« どっちもどっち | トップページ | 靴下の穴から »

2006/10/29

サムネイル

Monkityoパソコンやインターネットを始めて、まごついたことは多々あるけれど。

やっぱり、一番困ったのは専門用語がわからなかったこと。

なにやら警告めいた言葉がでてくると、そのたびにクリックする手が止まってしまう。


それでも、久しぶりに目にして嬉しくなった言葉もあって。
それが、「サムネイル」。
ホームページなどで、小さな画像をクリックすると、大きな画面になるアレである。

この「サムネイル(thumbnail)」。
元々の意味は「親指の爪」だけれど。学生時代に習った懐かしい言葉でもある。

デザインやレイアウトの最初の過程で、大まかな配置を考える時。
親指の爪ほど小さくはないけれど、数cmほどの大きさに丸や四角を描いて、だいたいのバランスを見たりする。(描いた本人以外にはイタズラ描きにしか見えないもの)

編集だったら、それが幾つも並んでページ見本になったり。
最初の見開きが表紙で、次のページから本文が始まるとか、このくらいの写真が入るとかが一目でわかる。

@nifty 辞書の国語辞典によると、「広告制作の過程で、イラスト・コピーなどの配置を定め簡単に視覚化したもの。カンプの一つ手前の段階」とあった。

実際には、「カンプ」に至るまでに、よりこまかな要素を入れ込んでいく「ラフ」の段階もあると思うけれど。
親指の爪からだんだんに大きくしていって、最終的な大きさのものが出来上がる。
(最初から近視眼的に細部を見ていたら、全体的のバランスがとりにくいでしょ?)


その「カンプ」といえば。
クライアント(発注者)に、見本として見せるためのもので、ほとんどが原寸大。
私がデザイン会社にいた頃は、写真の代わりにパステルで絵を描いて、ポスターカラーで文字を書いたりしていた。

当時、暗い背景にブランデーのビンが浮かび上がる、B全のポスターのカンプを描いたことがある。

パステルは紙に描いた後、指で擦るのが一番ノリがいい。
ほとんどが真っ黒な画面だから、じきに右手の人差し指の指紋が擦り切れて。
中指、薬指の指紋がなくなった時は、泣きそうになった。

そして、左手にももう指紋が残っている指がなくなる頃には、夜も白々と……。


それでも、パソコンで作ってプリントアウトしたものを出されたら、見栄えで負けちゃう。ある時からいっせいにパソコン化が進んだのは、これも原因の一つなんじゃないだろうか。

面倒な手順も、ずいぶん簡略化されたのかもしれない。
表示画面の大きさは自由に変えられるし、アチコチ場所を移動するのも自由なんだから。

サムネイルからカンプへ。
それは、今どんな流れ方をしているのだろう。

|

« どっちもどっち | トップページ | 靴下の穴から »

コメント

パソコン用語、、聞いたことはあっても
意味がわからずほったらかしてるものがいっぱいあります
特に問題なければ 知らなくてもいっかぁ~みたいな・・
そんな私でもサムネイルは知ってます( ̄^ ̄)v
・・って ブログを始めるようになって知ったんですけど(^_^;

「カンプ」「ラフ」これは初めて聞きました
専門用語って 知らない者からするとカッコイイです♪
私みたいに“遊び”や“日常生活”の一部としてPCを触るのと違って
お仕事で向き合ってるnanbuさんにとってのPCは
意味合いが違ってくるんだろうなぁと思ったり。。(^_^)

投稿: miki | 2006/10/29 21:40

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>そんな私でもサムネイルは知ってます( ̄^ ̄)v

さすがmikiさん♪
私も、知らなくてもいっかぁ〜みたいな用語が、いっぱいありますけど。
(そもそも何が分からないのかが、分からないんですもん)(T_T)
秘かに、ここまで大きな爪の人はいないだろうなんて思ったりしてます。(笑)

>「カンプ」「ラフ」これは初めて聞きました

ネタにならないかなぁと思ってサムネイルを調べてたら、「カンプ」を見つけて。
ちょっと懐かしくなりました。
私も「レセプト」とか聞くと、カッコイイと思っちゃいます。(^^;)

仕事で必要なことでも、「え、そうだったんですか?」と初めて知る機能があったりするくらいなんですよ。
だから、Web になるともう…。
しかもどんどん新しくなっちゃうし。いっぱいいっぱいですぅ。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/10/30 08:13

おはようございます。
ぉぉぉ...カタカナ語、大の苦手でっす...
でも、その一言でコメント終わるのもなんですね。

「サムネイル」うん、これは説明不能ながらどういうものかは
何とか知ってました。ただしHPなどで登場するサムネイル限定で、
nanbuさんが仰っているデザインの世界におけるサムネイルという言葉は
初めて知りました。配置やバランスを検討する数センチの窓なんですね。
(ふぅ~ん なるほど… 言葉として知らないけれどやってるかも?)
「カンプ」「ラフ」?「ラフ画」って言葉を何とか。
大まかに大雑把に描いてみる(みせる)絵のこと、でいいでせうか?
こちらはいろんな場面でよくやってます。
近い将来、年賀状図案のラフ画をいくつか描き散らすことになりそうですし~。
「カンプ」は初耳です。見本というとかなり最終作品に近いもの?
多分日常の中で目にしたこともありそうです。
(ふぅ~ん、カンプって言うんだ…)

パソコン用語はもちろん、専門用語、カタカナ語は知らないものだらけですし
見聞きしてもチンプンカンプンなものばかりですが、でもそういう言葉を
自由に操る人はカッコよくて、憧れの眼差し注いじゃいます。

けれど、知らない人もいるかもしれないにもかかわらず、やたらと使われると
逆に嫌味に思えてしまうものですね。
こういうのが、電気製品の取扱説明書などの作成の際の難しさ大切さであり、
政治家やお役所、医師などの発言の際の難しさ大切さでもありますね。

って、あらら…いつもながら話がズレてきてしまったみたい。スミマセン。

投稿: ポージィ | 2006/10/30 10:02

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

いやぁ、ネタに困ったとはいえ、カタカナばかりでゴメンナサイ。
(これもカタカナが多かったり?↑)(笑)

>(ふぅ〜ん なるほど… 言葉として知らないけれどやってるかも?)

