« 靴下の穴から | トップページ | ハンギングバスケットが »

2006/11/04

ダルマから三兄弟

11_2senniti私は、勤勉な倹約家ではないようだ。

前回の靴下の穴にしても。
穴が開かぬよう、マメに足の爪を切ればいいのに。
それをおっくうがるからイケナイのである。

その点、同じケチでも家内は違う。

頑強な足の爪に、あえなく破れはしたけれど。
私の靴下の穴にも、果敢なチャレンジを試みた。

ジャージなどが流行る前の若い頃、私の普段着はジーンズだったけど。
毎日履いていれば膝に穴の一つも開く。
すると、そこに端切れで継ぎ当てしてみたり。(ワッペンの時もありました)

どうもこう、ほつれや穴を見つけると、メラメラと闘志が湧くらしい。
それはもう、衝動と言ってもいいのではないだろうか。

そういえば先日も。

いきなり「私、わかったの!」と言いだす。
何がわかったのかと聞いてみると。
スリッパは、決まって踵の部分から擦り切れるんだとか。

……はぁ、そうですか。

ということは、もしや。と思っていたら。
案の定、翌日家内が履いているスリッパの踵には、しっかりデニム地で当て布がしてあった。


物を大事にするのは結構なこと。それはそれでイイんだけれど。

ブランド物に騒いだかと思うと、繕い物にも精を出す。
(太っ腹なのかと思うと、やっぱりケチ)
それが、同一人格に宿っているのが、私にはイマイチ解せない。

解せないと言えば、ウチの子も。

アディダスじゃなきゃイヤなのは、通学用の靴下で。家でなら無印のでもイイらしい。
しかも部屋着のジャージなら。
膝に開いた穴に、伏せしてあっても文句を言わないのは不憫でさえある。

複雑な思いでその当て布を見ると。
知らない間に、その丸が上下二つに増えてダルマさんになっていた。

そしてしばらくたった後、今度はそれが、また一つ増えて。

だんご三兄弟になっているのを見た時は。
さすがの私も言葉を失うのであった。

|

« 靴下の穴から | トップページ | ハンギングバスケットが »

コメント

これが膝当てのお話ですね。

それにしても、ま、まけた・・・。
だんご三兄弟どころか、ダルマにもなりません。
成長途中ということもありますが、
二度目はさすがにないですね。

経済的な我が息子も、ブランドに目覚めるときが来るのでしょうか?
ブランドものを身に着けることによる自己主張(なのか?)はしなくていいよ~と思う母であります^^;。

投稿: koko | 2006/11/04 18:15

 
kokoさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうなんです、これがそのお話で。
前回いただいたコメント中の「サンダルのかかと」のフレーズにも驚いたんですよ。

さすがにカーゴパンツとか、コッパン系は一度で済んでたんですけど。
ココだけの話、私にはジャージみたいなニット系に、膝当てをしようとすること事体、無理があるような気もいたしますが…。(^^;)

まぁ、最近の私はその対象から外されてるようだし。
半分面白がってるフシも見受けられますので、ネタにさせていただきマシタぁ。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/11/04 20:37

奥様の気持ち わかるような気がします
太っ腹な部分と倹約家な部分
「拘り」があるんでしょうね(^^)
私は身につけるものは何でもいいとは思わないんですが
マイカーに関しては「動けばいい派」なんです
もう15年以上乗ってるので傷だらけ、、
洗車も目に余るようになるまでしませ~ん(^_^;

逆の意味で太っ腹?(^o^)

投稿: miki | 2006/11/05 17:51

こんばんは。
私は、自分の靴下は繕ったものを履くのは好きじゃないのですが
(ゴロゴロするので…)、夫には繕ったのを履かせることも多いです(^^;ゞ
しかし奥さま、ダンゴ三兄弟ともなると、これはもう完全に楽しんじゃって
いらっしゃいますね、きっと。
当て布も伸縮性の素材を使っていらっしゃるのでは?

