの記事を書いた後だったので、感慨もひとしお)(笑)

私は食べてゆっくりした後、洗い物ができないんです。
(洗わなきゃならない時は、ゆっくりする前にやっちゃうくらいで)
コーヒーは、そのせめてもの罪滅ぼしなんですよ。
(そのカップも洗ってもらってるから意味なかったり?)(^^;)

kokoさんのブログも、駆け足で拝見してきました。
後でまた、ゆっくり伺わせていただきますね。

投稿: nanbu | 2006/07/28 20:52

コーヒーに飛び込んだ蛾はお亡くなりになったのでしょうか?
コーヒーではないんですが,庭先にバケツを放置しておくと,雨水が溜まってその中にクモだのバッタだのが浮かんでいることがあります。
それを見つけたら棒切れを差し入れてつかまらせて助けるのが私の日常です。
今日はバケツの中に浮かんだアブを助けました。
将来私が困ったら,きっとクモだのアブだのカナブンだのが恩返ししてくれることと思います。

投稿: ろーど | 2006/07/28 21:01

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

最初コーヒーと一緒にトイレに流そうと思ったんですが。
羽が乾いて飛んで行くのも良しと、気を取り直してバルコニーのスミに流しました。
ただ、最初水面に浮かんでいたものの、スグに羽がビショビショになって。
乾いたとしても、その後はビミョーです。(^^;)

あ、ろーどさんは部屋でクモを見つけた時も逃がしてあげてるでしょ。
私もおんなじでーす。(笑)
(糸を吐いて逃げようとするから「かいぐりかいぐり」状態の時も)
きっと日本人の頭の中には、「蜘蛛の糸」のお話がインプットされてるんですね。

>きっとクモだのアブだのカナブンだのが恩返ししてくれることと思います。

あは♪実は私も、ちょっぴり期待してるんですワ。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/07/29 07:50

>結婚生活も四半世紀

nanbuさん
銀婚式おめでとうございます。
仲がいい理想的なご夫婦ですね♪
ぽぱいん家の夫婦歴はnanbuさんのちょうど半分です。
3年前に“スイートテン洗濯機”をプレゼントしました(笑)

ウチはカブトムシやクワガタを飼っているので、蜜を狙って“コバエ”が多いんですよ…
今朝もコバエが近寄ってきたので手で払っていたら、納豆の白い容器に止まって動けなくなっていたので、瞬間フタをして捕まえました。
納豆の容器は“コバエほいほい”になりますよ~(笑)

投稿: ぽぱい | 2006/07/29 21:49

あっ!イソトマだぁ と目が行きました
ガーデニングにハマってた頃 炎天下でも毎日眺めてた花です♪

ポージィさんとこに続いて 蛾の話はこういう結末でしたか(^^)
まさかコーヒーに飛び込むとは、、
それにしても夕飯が終って ご夫婦でゆっくり過ごす時間を大事にされてるんですね
同じように四半世紀が過ぎてる我が家とは大違いです(^_^;

投稿: miki | 2006/07/29 23:57

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

げ、25年て銀婚式でしたね!(・o・)
もしや墓穴を掘ってたり?

結婚記念日は、過ぎてから「そういえば」になるのがいつものことなんですが。
今年も、それで逃げ切ろうかしらん。(^^;)
(アニバーサリー系って、何かと物入りそうだしぃ)

>3年前に“スイートテン洗濯機”をプレゼントしました(笑)

ぽぱいさん、優しい♪
でも、それいいですね!
ウチも今トースターの調子が悪くて。
なんとかそれで誤魔化・・・せませんね。(T_T)

>瞬間フタをして捕まえました。

おぉ。経済的な上に衛生的!無駄のない動きは美しささえ感じられます。
それで蚊も捕れたら言う事ないんですが。(笑)

投稿: nanbu | 2006/07/30 08:35

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

あ、mikiさんもイソトマお好きなんですね♪
夏になると、この青い花が欲しくなっちゃうんです。

>ポージィさんとこに続いて 蛾の話はこういう結末でしたか(^^)

そうなんですよぉ。
記事からコメントへ、その推移を自ら体現してしまいました。(^o^)

>同じように四半世紀が過ぎてる我が家とは大違いです(^_^;

そうなんですよねぇ…。
mikiさんの記事でも、銀婚式の話題があったのを今思い出しました。(T_T)
(今から削除してもイイでしょか?)(笑)

ウチは今が悪戦苦闘の日々なんですが、
mikiさんは、美味しいものを後で食べるタイプですもんね。(^.^)

投稿: nanbu | 2006/07/30 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11127741

この記事へのトラックバック一覧です: 飛んで○に入る夏の虫:

« 嘆きのヒザ小僧 | トップページ | ノンフィクション »