« 懐かしのコカ・コーラ | トップページ | 気の早い金木犀 »

2006/09/20

自転車が

Jitensyaパンクしたようだ。

と言っても、いきなりじゃなく。
前日空気を入れたはずなのに、翌日見てみると、ペッタンコになってるという状態。

空気を入れ直してもやっぱり同じ。

こういうのが一番判断に苦しむ。

チューブに穴が開いてるのか、バルブのせいなのか。
考えていても仕方ないので、自転車屋さんに修理してもらう事にした。

どうせちゃんと調べてはもらえまいと思いながら。


なぜ、こんなにイジケた事を言ってるかというと。
数年前、やっぱり同じ症状になって、自転車屋さんに行った事があるから。

子供の頃のように、チューブを外し、水に浸けて点検するのかと思ったら。
いきなりチューブごと交換されてしまった。
しめて5,000円なり。

その自転車は、スーパーで買った2万円以下の安価なもの。
前輪で5,000円も取られるんだったら、両方取り替えたら半額以上の出費である。
(なんでも、安価な自転車のチューブはスグにダメになってしまうんだとか)

確かに、スグにサビだらけになっちゃったし。
そりゃ一流メーカー製を買いたいけれど、自転車に5、6万も出せないし。
「とりあえず、空気入れだけはブリジストンだもんね」と強がりを言っていた。

ところが2、3年前、そのブリジストン製で3万円台というお手頃価格の自転車を見つけた。
「あぁ!やっとブランド自転車に乗れる」
そう喜んで、勇んで買った自転車だったのだ。


しかし、私にも手の届くお値段とはいえ、やはり一流メーカー製だけのことはある。

どうせチューブごと交換でショ。と、ふてくされながら自転車屋さんまで持って行くと。なんと、昔ながらのやり方で、ちゃんと点検して下さる。

おぉ!やはりブランド物は扱いが違う。
(この、ブリジストンの御威光を見よ!)

バケツの水に浸されたチューブから、プクプクとソーダ水のように湧き立つ泡までが、輝いて見える。

昔は、穴の大きさに合わせて、程よい大きさにゴムを切って貼ったものだけど。
虫に刺された時に貼る、丸いパッチのようなものまであるのが、さすが21世紀。
(それ以外は、記憶にあった通りの手順でございました)

1,200円で無事修理も終わった後は、晴れやかな気分で家路に。


「やっぱ一流メーカー製は、その後のメンテまで安心だワ」
と、独りごちる私なのでありました。

|

« 懐かしのコカ・コーラ | トップページ | 気の早い金木犀 »

コメント

しっかり修理していただけて、よかったですね^^。

私は自転車のメンテナンスをしてもらえるお店で買うことにしています。
去年まで乗っていた自転車は、
地元チェーン店のオリジナル安物自転車でした。
そこで購入するとお店のステッカーを貼ってくれます。
この辺ではこのステッカーを貼った自転車がよく見られます。
で、以前、自転車のバルブのゴムが劣化して空気がもれるようになったとき、
無料でゴムを交換してくれました。
空気圧の調整なんかも、無料でしてくれます。
結局10年以上乗ったこの自転車は、去年のはじめ
パンクというよりバーストと言ったほうが良いほどの
「パーン」という破裂音とともに廃車になってしまいました。
今乗っている自転車は、そのチェーン店の中古車センターで
購入した中古自転車です。


そうそう、
>水に浸けて点検
>穴の大きさに合わせて、程よい大きさにゴムを切って貼った

父がパンク修理をするのを隣で見ていたものです。
ゴムにやすりをかけて、ゴム用の接着剤で貼り付けていましたね。
昔はテレビも真空管だったころは父が修理したり。

その場ですぐ修理してもらえるのは、いまや自転車くらいですか?
修理箇所によっては車も可能かな?