ポージィさんも、フラワーアレンジの構想を練る時に、エンピツでザッと描いたりなさってるんでしょうね。
私も、先日枯れてしまったハンギングバスケットを一から作り直したんですけど。
どこに何を植えようとか、そのために幾つ苗が必要かとか、丸を描いて考えました。
(実際に植える時も、それを見ながらやったので迷わずに済みました♪)

>「カンプ」は初耳です。見本というとかなり最終作品に近いもの?

「寸描」という意味からすれば、サムネイルもラフの一種でしょうね。
どちらにしても自分のためにするものだから、解釈の仕方もやり方も人それぞれだと思います。(^^)

その点、「カンプ」はお客様に「見せる」ものなので、気合いも入ります。
最近のようにパソコンで仕上げたものなら、写真もコピーも最終的なものに入れ替えるだけでOKなんじゃないでしょうか。

コンピュータ関係の取扱い説明書が難しいのは、家電品のと見比べれば一目瞭然ですよね。
それと、先日届いた友人からのメールマガジンによると、マスコミでは今春「レームダック」という言葉が流行ってたそうですよ。
(私は聞いた覚えがないんですけど)(T_T)

投稿: nanbu | 2006/10/30 12:01

nanbuさん、こんばんは~。
パソコンやインターネットの専門用語って難しすぎますよね~。
やはり警告めいた言葉に弱くビクビクしちゃいます。

「サムネイル=親指の爪」…
この意味を知った時は「そうだったのかっ!」って感動しました♪
ぽぱいのサムネイルは深爪なので小さいですよ(^^ゞ

「カンプ」「ラフ」という言葉を初めて知りましたが、デザイン用語はちんぷんカンプんで~す。

※nanbuさんがポージィさんに突っ込まなかったので、もう一度書きました(笑)

投稿: ぽぱい | 2006/10/30 21:52

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

ねぇ〜!難しすぎて、マニュアルを解説したマニュアルが欲しくなってしまいますぅ。
でも、メーカーに問い合わせたり、常に知る努力をなさっているぽぱいさんには頭が下がります。
(先日の「Cドライブ」とか「Dドライブ」とかも初耳で、重度の訳ワカメでしたぁ)(T_T)

>「サムネイル=親指の爪」…
この意味を知った時は「そうだったのかっ!」って感動しました♪

でしょ?でしょ!
私もずいぶん後になってからその意味を知ったんですけど。
その時は感動に打ち震えました。(^o^)

>※nanbuさんがポージィさんに突っ込まなかったので、もう一度書きました(笑)

ちんぷん「カンプ」ん!・・・(・o・)
まったく気がつきませんでした!!
…今も感動に打ち震えてマス。(T-T)

投稿: nanbu | 2006/10/31 08:10

ああ・・・私、放置しているものたくさんあります。
いえ、調べたりしても頭に入らなかったり。
もう、ちんぷんかんぷんです。
説明書を読まずに体当たり主義だからなのか?
これじゃいつまでも進歩しませんな。

その世界にいると知っているのが当たり前でも、
他のひとにとっては未知のことって多いと思います。
なるべく知ったかぶりにならないように私は気をつけますが、
夫は嬉々として難しい言葉を使いたがる嫌なヤツ。
「意味がわからん!」「主語は何?」
と、私に冷たくあしらわれています^^;。
ま、知らない私が悪いんですけどね・・・。

そういえば昔、NTTのおじさんが「パケット」をうまく説明できずに四苦八苦してました。知ってて当然のことを説明するのって難しいんでしょうね。どうです?パケットのこと説明できますか?

投稿: koko | 2006/10/31 12:53

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

>説明書を読まずに体当たり主義だからなのか?

ウチの子が、説明書も読まずに新しいゲームを始めるのを見て驚いてしまう私には、そもそもそれができるのがスゴイことだと思えてしまいます。(T_T)

難しいことを難しい言葉で言うのは簡単なんですけど。
(出来合いの言葉でなぞるだけだから)
でも、それを易しい言葉で言うのは、一番難しいような気がします。
(自分では分かったつもりでも、実際には分かってなかったり)

車の運転であれ、ソフトの扱いであれ。
経験的に、夫婦間で教えあうとこじれますね、はい。(-_-)
家内の友人も、「ダンナには絶対に教わりたくない!」と、おっしゃっておいででした。

>パケットのこと説明できますか?

すくなくとも、焼きたての「バゲット」ではなさそうですね。(笑)
私は家内から「通話以外のメールとかインターネットじゃない?」と教わって、納得してたんですが。
↑これこそが、「分ったつもり」の最たるものでしょうか。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/10/31 15:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12470816

この記事へのトラックバック一覧です: サムネイル:

« どっちもどっち | トップページ | 靴下の穴から »