« 内股 | トップページ | 不在着信 »

2006/10/05

なんちゃって女子高生

Warunasubi私は「なんちゃって女子高生」を見た。

それは、毎週買い出しに行っている、スーパーの食料品売り場でだった。


一週間の献立を考えながら商品を選ぶのは家内。
そして、その他の定番を揃えるのが、私と息子のお役目。
入口で別々のカートを手にした後は、いつも二手に別れて行動している。

野菜売り場を経て、ウィンナをカゴに入れた。
次に、ウチの子がカップラーメンを選んでいる間、私は先回りして食パンを取りに。

その日のお買得品は、たいていワゴンの上に載っかっている。
どれにしようか選んでいたその時。女子高生らしき足元が視界の隅に入った。

と、そこまではよくある風景。でも、その後が違った。


黒革のよくあるローファーに、これまた制服によくあるチェック柄のスカート。
しかし、そのスカートからは、シワシワの膝小僧が顔を出していたのだ。

「えっ?」と思い、顔を上げる。
すると、黒いVネックのセーターからのぞく白いブラウスの上にあったのは。
長い髪を左右に分け、耳のあたりで結んだお婆さんの顔であった。

高校生でもないのに、制服を着ているのが「なんちゃって女子高生」だとするならば。
ある意味この方も、そうだと言えるのではないだろうか。
(多分にコスプレ気味ではございますが)


いや、そういった年輩のご夫人は、以前お見かけしたことがある。
ちょっと前のコギャルのような、大きな造花の髪飾りに、オテモヤンを思わせるほお紅。
それは原色のお洋服に、一歩も引けを取らない。
ただ、ご本人がそれで楽しいのなら、それはそれでイイのでは?
と思っている鷹揚な私。

しかしそんな私にも、それは何かが違っているように思われた。

お婆さんにしては背が高くて肩がイカツイ。
……そう、それはお爺さんだったのだ。


私は、食パンを握りしめたまま息子の許へと急ぐ。
当然、わが子はその人物の後を追う。
ところが、残念なことにエスカレーターの所で見失ってしまったのだとか。

そこには、本物の女子高生三人が、ケータイを手に打ち震えていた。
写メしたのだろうか、「オジイサンが」とか「制服で」といった言葉が飛び交い、いまだ興奮覚めやらぬといった面持ち。

それを見て、わが子は千載一遇のチャンスを逃したことを嘆いたけれど。

すべてが終わった後に現れ、話を聞いた家内の嘆きもまた、深かった。

|

« 内股 | トップページ | 不在着信 »

コメント

(・o・;)唖然 絶句 悲哀 理解(?)容認(?)

私も60代以上と思われる女性の、思いっきり若作りカワイコちゃん風や
思いっきり若作り水商売のお姉さま風、のファッションは目撃したことありますが、
おじいさんの女子高生ファッションは見たことないですねぇ…
年季の入った膝っ子増まで出しちゃってるんですね。
お年寄りの間にもコスプレブームが到来しているのでしょうか。
あぁ、疑問が渦巻く!!
nanbuさん、今度お会いになったら、ぜひインタビューなさってくださいな。

nanbuさんだけがご覧になって、見ることが叶わなかった
息子さんと奥さまの嘆き、分かる気がします~。
私もお会いしてみたいです。インタビューはnanbuさんにお任せしますが。
  

投稿: ポージィ | 2006/10/05 10:09

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

それがですねぇ…。
私が気がつくのとほぼ同時に、近くにいた二人の店員さんも気がついたようなんですよ。
別に、誰も騒ぐ訳でもなく、固まってただけなんですが。
それでも、その気配を敏感に感じていなくなっちゃったくらいだから。
けっこうデリケートな方なんではないかと。
とてもインタビューは無理ではないかと思われマス。(^^;)

それにしても、繁華街にあるスーパーの地下食品売り場まで、どうやって来られたのかが不思議なんですが。
後ろ姿だけなら、ちょっと大柄な女子高生で通るかもデス。

以上、現場からでした。(^o^)/

投稿: nanbu | 2006/10/05 11:43

現場のnanbuさ~ん!
その妖しいおじいちゃんは お化粧はしてなかったのですか?(^o^)

もしかしたら 結構有名な人かもです
また出現する可能性もありますから
引き続き 現場で捜査を続けてくださ~い(^^)

投稿: miki | 2006/10/05 17:26

 
スタジオのmikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

えぇ、まったくの素顔でした。
髪も茶パツじゃなくて、素直な黒髪で。
白いルーズソックスじゃなく、黒いソックスをきちんとお履きになって。
それだけなら古き良き時代の女学生なんですが、スカートがミニなのが、押さえるトコ押さえてるって感じでした。(^o^)

なるほど、知る人ぞ知る有名人なのかもしれませんね!(・o・)
このまま、張り込みを続けまっす。

投稿: nanbu | 2006/10/05 20:49

ありますねぇ そういう「想定外」の人に遭遇すること。
レジの人は笑わずにちゃんと対応できたのでしょうか。

そういう私もそんな人に遭遇したことがあります。
某所の窓口で接客していたとき 彼女はやってきました。
スレンダーな身体を清楚な白いワンピースで包み 
ウエストを赤いベルトできゅっと締め
白いハイヒール,かかとは10㎝はあろうかというもの。
黒髪を肩のラインで切りそろえたお嬢さん。
名前を呼んで 近くに来た顔を見てびっくり。
長い顔 黒々と描いたまゆげ
うすい唇にはみ出し気味に塗られた真っ赤な口紅
しわはないもののうすくてかてか光っている褐色の肌
歳は…60才?70才?

…なんというか 
年取ったスポック船長がおかっぱのカツラをかぶり女装した 
という風貌だったんです。

しかしそこはわたくし接客のプロ。
たとえ目の前に血だらけの人間が現れようとも
動ぜず笑顔絶やさずに親身になって相手することはお手の物
( うそです(^^ゞ )
何とかその人の相手をし終えて振り返ると 
柱の陰で先輩がブルブル肩を震わせながら笑いをこらえていました。

若い兄ちゃんは,町中でいいおねえちゃんを見つけると追いかけます。
これ,本能。
セーラー爺さんを血相変えておいかけるのもまた本能なんでしょうね。

※画像は何の花でしょう?
トマトのような ナスのような


投稿: ろーど | 2006/10/05 23:20

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

私と一緒に目撃した店員さんは、白衣を着た厨房の人で、たまたま店内に出てきてたんだと思います。
そのスグ後にその人物は姿を消したので、結局何も買わずに帰った模様です。

おぉ!ろーどさんは接客なさったことまであるんですね。
スレンダーなボディで、しかも年齢にも関わらずしわがないなんて…。(・o・)
そのスポック船長も、宇宙船にこもっているのが飽き足らなくなったんでしょうか。
問題の人物も、肩がやや前屈みという以外は、結構スタイルが良かったんですよ。

>セーラー爺さんを血相変えておいかけるのもまた本能なんでしょうね。

うんうん。
そして目撃談を言わずにいられない私もまた、本能に素直なンでしょか♪(^o^)

※ね、トマトとか、ナスみたいですよね。
土手に生えてたんですけど、たぶん「ワルナスビ」だと思います。
ナスのようだけどナスじゃない。しかも大きなトゲトゲまで付いてる。
これぞ「なんちゃってナス」…なんちゃって。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/10/06 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12156913

この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃって女子高生:

« 内股 | トップページ | 不在着信 »