なーんていろいろ考えさせられました。

それにしても、そろそろ新しい自転車がほしいなあ。

投稿: koko | 2006/09/20 13:00

おっ、このお写真の自転車が、nanbuさんのブリジストン自転車ですか?
ブリジストンといったら、なんとなくレース自転車とかマウンテンバイクとか
想像してしまいますが、こういうごく普通の形のもあるんですね。

さすがブリジストン、ちゃんと修理してもらえてよかったですね(^^)
すごーく安い自転車もたくさん売られていますが、安く上げるためには
修理用の部品などストックされていないのかもしれませんね。
あるいは、タイヤ丸ごと交換はできても、パンク修理というちょっとした
職人技的技術は持ち合わせていないとか。

その点、昔っからやってますっていう自転車やさんは、ちょっとしたことなら
ひょいひょいっと手軽にやってくれちゃいますね。
うちの今の2台の自転車は、そういう自転車やさんで買ったのですが、
何年かたってちょっと具合の悪いところが出てきたとき持っていったら、
その場で直してくれました。もっとも、自転車に貼られたステッカー見て、
「おっ、うちでお世話した自転車だね~」って認めてから妙に親切さが
増しましたけどね。

投稿: ポージィ | 2006/09/20 13:44

あっ ポージィさんのとこに続き
ここでもうちの電動自転車のパンクを思い出したmikiです(^^)

息子は高校時代 片道1時間の距離を自転車で通ってたので
パンクはしょっちゅうでした
近所の自転車屋さんに持って行くと かなり高い料金を取られたのを覚えています(そこで買ってないので)
あと空気を入れるだけでも300円ぐらい取られたような、、
それからは空気入れを買いましたけどね(^_^;

私が子供の頃 お世話になった自転車屋さんは
親しみがあって遊びに行く感覚でしたけどねぇ

投稿: miki | 2006/09/20 14:51

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんですよね。
買ったスーパーはちと遠くて。
買う時には、後々の修理の事も考えた方がいいと思いました。(^^;)

ただ、その自転車屋さんは「どこに商品が陳列してあったっけ?」といった雰囲気で。
kokoさんが購入したようなお店が近くにあるといいんですけど。
ゴムの交換や、空気圧の調整までしてくれるなんて羨ましいです。
(自転車の中古車センターまであるなんていいですね)

>父がパンク修理をするのを隣で見ていたものです。
>ゴムにやすりをかけて、ゴム用の接着剤で貼り付けていましたね。

おぉ!やすりをかけるのを知ってるなんてスゴイ。
四角いゴムの四隅を切り落として貼ってましたよね。
修理をするお父様の傍らで、じっと見ていたkokoさんの姿が目に浮かびます。
(私もそうやって眺めてました♪)(^^)

投稿: nanbu | 2006/09/20 15:49

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうで〜す。これがマイ・ブリジストン自転車でっす。
(ごく普通の形というか、ママチャリと申しますか)(^o^)
最近は少し低価格の商品も揃えてくれるようになって嬉しいです。

>昔っからやってますっていう自転車やさんは、

修理してくれた自転車屋さん。もろ、そんな職人気質のご主人でした。
タイヤからチューブを外して手際良く。
これで愛想が良かったら、ひいきにしちゃうのに。

>「おっ、うちでお世話した自転車だね〜」って認めてから妙に親切さが
増しましたけどね。

それが人情ってもんですよね。
今度買う時は、私もあの自転車屋さんで買おうかな?
(あのご主人がちょっと怖いですけど)(笑)
ただ、どこに商品があったのか、やっぱり思い出せないんですよねぇ…。

投稿: nanbu | 2006/09/20 16:04

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

えぇ、えぇ。ポージィさんのところでコメント拝見しました。(^o^)
お嬢さんの電動自転車ですね。(ラムっち搭乗予定?の)(笑)

自転車通学だと、やっぱり消耗するでしょうね。
メンテも大変だったと思います。
でも、空気を入れるだけで300円はキツイですよね。

>私が子供の頃 お世話になった自転車屋さんは
>親しみがあって遊びに行く感覚でしたけどねぇ

そうそう。私の記憶にあるのも、そんなお店でした。
陳列してある商品の横で修理してて。
店頭にもピカピカの商品が並んでて。

もしや今回の記事のお店。
歩道脇に縦列駐車してあったのがそうだったりして?(・o・)

投稿: nanbu | 2006/09/20 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/11967662

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車が:

« 懐かしのコカ・コーラ | トップページ | 気の早い金木犀 »