« 気の早い金木犀 | トップページ | ガニ股 »

2006/09/26

9_20enokoro「はな」という言葉の語源。
それは「平らな所から突き出したもの」だったとか。

「花」は、地面から茎が突き出して、その先に咲いてるし。「鼻」は、顔から突き出している。

以前、何かでそれを知り、「なるほど。」と思った。

それから、これはよく言われている事だけれど。
「餞(はなむけ)」も、@nifty辞書によると

●はなむけ 【▼餞/▼贐】 大辞林 第二版より
〔「馬の鼻向け」の略〕旅立ちや門出に際して、激励や祝いの気持ちを込めて、金品・詩歌・挨拶(あいさつ)の言葉などを贈ること
馬の「鼻」を旅立つ方に向けてあげる事から。 だそう。

こうやって考えると、話し言葉としての「音」が先にあって、後から「字」が当てはめられてるのがわかる。


ところで、地名だったのだろうか。「塙」という漢字に出会ったことがある。
一瞬「しま模様」の「しま」?と思ったけれど、それは「縞」だし。へんが違う。

そこで、旅好き、鉄道好きな人に聞いてみたところ、「『はなわ』……かなぁ?」とのお返事。

「おぉ……。」
後になって辞書で調べたらその通り。これも、

●はなわ はなは 【▼塙】
山などの突き出した所。また、土の小高く盛り上がった所。 だそう。

突き出してるだけに、ちゃんと「はな」がついてるし。
「土」へんと「高」で「塙」。
うん、「音」も「字」もドンピシャ。


それから、そうそう。
「はな」と言えばもう一つ、「端」もある。

●はな 【▽端】
〔「はな(鼻)」と同源〕
(1)物事の最初。 「—からやり直す」「—からわかっていた」
(2)物の突き出た先の部分。先端。はし。 「突堤の—に舟をつける」

う〜ん。昔の人、ナイス!


ハナから期待もせずに書き始めたものの。
しょっパナから出バナもくじかれずに書き終えて、めでたしめでたし。

……なんて。

噺家さんの真似をして。
「おあとがよろしいようで」と締めたくなっちゃう。

|

« 気の早い金木犀 | トップページ | ガニ股 »

コメント

へぇーっ、そうなんですか!
鼻も花も端も塙も餞も、もうもう、みんな納得です。
身近な言葉なのに、意味を知らないまま使っていたのが
こうして分かると余計に嬉しいです。得した気分♪
いつもながら、nanbuさんありがとうございます~(^^)
でも、私の鼻って「はな」の定義にちゃんと引っかかって
くれているかなぁ…とちょっと心配になりました(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/09/26 11:48

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ほんと、昔の人はよく考えましたよね。
何気なく使ってる言葉でも、それを調べてみると、ちゃぁ〜んと意味があって。
それぞれにつながってるのが面白いですよね。
きっと、まだまだ気づいてない言葉がいっぱいあるんでしょうね。(^^;)

>でも、私の鼻って「はな」の定義にちゃんと引っかかって
くれているかなぁ…とちょっと心配になりました(^^;)

アハハ♪ 大丈夫ですよぉ!(^o^)
…そ・れ・よ・り。
日本人の私としては、「平らなところから」っていうのが引っかかりマス。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/09/26 12:17

むむむ。またしても勉強になります。
漢字って、おもしろいですね。

福島県に塙町というところがあります。
もしかしたら、まわりよりちょっと高いところに
町があるのかもしれませんね。

以前に勤めていた会社は公共事業関連だったのですが、
社長命令で東北六県プラス新潟県(東北支店の管轄)
の全市町村に指名参加願い(入札があるときに参加させてもらうためのもの)
を提出していました。
それであちこちの住所を目にしたのですが、
そこがかつてはどのような土地だったのかわかるような
住所がたくさんあって興味深かったです。

投稿: koko | 2006/09/26 12:36

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

漢字って、調べると「あ、そうだったんですかぁ!」と驚く事が多くて。
興味が尽きませんね。

>福島県に塙町というところがあります。
>そこがかつてはどのような土地だったのかわかるような
住所がたくさんあって興味深かったです。

おぉ!福島県と言うと、kokoさんが夏休みにいらっしゃった、猪苗代湖がある県ですよね。
地形を表す言葉だったら、地名に使われるのも納得ですね。
逆に言えば、地名からどんな土地だったかも偲ばれるわけで。
想像心が掻き立てられますね。(^^)

それにしても、六県の中に一体幾つの市があるんでしょう。
しかも、それぞれに膨大な数の町村があって。その全てに提出となると・・・。
考えただけでめまいがしそうです。(・o・)

投稿: nanbu | 2006/09/26 15:05

はい、めまいがしましたよ~。
町村合併が進んで、だいぶ少なくなりましたけどね。
当時は何百という数を何十万円もかけて提出していました。
(ファイル代、封筒代、郵送代、持参でしか受け付けないところには、
ガソリン代もかかります)
提出しても無駄でしょう?と思うところにも
社長命令ですからね~とほほ。

あれ?関係ないことを力説してしまいました。
失礼しました。

投稿: koko | 2006/09/26 15:20

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

いえいえ。
さりげなく「住所を目にした」とありましたけど。
実際に提出作業をなさってたのなら、大変だったんではなかろうかと。
やっぱりそうだったんですね。(・o・)

>社長命令ですからね〜とほほ。

うんうん。お察しします。
私だったら崩折れますデスね、はい。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/09/26 16:01

試しに「はな」と打って変換してみるとぉ、、
本当だ!「塙」って文字が出てきますね
nanbuさんの記事を読まなかったら絶対読めてません(^_^;

私の鼻は日本人らしく定義に合ってないし
せめて「華」のある人間になりたいと思うんですが
これまた難しいですね(^_^)

投稿: miki | 2006/09/26 18:09

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

私も、あの時この字に出会ってなかったら、一生読めなかったと思います。
(というよりも、こんな字があること事体に気づかなかったと…)(^^;)

>せめて「華」のある人間になりたいと思うんですが

あ、「華」もいいですね♪
「華」のある所に人の輪ができるのだとしたら、mikiさんはもう充分「華」があると思いますよ。(^.^)
今、辞書を見てみたら「一番いい(楽しい)時期」なんて意味もあって。
とりあえず、私はそれを目指そうかな?(自分でそう思えばイイんだしぃ)(^o^)

投稿: nanbu | 2006/09/26 22:05

nanbuさん
「はなむけ」という漢字は難しいのですね~!
【餞/贐】とても覚えられない…(;^_^A
「鼻向け」なら書けるんですけどね~。

そうそう、わざわざ「フルチンとフリチン」調べて頂きありがとうございます。
やっぱりロシア人の言葉が気になりますね~(笑)

投稿: ぽぱい | 2006/09/27 23:11

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

「お餞別」とか、日常生活で何気なく目にしてますけど。
イザどんな字だったかと思うと「?」ですよね。
私の「読めるけど書けない字」の中で、代表選手かもです。
(「贐」は両方とも絶対ムリ。)
はなから頭が覚えようとしてないんですけどン♪(^o^)/

>やっぱりロシア人の言葉が気になりますね〜(笑)

ねぇ〜!いかにももっともらしく書いてあるんですもん。
一瞬「なるほど!」っと、信じてしまいマシタ。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/09/28 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12043870

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 気の早い金木犀 | トップページ | ガニ股 »