« 見知らぬわが子 | トップページ | 思い出作り »

2006/08/21

ウチのウチワ

Utiwaこの時期、私が家の中で持ち歩いてるのは、タオルとウチワ。

パソコンを使ってる時には仕事部屋のエアコンをつけるけれど。
室温が下がるまでの間扇いだり、タオルで汗を拭いたり。

昼寝の時も、寝入りばなや寝起きの時には汗が出る。
扇風機を回しても、首を振るから。
(風に当りっぱなしは良くないでしょ?)
「あぁ、涼しい」と思っても、スグに通り過ぎちゃって。
また戻って来るまでがじれったい。

その点、ウチワなら微調整も自由自在。
パタパタ扇ぐのにも疲れた頃、ウトウトしてくる。


そのウチワ。

旅行中、街中を歩いている時にもらったもの。
美容院の宣伝用に配られていたもので、「カット 1,800円」とか書いてある。
どうやらそれを持参すれば、サービス料金になるらしい。

宣伝用とはいえ、赤地に白抜きの文字がなかなかにオシャレ。
で、私は何となく気に入って使っている。


つい先日、テーブルの上に置いてあったそれを見て、ウチの子がこう言った。
「これを持って行けば安くしてもらえるんだって」

「ははは、それは去年の旅行でもらったヤツでしょ?もう期限切れだよ」
私がそう答え、まだまだ子供だなぁ……と、余裕の笑みを浮かべていたら。

「は?4年前でショ。平成14年9月末までって書いてある」

(げ!もしかして、その前の旅行の時の?)

人の(いえ、私の)記憶というのはあてにならないものだ。
もう4年も使っていたのか。

その後、さらに息子の一言で形勢は逆転した。
「あは♪セロテープまで貼ってある」

「……ウソ!?」
だが、奪い取ったそのウチワは、たしかに破れ目が丁寧にテープで繕われていた。
よく見れば、それ以外もアチコチ印刷が擦れているではないか。

なんという事だろう。これではオシャレもクソもない。
私は、その満身創痍のウチワより、それに気づかなかった自分に打ちのめされた。
花を愛で、美しいものをこよなく愛する人間だとばかり思っていたのに。
ボロウチワに気づきもせず、いや、そのライフスタイル自体になんの疑問も感じなかったとは。


美に耽溺する自分と、タオルとウチワを持ち歩く自分。
その両者が、なんの違和感もなく仲良く同居している。

……おそろしい。

いっとき、そんな物思いに沈んではみたものの。
しかし明日になればまた、私は躊躇なくそれを手に取るのだろう。

(だって、他のウチワ出すの、メンドくさいんだモン♪)

|

« 見知らぬわが子 | トップページ | 思い出作り »

コメント

こんにちは。

まるで目の前で展開されているように読ませていただきました。

>「あぁ、涼しい。」と思っても、スグに通り過ぎちゃって。
>また戻って来るまでがじれったい。

わかります!同感です。
私も寝るときにうちわを使ってみようかしら。

ところで、気付くと何年も前のことだった、ということはよくあります。
年々加速度が増していくのがおそろしいです。

投稿: koko | 2006/08/21 12:42

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

うちわ、これは使えますよぉ。
仰向けに寝てて、背中が汗ばんだ時とか。
ちょっと体をひねって(ギックリ腰には注意して)、
隙間に風を送る時の涼しさときたら・・・もう極楽♪(^o^)
目をつぶってても取れる位置に置いておくのがミソですね、はい。

>年々加速度が増していくのがおそろしいです。

そぉなんですよね〜。
坂を転がるようになんて言いますけど。
もうその段階はとうに過ぎて。
今は放物線を描きながら落下中です。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/08/21 15:12

今日もアホか!ちゅうほど暑かった広島です(>_<)

この部屋にはクーラーなどなく扇風機が回ってます(生ぬるい風)
しかも今 雷ゴロゴロ、、それでもパソの前に座ってる私ってエライですか?(^o^)

我が家でウチワを使うのは寿司飯を作る時ぐらいです
それ用に ちょっとオシャレなのを買いました
ただし100円です♪
でも 夏は扇風機が活躍してくれるので夏以外に登場してもらってます
ウチワにとったら不本意でしょか(^^)

投稿: miki | 2006/08/21 19:01

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>それでもパソの前に座ってる私ってエライですか?(^o^)

あぁ、コメントは嬉しいし、mikiさんは心配だし。(ToT)
・・・エライです♪(^o^)/ (手巻き寿司も食べたいでっす)

いやぁ、今日も暑かったですね。お察しします。
新聞の天気予報覧を見てみたら、広島は東京以上でした。
御自愛下さいね。

>ウチワにとったら不本意でしょか(^^)

おぉ!mikiさんは、ちゃんとウチワを買ったんですね。
いえいえ。やはり日常使いにすると傷みが早いようです。
(気がつくとタオルケットが乗っかってたり)
私もお金を出して買ったウチワだったら、心配で寝られなくなるかもです。(笑)

投稿: nanbu | 2006/08/21 20:53

うちわですか。
今年だけでも県知事選の啓発うちわを3つ,某夏祭りのうちわを2つ貰いました。
でも使いたい時に部屋中探し回らないといけないのはナゼ?(T_T)

うちわは扇ぐもの(あおぐもの/こういう字を書くんですね,変換してみて初めて知りました)
ですが
他の物でも扇ぐことができます。
たとえば炎天下駐車していた車の室内が50℃ほどになった時,
或いは日中外出から帰宅したら家の室温が40℃ほどになってた時(^_^;)
そんな時うちはお風呂マットで扇ぎます。
わかりますでしょうか?あの90×60㎝くらいの軽いヤツです。
面積が広いので暑くてよどんだ空気が一気に排出されます。

