« 鼎の軽重 | トップページ | 回るサンバイザー »

2006/10/17

差しつ差されつ

9_21tyo杯を酌み交わす。
頬にほんのり赤味が差して……。

なんて呑気なことを言っている場合ではなくなってしまった。

あぁ、恥ずかしい!
今の今になって気づくなんて。


実は先日、あるブログさんにコメントを書き込んだ折り。
そのお返事には「挿し芽」という文字が。
その時、私の頭はスパークした。

「そうだ、この字だった!」

何も考えずに、ずぅ〜っと「差し芽」と書いてたこの私。
遅蒔きながら、気がついたものから書き直すことにいたします。
(もう、何べんも書いちゃったんだけどぉ)(T_T)


そこで、気になったのがこの「差す」って言葉。
@nifty 辞書によると、ウンザリするほどたくさんの意味がある。

以前、召し上がれで、応用範囲が広い言葉として「召す」を挙げたけれど。
そんなのはメじゃなかった。


冒頭の、酒をすすめる「杯を差す」の他にも。
注ぐのが水だったら「水を差す」だし。

前の方に出す「差し出す」、かざすの意味で「傘を差す」。
お侍さんは腰に「刀を差す」。
お相撲だって「左を差す」とかって言うし。

それは色にまで及んでて。
色をつける「紅を差す」、顔に「血の気が差す」。

「嫌気が差す」、気がとがめるの「気が差す」で、気持のことまで。
そういえば「魔が差す」なんて言葉もあるし。

「差し障り」があったり「差し支え」なかったり。

姿がちらりと見えるのを「人影が差す」とか「鳥影が差す」とか。
潮が満ちてくるのも「潮が差す」だし、枝が伸びるのも「枝が差す」。
果ては日差しや薄日まで「差し」ちゃうし(これは「陽射し」とも)。

「あかねさす」の枕詞だって、茜色に照り映えるって意味からすれば、やっぱり「差す」ような。


書ききれないから、もうこのへんでおしまい。
でも、まだまだいっぱい。
でもって、「差す」「挿す」の他にも「刺す」「指す」が控えてるんだから。

何気なく使ってた「さす」がこんなに万能選手だったなんて。
……………………「さす」が!

|

« 鼎の軽重 | トップページ | 回るサンバイザー »

コメント

おはようございます~
むむむ… 差し芽・挿し芽 自分の中の使い分け、実に曖昧です。
曖昧なままに打ち捨てておかないnanbuさんこそ「さす」がです。

うちの電子辞書で「さしめ」と入れたら「差し芽」が出てきました。
一方「さしき」と入れたら「挿し木」が…(「差し木」もあったけど別意味でした)
「挿し木」:果樹・花木などの枝を切り取り、下端を地中に挿入し、
      不定根を発生させて新株をつくる。
「差し芽」:わずかに枝・茎の付いた芽を床にさし、発根させて新株を得る。
とありました。(やってること一緒やん!) 
んでもって、以前カットフラワーのお勉強をしたときのテキストを引っ張り出して
見てみましたら、その中では「挿し芽」「挿し木」の字が使われていました。
辞書で「差す」「挿す」の意味を眺めても、どちらにも当てはまると思える
意味が出てきますし…。
というわけで、どちらの字でもOKじゃなかろうかという結論に達した
のですが、それじゃやっぱりダメ?(^^;)

すみません「差し芽」「挿し芽」にこだわったコメント内容になっちゃいました。

それにしても「差す」も「挿すも、確かにたっくさんの意味や使い方が載ってますね!

投稿: ポージィ | 2006/10/17 10:21

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「さす」がです。

あは♪ 恐れ入ります。(^^;)
いつも最後のオチには四苦八苦してるんですけど。
今回は、自分でも書いてて「あっ」と驚きました。(^o^)

>うちの電子辞書で「さしめ」と入れたら「差し芽」が出てきました。

えぇ〜!(・o・)
その一言に救われる思いですぅ。
自分で調べたら、「挿し木」以外には見つからなくて。
身をよじっておりました。(T_T)

辞書にも〔「刺す」「指す」「挿す」などと同源〕とあるし。
特に、「差す」と「挿す」はどちらにも当てはまると思える意味がありますよね。
でも、この機会に「挿し木」で統一することにしました。
(マックだと、それしか一発で変換できないんですよぉ)

投稿: nanbu | 2006/10/17 11:45

それでは うちのパソで「さしめ」を変換するとぉ。。
平仮名以外では「サシメ」しか出てきません(T_T)
「さしき」の方は「挿し木」が一発変換でした

ならば金田一先生にご登場願うと
「差す」の意味の中に「気が差す(気がとがめる)」とありました
へぇ~ こんな言い方知りませんでしたよ
またここで漢字のお勉強を「さす」てもらいました(やや方言あり)(^o^)


投稿: miki | 2006/10/17 19:12

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>平仮名以外では「サシメ」しか出てきません(T_T)

あ、やっぱし?
そんな予感がしてマシタ。(T_T)
で、もちろん。
私も「気が差す」なんて言い方は知りませんでしたよン。
@nifty 辞書の受け売りでぇっす。(^o^)/

>漢字のお勉強を「さす」てもらいました(やや方言あり)(^o^)

mikiさん(・o・)・・・グ〜!
事故(自己)レスも好きですけど、コレもかなり来ました♪

投稿: nanbu | 2006/10/17 20:16

>「さす」が!

(⌒▽⌒)アハハ~、nanbuさん、相変わらずオチが冴えていますね~♪


>あぁ、恥ずかしい!
今の今になって気づくなんて…

大丈夫大丈夫!
ぽぱいなんて「挿し芽」という言葉すら知りませんでしたから…(^^ゞ

投稿: ぽぱい | 2006/10/17 21:15

指し目・・・・今「さしめ」を変換したら、こう出ました。
なじぇ?

それにしても、挿し芽から「差」が増えましたね~^^。
私的にはmikiさんの「さす」てもらいました、っていうのが
東北人として「おお~。mikiさんってこっちの人?」
と大うけでした。

わからなかったら平仮名にしちゃえ~っていう私とは大違い。
見習わなくっちゃと、反省しきりの私です。

投稿: koko | 2006/10/17 23:07

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

>相変わらずオチが冴えていますね〜♪

嬉しいお言葉、ありがとうございますぅ。(^.^)
(今回は、タナボタっぽかったです)
でも、毎回オチには苦労しますよね。
いつまでたっても終わらせられないと、悲しくなります。(T_T)

あ、「挿し芽」って園芸用語ですもんね。(・o・)
ぽぱいさんのお好きな昆虫の専門用語でも、いろいろ難しい使い方がありそうですね。

投稿: nanbu | 2006/10/18 07:54

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

えへ、kokoさんの『私的園芸記録日記』でのコメントで発覚したんですもんね。(^^;)
あの時、「挿し」の文字に気がついて良かったです。

>わからなかったら平仮名にしちゃえ〜っていう私とは大違い。

あ、私もそうですよ。
ちなみに記事中の「メじゃない」。
これも私の国語辞典じゃ確認できなかったので、カタカナにしちゃいましたけど、今@nifty辞書で調べたら「目」でした。(載ってると思わなかった)(T_T)

mikiさんの「さす」てもらいました。
これは永久保存版ですよね♪(^o^)

投稿: nanbu | 2006/10/18 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12315614

この記事へのトラックバック一覧です: 差しつ差されつ:

« 鼎の軽重 | トップページ | 回るサンバイザー »