« 家庭用FAXの盲点 | トップページ | 見知らぬわが子 »

2006/08/15

花火の夜は

Hanabi普段は静かな家の周り。

各駅停車しか止まらない駅からウチまでは、ほぼ一本道だ。

それが二股に分かれ、ちょっと歩いた先の路地を入った所に我が家はある。(閑静な住宅街と言えば聞こえはいいけれど、要は田舎)

しかし、それが花火の日には一変する。


河川敷で行われる花火大会。
その会場への出入口は限られている。

当日は、そこを目指して一本道を見物客が押し掛けて。
いつも行ってるコンビニも、その日はテントまで出して屋台に早変わり。
レジも長蛇の列になる。

以前、うかつにも花火の日だというのを忘れて車で出掛けた時。
帰りには、車道まで溢れかえった群集で大渋滞。
トンデモナイ目にあった。

だから当日は注意が必要。
外出は早めに済まさないと、陸の孤島になってしまう。


案の定、買い出しに行ったその日も、歩道には午前中から席取りの人がチラホラ歩いてて。
ファッションビルには、浴衣姿の女性客も。
スーパーでは、「花火のお供には……」なんて放送が流れているし。
いつもの店員さんも、今日は浴衣でお出迎え。

なんと言うか、地域全体が浮き足立っちゃってる。
(もちろん私も)


とりあえず、一週間分の食糧を確保すればこっちのモン。
早めの夕食の後は、夜になるのを待つだけだ。

引越したばかりの頃は、2回も会場に足を運んだけれど。
(なにせ出入口が限られてるから、一度入っちゃうと出るのが大変)
自宅のベランダからでも見えると知ってからは、それもしなくなった。

ただ、ルーフバルコニーからだと、隅っこに行かないと見えないし。
花火見物は、いつも物干竿のあるベランダから。

外に出した折り畳みテーブルに、枝豆やら何やらを並べて。
缶ビール片手に、暗くなるのを待つのが恒例となった。

(イカ燻は、コレステロールが気になるけれど、この日ばかりは無礼講♪)
 
Doteisu1Dote_isu2
 
 
河川敷と
サイクリングロード脇に
突如現れた観覧席

|

« 家庭用FAXの盲点 | トップページ | 見知らぬわが子 »

コメント

昨日は宮島の水中花火大会がって 大変な賑わいだったようです
数年前から山陽自動車道(高速)の「宮島パーキング」から一望できるということが噂で広まり
とんでもない大渋滞になるので 今は当日は閉めてるそうです

前に済んでたマンションでは 河川敷の花火大会の時は
家主さんが屋上を開放してくれてました
nanabuさんと同じように ビール片手に親しい人達と盛り上がったものです

日本の花火の技術は世界一だとか、、
混雑する人込みの中に行ってまで見たいとは思いませんが
やっぱり夏の風物詩の代表だと思います♪

投稿: miki | 2006/08/15 13:30

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>昨日は宮島の水中花火大会がって 大変な賑わいだったようです

はいはい!今検索してみて驚きました。
「花火船から海中に投げ込まれた水中花火が、大鳥居や厳島神社を幻想的に浮かび上がらせる」とか。
写真も載っていましたけど、まさにその通りですね。
ウットリしてしまいました。

>ビール片手に親しい人達と盛り上がったものです

あ、思い出しました!(・o・)
家主さんが屋上を解放してくれたお話。(勘違いだったらゴメンナサイ)
親しい人達と見る花火は、また格別ですよね♪
家主さんも、粋な計らいをしてくれますね。(^^)

あの真ん丸に広がる花火は、やっぱり日本ならではだと思います。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/08/15 15:34

こんにちは。
自宅から花火を見られるって、とっても贅沢。
一度味わっちゃうと、ムチャ混みの人出に揉まれながら見に行くなんて
なかなかするきになれませんよね。
私の田舎は小さな町ですが昔っから夏祭りの花火には男衆の思い入れが強いらしく、
手筒に打ち上げに仕掛けと3種類の花火が楽しめます。
そのうちの、山で打ち上げられる打ち上げ花火を、母の実家の芝庭に
ござを敷いて寝っころがって見るのが毎年恒例の行事になっていたのですよ。
風向きによっては山の上からかけらが降って来ることもあるくらいの近さです。
もう何年来、花火見てません。はぁ~~

下の写真、整然と並べられた椅子の様に、皆さんしゃんと背筋を伸ばして腰をかけ、
お行儀よく花火を見上げている姿が脳裏に浮かんでしまいました(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/08/16 10:15

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>昔っから夏祭りの花火には男衆の思い入れが強いらしく、

手筒で打ち上げる花火もあるなんて、昔からの由緒ある花火なんですね。
そうそう。降って来るかけらって、もみがらみたいなやつでしょ?
近くだと、花火も「ドーン」じゃなくて「バーン」って聞こえますよね。(笑)

ござに寝転がって花火を見る。…いいなぁ。
夏休みの忘れられない思い出でしょうね。(^.^)

>下の写真、整然と並べられた椅子の様に、

以前は、早々と青いビニールシートで、関係会社と思われる場所取りがあったんですけど。
今年から有料の観覧席が設けられたようです。
企業の寄付と市税で賄うより、有料にするのも一つの手かな?
なんて思いました。

でも、花火見物は、多少お行儀が悪いくらいの方が楽しめますよね♪(^^;)

投稿: nanbu | 2006/08/16 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11442921

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜は:

« 家庭用FAXの盲点 | トップページ | 見知らぬわが子 »