でもこんな風景に郷愁を感じます。
真夏の昼下がり
かやを吊って幼児が昼寝。
傍らには添い寝の母親がうちわでゆったりと我が子を扇ぐ…
思わず「たらちねの…」と枕詞を想い浮かべるような情景…

まぁ今の時代は無理でしょうね。

投稿: ろーど | 2006/08/21 21:48

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。

そうそう、うちわって平らで収納しやすい反面、紛れやすいんですよね。
だから私は、しまい場所を決めて一ケ所に集中させてます。(^o^)

>他の物でも扇ぐことができます。

はいはい!下敷きで扇ぐのはセオリー通りとしても、とりあえず風が起きそうなものは何でも使いマス。
(四つ折りにして汗を拭いたハンカチとか、パンフレット、はては手の平まで)
でも、お風呂マットとは豪快ですね。
その思い切りの良さが、すでに爽快♪

>かやを吊って幼児が昼寝。

あぁ・・・。かや!(T_T)
懐かしいです。その言葉だけで、あの頃に引き戻されてしまいます。
鴨居の四隅に金具を引っ掛けて出来た半透明の空間は、小宇宙のようでワクワクしました。

ドラマとかで、田舎のおばあちゃんが遠来の客をうちわで扇いだりするシーンがありますよね。
子供の頃は「自分は暑くないのかなぁ?」と不思議でしたが。
今は自分が同じ事をやってます。(たらちね街道驀進中)(笑)

投稿: nanbu | 2006/08/22 07:50

こんにちは。
かって、エアコンはもちろんのこと扇風機もなく、
西日で徹底的に熱せられた灼熱の部屋で寝ていた頃(独身時代です)、
団扇は必需品でした。
横になり、忙しないパタパタパタ…が次第にゆるりとした動きになり
いつしか夢の世界へ…これが夏の日常でした。
知らない間にぽろりと手から落ちる団扇は、結構ぞんざいな扱いに
なっていたと思います。次第にすり切れところどころ破れ…(^^;)
nanbuさんの愛用団扇と同じ運命ですね。
当時使っていた団扇は竹に和紙を貼った夏の花の絵が透けて見えるもの
だったと記憶しています。(どっかで貰った物)
首振り扇風機のお世話になっている現在も、実は私の枕の下には
団扇がひとつ納まってますよ。
(やっぱりどこかで貰ったプラスチックに魚の絵を印刷した紙が貼られたもの)

投稿: ポージィ | 2006/08/22 10:26

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も、実家にいた頃は西向きの部屋だったので、
夜になってもおさまらないその暑さ、わかります。

>竹に和紙を貼った夏の花の絵が透けて見えるもの

えぇ、えぇ。覚えておりますとも!
1〜2cm幅に切り出した竹が持ちやすいよう削いで持ち手になってて。
その節から先が、竹ヒゴ状に細く裂いてあるんですよね。
それを広げて、絵を描いた紙と薄い和紙で挟むから、絵がうっすら透けて見える。
子供の頃、その緻密な作りに感激した覚えがあります。
それを貰えてたなんて、ある意味昔は贅沢でしたね。

>実は私の枕の下には団扇がひとつ納まってますよ。

おぉ!ポージィさんもお仲間でしたか。(^o^)
私は、腕を30°ほど開くと取れる場所に置いてるんですけど。
枕の下ってグッドアイディアですね♪

投稿: nanbu | 2006/08/22 13:49

 やっぱウチワはいいですね。
 どこでもバタバタやればすぐに涼しくなりますからね。エアコンのように電気を食ったりスイッチを入れたりしなくても手で持つだけで即起動しますからね。
 ビバ、アナログ。素晴らしきかなアナログ。って感じですね。
 見てくれなんて関係ありませんよ。ウチワは日本人の心です。

 あ、そうそう。
 どこかで聞いた話なのですが、ウチワってヤツは竹の骨をつかっていて紙や布を張り付けてあるのが一番涼しいらしいですよ。なんでも、竹の微妙なしなり具合が気流を安定させて風の心地よさにつながるんだとか。
 それを聞いて僕も百円ショップで竹と紙でできたウチワを購入したのですがね。スゴイです。これ。風がぜんぜん違います。僕もすっかりウチワ党になっちゃいました。
 問題は、あおぎながらだとキーボードが打てないことくらいかな? こればっかりはねー(笑)。

投稿: ろぷ | 2006/08/26 13:11

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)
おぉ、ろぷさんもウチワ派だったんですね。

そうそう。パソコンも、エアコンも、立ち上がるまでや、涼しくなるまでがじれったいですけど。
その点、うちわは即起動してくれますもんね。(笑)

>なんでも、竹の微妙なしなり具合が気流を安定させて風の心地よさにつながるんだとか。
>スゴイです。これ。風がぜんぜん違います。

わぁ…、そんなに違いますか。
やっぱり、天然素材には自然な味わい深さがあるんでしょうか。
昔の人は、身近な素材の良さを引き出すのに、長けていたんですね。
私もウチワを買いに行きたくなってしまいました。

>問題は、あおぎながらだとキーボードが打てないことくらいかな?

あは♪たしかに。
そのへんが、アナログとデジタルを使い分ける難しさでしょうか。(^^;)

明日からの出張、頑張って下さいね。

投稿: nanbu | 2006/08/26 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11538728

この記事へのトラックバック一覧です: ウチのウチワ:

« 見知らぬわが子 | トップページ | 思い出作り »