« 飛んで○に入る夏の虫 | トップページ | 健気さの行方 »

2006/07/31

ノンフィクション

Yaburanトランス雑記その19

私を含め、世の中には恐がりな人がいる。
でもその恐がり方には、2パターンあるような気がする。

ホラー映画が怖いという人と、血を見るのが苦手という人。


「どこが違うの?」と言われそうだけれど。
両者には歴然とした違いがある。

ちなみに、私は後者の方。

テレビのドキュメンタリーなどで、たまに出てくる手術場面。
これがどうも苦手だ。(子供の頃も、怪我をした痛さでは泣かなかったけど、そこから血が出て来るとたまらずに泣き出した)

でも、ホラー映画は平気。

つまり、ノンフィクションと作り物の違いである。
映画でどんなに血みどろになろうが、それは作り物として受け流せる。

そりゃ、無気味な音楽で不安を煽っておいて、大音響と共にいきなり「血みどろ」が出てくれば、「ワオ!」と声を漏らす。
が、それは「怖い」と言うよりも、「びっくりした」に近いだろう。

その辺りが、夜中に一人でホラー映画を見られない家内とは対照的だ。
(なのに家内は、手術場面にモザイクがかかるのを残念がる)

どうも両者には、決定的な違いがあるようだ。


何を血迷ったか、去年('03年)「人体の不思議展」を見に行ってしまった。
母子で行くのに付き合ってしまったのだ。

この展覧会、行かれた方も多いと思うけれど。
人体を特殊な樹脂で固めた標本(と言うのは憚られるが、他に言葉が見つからない)が、多数展示してあった。(中には、2〜3cm幅に輪切りにして、ズラッと並べてあるものまで)

満員の会場に、一歩足を踏み入れた瞬間、後悔した私。
案の定、その後一週間程は、ハムを食べるのが辛かった。


さて、スーパーでの事だ。

買い物をする家内を、ペットフード売り場で、息子と二人待っていた。
すると、何気なく商品を見ていた私の目が釘付けになった。
そこにあった「ビーフジャーキー」の質感が、あの「筋肉まる出し」の標本に酷似していたからだ。
「ウッ」と思った瞬間、背後から「うまそう……。」という息子の声が聞こえた。

何というデリカシーの無さ!

親であるこの私がたじろいだ、その同じ物を見て、食欲をそそられるとは……。
しかもペットフードにである。

その逞しさは頼もしいかぎり。
……でも。

その時振り向いた私の目には、別の種類の人間を見るような、畏怖の色が浮かんでいた筈だ。

'04年7月29日

|

« 飛んで○に入る夏の虫 | トップページ | 健気さの行方 »

コメント

あ、nanbuさんの感覚とうちの夫の感覚、似てます~。
夫も「血」に弱いらしいですよ。
子どものとき指を怪我したとき、痛みや怪我をしたことは割と
平気だったのに、傷口から血がだらだら流れているのを見たとたんに
貧血を起こしたそうです(^^;)
女性は必然的に血には強くなるんだと思いますよ。
だっていちいち気を失ってはいられませんもの…
私は手術中の映像をモロに見たいとはあまり思いませんが、
見ても案外平気だろうと思います。
でも、ホラー映画・オカルト映画といった類は絶対にイヤ!とにかく怖い。
見ちゃったらしばらくちょっとした物音にもビクついて、神経過敏に
なってしまいます。
作り事と知ってはいても、どっぷり世界に入ってしまって本当にあっても
おかしくないと思ってしまうんでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/07/31 10:47

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

うんうん、ご主人の感覚似てますよね。
血が流れてきちゃうと、トンデモない事が起こったみたいに感じて。
子供の頃は、それだけで許容量オーバー。
それまでかろうじて踏み止まっていた一線を超えちゃった気がしました。

そしてまた、ポージィさんのおっしゃってる事は、家内がよく言ってるのと同じです。
(見たがるトコがちょっと違いますけど)(^^;)
回復するためにやってるんだからイイんだそうです。

>どっぷり世界に入ってしまって本当にあっても
おかしくないと思ってしまうんでしょうね。

なるほど。
そういう意味で、「リング」を見た時は、日本人の土着的な恐怖心を突かれたような気がしました。
でも、・・・やっぱり見たいです。(笑)

投稿: nanbu | 2006/07/31 15:51

男性の方が意外と怖がりなのでは?(^^)

ホラー映画でもエグイのは苦手です
怖いというより気持ち悪くなってしまう。。
若い頃「悪魔のはらわた」(だったかな?)を友達数人で見に行き
帰りにピザハウスに行って 全く食べられなかったことがあります
ケチャップの色が血を思い出して(>_<)

外国のより日本の映画の方が怖いと思うんですが、、
nanbuさんは平気なんですね(^^)
それでも「オーメン」は観たいです♪

投稿: miki | 2006/07/31 20:32

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>男性の方が意外と怖がりなのでは?(^^)

うん、私もそんな気がしますぅ。
ただ、全員がそうだったら、外科は女医さんばかりになっちゃいますけど。(笑)

>ケチャップの色が血を思い出して(>_<)

私がハムを食べるのが辛かった感じですね。
ホラー映画といっても、あんまり猟奇的なのは、私もゲンナリするかもです。
(ちょっと弱気な発言になってきたりして。)(^^;)

>nanbuさんは平気なんですね(^^)

一人で夜中に見られるって意味ならそうなんですけど。
私も日本の映画の方が怖いと思います。(ハリウッド版の「リング」は、その辺を上手く生かしてくれてたので嬉しかったです。)

666の「オーメン」、最後にダミアン少年が、振り向いて微笑むのが怖くて好きでっす♪(^o^)

投稿: nanbu | 2006/07/31 22:16

nanbuさん
ぽぱいみたいに両方ダメな小心者もいますので3パターンかもしれませんよ(;^_^A

なにしろお化け関係はまるで駄目なのです。
どれぐらい駄目かと言いますと…
「ホラー映画」は一切見ません(キッパリ)。
2時間サスペンスを見ていて、怖そうな場面になると“目をつぶります”(>__<)!
「ビーフジャーキー」までそう見えてしまうのですか?
nanbuさんと同じキモチになるのが分かっているので絶対に行けませんね~。
ミイラもダメ!
テレビでミイラが出てきたらすぐにチャンネルを変えます。

※近日中にビーフジャーキーの記事を載せる予定だったのですが、やめときましょうか?(笑)

投稿: ぽぱい | 2006/08/03 20:18

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
「悪魔のはらわた」で弱気になったnanbuです。

私は手術場面になるとメガネを外しますが。
ぽぱいさんまで血を見るのがダメだとは…。
mikiさんの説がいっそう説得力を増してきましたね。(笑)
(私が聞いた時も、男の方は大抵ダメでした)

それでも雄々しくあらねばならないなんて、
男って切ないと思いますぅ。(T_T)

>※近日中にビーフジャーキーの記事を載せる予定だったのですが、

あは♪
「ビーフジャーキー怖い」は、一週間で治ったのでダイジョーブですよん。
(やっぱり「慣れ」は強い味方です)(^o^)

投稿: nanbu | 2006/08/03 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11162632

この記事へのトラックバック一覧です: ノンフィクション:

« 飛んで○に入る夏の虫 | トップページ | 健気さの行方 »