mikiさんの仰ってる拘りっていうのも分かります。
私は身につけるもの総じて安物でも構わないのですが、それでも
靴がボロボロになっているのは如何してもイヤという拘りがあります。
電車の中などで視線を下に向けていると、否が応でもひとさまの
足元が目に入ってくるのですが、私の拘り基準からすると
とうの昔にボツになっている靴を履いていらっしゃる方が結構いるのに
気付くのです…。

投稿: ポージィ | 2006/11/05 18:22

 
mikiさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「拘り」があるんでしょうね(^^)

うんうん、きっとそうなんだと思います。
拘ってるものとそうでないものがハッキリしてると言うか。
…あれ?
最近、私の物を繕ってくれないのは、そのせいでしょか?
(気づいてなかったり)(T_T)

>マイカーに関しては「動けばいい派」なんです

あ、ウチもそうですぅ!
自転車よりラクで、荷物が多く運べるぅ、みたいな。(^o^)
(なんたって、サンバイザーが回るのも知らなかったくらいだから)
一応、お正月前には洗車してるんですけど。
一番お安いコースだから、黒い点々が取れなくて。
でも、ソバカスみたいで可愛いと思う、太っ腹どぅえっす♪(^o^)

投稿: nanbu | 2006/11/05 20:38

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

おぉ!ポージィさんは靴下修復に成功なさったんですね♪
(繕ってもらえるご主人が羨ましゅうございます)(T_T)

>これはもう完全に楽しんじゃって
いらっしゃいますね、きっと。

スイマセン。実は私も、半分面白がってました。m(--)m
(だって、ダルマから三兄弟に進化してるんですもん)
ただ、伸縮性の素材を使えばいいのに、それがデニム地なんですよ。
それで負担がかかる部分が、また破れるのではないかと。(これはナイショ)
それとは別のジャージにも、膝当てしてあるんですが。
そっちは丸の大きさが違ってて。しかもデニムの色にも濃淡があって。
思わず「…キレイ」と思ってしまった私も、どっちもどっちで〜す。(^o^)

ポージィさんの拘りは、靴なんですね。
「足下を見られる」って言葉があるくらいだから、それも分かります。
私も「ここぞ!」用の靴にはスタンばってもらってるんですが。
普段履きは・・・後で見てみます。(笑)

投稿: nanbu | 2006/11/05 20:44

素晴らしい奥様ですねっ!だんご三兄弟になるまで物を大切にする心、きっと息子さんにも伝わっていますよ。
それに引き換えウチの奥さんは縫い物が大嫌いなので、破れたらそのまんま…
ウチのチビ達のパジャマはビリビリですよ(;^_^A
もしも夜に大地震があって体育館なんかに避難したら、相当な被害にあった家族に思われると思います(苦笑)

>私の普段着はジーンズだった…

ジーパンの事をジーンズと言うのは若者だけかと思っていたら…
うわ~nanbuさんお洒落だ~!

投稿: ぽぱい | 2006/11/06 21:56

 
ぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)

菅原道真公が日本中の人気者だったと知って、ちょっと嬉しかったnanbuです。
(天神様って、弁天様みたいなのかと思ってました)(^^;)

>相当な被害にあった家族に思われると思います(苦笑)

あは♪ ぽぱいさん、ナイス!
ウチは「おばあちゃんたらヤダなぁ。知らない間に繕ってるヨ〜。」
とか言ってゴマかそうかしらん。(笑)

>ジーパンの事をジーンズと言うのは若者だけかと思っていたら…

ウフ。最近、私の頭には「死語変換機能」が芽生えたようです。
センサーが「コレは言ってはイケナイ言葉だ」と感知すると、作動するようになりました。
ただ、変換までに数秒かかるのと、気づく確率が半々なのが今後の課題で〜す。(^o^)
(でも、「アベック優勝」が死語じゃないのは不公平だと思いますぅ)

投稿: nanbu | 2006/11/07 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12547460

この記事へのトラックバック一覧です: ダルマから三兄弟:

« 靴下の穴から | トップページ | ハンギングバスケットが »