« 気分は子猫ちゃん | トップページ | 江戸東京博物館 »

2006/07/19

晴天の霹靂

Karaとは、先日のような事を言うのだろうか。

霹靂(へきれき)が雷の事だと知ったのは一昨年。
その時も、やっぱりそうだったけれど。
一天にわかに掻き曇り、いきなりピカッ、ゴロゴロっと来た。

それでも、土曜日の雷ほどではなかったはずだ。


その日は、朝からジリジリと夏の日射しが照りつけて。
起きた時には、すでに温度計が30度以上をさしていた。

もともと日中は、リビングの冷房の効きが悪くて、ほとんどつけない。
その上、ここ数日は寝てる間中クーラーをつけっぱなしだから。
これで朝からエアコンのお世話になってたら電気代が心配だ。

「梅雨は明けてるんじゃない?」とボヤキながらも、家内は用事があると出掛けて行った。
ウチの子も、スイミングの室内プールに行くと言う。
こんなに暑くちゃ昼寝もできない。
午前中の仕事を切り上げた後、一人残った私は、うちわ片手に涼しい場所を求めてウロウロしていた。


すると、やがてどこかからゴロゴロ……と雷の音が。
ふと見上げた空には、暗雲が垂れ込めている。

……これは。
私が心配していると、タイミング良く家内が帰ってきた。
(この人は、いつも本当に運がイイ)
ウチの子はまだプールだと告げると、心配した家内は迎えに行くと言い出した。

迎えに行くと言ったって、それはプールサイドにいればの話。
更衣室にいたら行き違いになるし、とりあえず室内なら安全だ。
(この人は、雷になると冷静な判断力を失う)

私が説得していると、やっとウチの子がプールから戻ってきた。
なんでも近くのコンビニに寄り道して、少年ジャンプを買ってたと言う。
(ホラ、行き違いになるところだったじゃない)


さて、それからが大変。

ゴロゴロ……ドーン!と、こもった音に聞こえるのは遠くの雷。
近くだと、それがシャラシャラ、バーン!と乾いた音に聞こえる。
一気に大雨になったかと思うと、ピカッ!シャラシャラ、バーン!の大競演が始まった。

こんな時、いつもは騒ぐ、雷嫌いの家内だけれど。
今日はその元気もないらしい。
寝室にこもったままグッタリしている。
それも無理はない。私だって、ここまで激しいのは初めてだし……。


そうやって、雷が溜まっていた熱気を発散し尽くすと、一気に涼しい風が吹いてきた。
ヤレヤレ。雷はイヤだけれど、その後にやって来るこの涼風だけはありがたい。

今のウチにと、早速昼寝した私。
でも、寝る時はあんなに涼しかったのに、起きてみたらリビングには元の熱気が……。

いったい、あの騒ぎは何だったのだろう。

……元の木阿弥(もくあみ)。
そんな言葉と共に、徒労感と汗が一気に吹き出してきた。

|

« 気分は子猫ちゃん | トップページ | 江戸東京博物館 »

コメント

青天の霹靂と元の木阿弥がみごとにおさまりましたね!(^^)
楽しく読ませていただきました~
って、本当はそんなすごい雷雨、楽しむどころじゃないのですが(^^;)
土曜日、15日はそんなにすごい雷雨に見舞われたのですか。
ピカッ!シャラシャラ、バーン!の大競演 とは!
こっちでは遠雷でした。遠くでずっとごろごろ響いているような。
雨はわずかにパラパラ。
奥様もお子さんも無事に帰宅されてよかったですね。

投稿: ポージィ | 2006/07/19 21:40

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>青天の霹靂と元の木阿弥がみごとにおさまりましたね!(^^)

昔の人は、ホント上手い事を言いますよねぇ。
この言葉が、あんまりにも実感できたので、いっそ「言葉の雑記」にしちゃおうかと思ったくらいです。(^^;)

夕立ちなんかは「馬の背を分ける」って言いますけど。
そちらは遠雷だけで良かったですね。
(クックちゃん、この前のように震えてるんだろうかと案じてました。)
やっぱり雷って局地的なんですね。(・o・)

今週は、打って変わって涼しくて、雨ばかりですけど。
今年はアラレが降ったり、ちょっと異常気象気味で。
モクレンが返り咲いちゃうくらいですもんね。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/07/20 08:06

雷は家の中に居れば安全だと あまり怖くはないんですけど
近所に落ちたな と思うぐらいな大きな音がすると
さすがに ちとビビリますです(^_^;
でも ラムっちは平気ですよぉ~
我関せずで寝ています(^^)

>雷って局地的なんですね

雷の境目?はわからないけど
雨が降る境目を車で越えたことはありますよ♪

それにしても よく降りますよねぇ
涼しいのも異常気象な気がするんですけど。。
梅雨が明けたら 怒涛の真夏日がやって来るんでしょか(T_T)


投稿: miki | 2006/07/20 16:24

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>さすがに ちとビビリますです(^_^;

ですよね〜。
あの日は、さすがに私も電燈の下にはいられなくって。
部屋の暗がりで、遅い昼食のトーストをかじってマシタ。(^^;)
え?ラムっちは雷平気なんですか!
うんっ、お顔に似ずに太っ腹♪(^o^)

あ、雨の境目を超えると、アスファルトが乾いてるんですよね!
(そんな場面に遭遇すると、ちょっと得した気分になります)
でも、雷の境目には遭遇したくないです〜。(笑)

>怒涛の真夏日がやって来るんでしょか(T_T)

それそれ!!まさに「怒濤」って感じですよねぇ。
梅雨の晴れ間でも充分過ぎるくらい暑いのに。
想像しただけで、夏バテしそうですぅ。(ToT)

投稿: nanbu | 2006/07/20 21:56

雷が落ちると、昔その影響で仕事のマックが故障して、近所の仕事仲間宅へG4を担いで(丁度車が無かったので本当に緊急に担いで)いった悪夢のような事件を思い出して恐いです(T_T)

データが半壊して、それから1週間の方が悪夢でしたが(^_^);;

投稿: くさなぎ | 2006/07/20 23:22

 
くさなぎさん、コメントありがとうございます。(^^)

>昔その影響で仕事のマックが故障して、

あぁぁ〜!やっぱりそうなんですね!!(・o・)
まだマックを使う前ですけど、以前、小学校の近所の電柱に雷が落ちたそうで。
学校中のパソコンがダメになったと、聞いた事があります。
だから雷が鳴り出すと、コンセントはもちろん、電話線とか、コンピュータにつながってるものは全て外してマス。

>データが半壊して、それから1週間の方が悪夢でしたが(^_^);;

あぁ…。お察しします。
いくらバックアップを取っていても、インストールし直すのは大変だし。
フォントだって数が多いでしょう?

マックを担いで夜の町をさまよったという話は、私も経験者から聞いた事があります。
結局イザとなると、体力勝負になるんでしょうか。(T_T)
 

投稿: nanbu | 2006/07/21 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11004486

この記事へのトラックバック一覧です: 晴天の霹靂 :

« 気分は子猫ちゃん | トップページ | 江戸東京博物館 »