« 意を決して | トップページ | 眉を整理する男 »

2006/12/04

されど「然」

Oyo何かネタになるような面白い漢字はないかな?
と、探してたら。
とんでもないのを見つけてしまいました。

それが「然」。

いかにもって意味で、「○○然とした」って言い方があるけれど。
他にもたくさん。
ちなみに、よく使われる言葉だけでも、

自然 天然 必然 偶然 公然 平然 未然 依然 当然 同然 冷然 暗然 慄然 泰然 悠然 釈然 雑然 歴然 俄然 断然 全然……ハァハァ。

こんなにある。(「公前」だと思ってたら「公然猥褻罪」だったんですね!)

然も(しかも)、普段ひらがなで表記されてはいても、漢字で書くと「然」だったり。
たとえば、@nifty 辞書によると

●然る可き(しかるべき):適当な。ふさわしい。
●然らずんば(しからずんば)然らずは(しからずは):もしそうならば。それなら。
●然るに(しかるに):そうであるのに。それなのに。
●然り(しかり):そのとおりである。

読みも、「しか」だけじゃなく「さ」だったら

●然も(さも)
 「さもうれしそうに笑う」の「さも」から始まって
 「さもあらん」「さもありなん」「さもないと」の「さも」
●然したる(さしたる)然して(さして)
 「さしたる困難はない」とか「さして問題はない」とか
●然しもの(さしもの)
 「さしもの秀才も歯が立たない」とか
●然る方(さるかた)
 「さる方から依頼される」とか
●然りとても(さりとても):そうはいっても。
●然り乍ら(さりながら)然れど(されど):そうではあるが。しかし。
●然りげない(さりげない)まで。

そして、きわめつけは「私もそう思う」の「そう」。
●然う(そう):そのように。そんなに。


自らが、そうであるように、ありのままでそこにあるから「自然」。
身構えたり、先入観をもったりしない、あるがままの態度が「自然体」。
そうやって考えると、「然」の文字の持つ奥深さに驚く。

しかし、「しかし」まで「然し/併し」だったなんて……。

唖然、愕然。……呆然。

Otiba_kusa 
 
 
●ココログは
12月5日(火)10:00から
12月7日(木)15:00まで
メンテナンスの予定だそうです。

|

« 意を決して | トップページ | 眉を整理する男 »

コメント

わぁ綺麗な紅葉!眩しいくらいに輝いていますね。
微妙な色変化がいいですねぇ…
草の上の落ち葉も味わいがあります。

いやはや記事本体になかなか触れられない気分です。
大変な漢字を発見してしまわれましたね!
も、nanbuさんがハァハァ息切れなさるのもごもっとも。
こんなにあるなんて。私も黙読しながら何故か息を吐き続け、
思わずハァハァ言ってしまいました(^^;)
(途中で「ブレス」が必要…)

「自然」「天然」「当然」辺りはよく使いますが、そんなの
ほんの序の口だったのですね。
しかも、「しかも」も「然も」だったなんて~
そうと気付かずに「然」が当てはまる言葉もあったなんて、
ほんと、何て奥深い漢字なんでしょう。
然る上は、今後「然」には、もっと然るべき敬意を払わねば
なりませんですね。
(ちょいと苦しかったかしら…)

投稿: ポージィ | 2006/12/04 10:29

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

真っ赤な紅葉もステキですけど、
こんなふうに、緑の中で赤や黄色に色づいた雑木林もいいですよね。
自然が織りなす錦って感じで。
(先日のドウダンツツジの緑から赤へのグラデーションも綺麗でしたね)(^.^)

>大変な漢字を発見してしまわれましたね!

そうなんですよぉ。
書き写しながら、私もあきれてしまいました。(・o・)
これ以外にも、きっとまだまだあると思いますぅ。

>然る上は、今後「然」には、もっと然るべき敬意を払わねば
なりませんですね。

うんうん、私も同感です。
「然」のつく熟語だけじゃなくて、当てはまる言葉も多いし。
ほんと、ビックリですよね!

投稿: nanbu | 2006/12/04 12:45

「然」って漢字はオールマイティーなんですね。
そういえば「然」の字の持つ意味を知らないな,学校でも習った覚えもないなと思って辞書を引いてびっくり。
 ・もえる
 ・もやす
 ・逆接の接続詞(そうであるのに)
 ・順接の接続詞(そして)
  ‥

う~ん,逆接と順接じゃあ正反対の意味です。
正反対の意味を併せもつ単語ってほかにあるのでしょうか?

最近は子供の名前に希少性のある漢字や読みを使うことが増えてますが
この漢字を使った名前にはまだお目にかかったことがありません。
漢字って奥深いですね。

投稿: ろーど | 2006/12/04 22:23

 
ろーどさん、コメントありがとうございます。(^^)

>「然」って漢字はオールマイティーなんですね。

ほんと、たかが「然」、されど「然」ですよね。
〔動詞「あり」に副詞「さ」が付いた「さあり」の転〕という解説があったんですが、
ベーシックだからこそ、いろいろな使われ方をするのかもしれませんね。
そして、そうそう!
私も漢和辞典に「もと火」とあるのに驚きましたぁ。(・o・)
左に「火」へんが付けば「燃」の字になりますけど、「然」には影も形もありませんもんね。これにも深ぁーい意味があるんでしょうか。
(人間が「火」を手にしたことで、他の生き物と一線を画したように)

「然」って、あまりにも馴染みがありすぎて、かえってありがたみに気づけないというか。名前にしたいようなカッコ良さに欠けるのかも?(笑)

>正反対の意味を併せもつ単語ってほかにあるのでしょうか?

あったら即ネタにしますぅ♪(^o^)

投稿: nanbu | 2006/12/05 07:53

nanbuさん、こんばんは~。
やっぱりコメントがしばらく出来ませんでした~。

そういえば四ツ谷に「然」という居酒屋さんがあります。
「自然の味わいを丸かじりしてもらいたい」というコンセプトで「然(ZEN)」と名づけたそうですよ。
前から「いいネーミングだな~」と思っていましたが、然という字の奥深さに驚愕しております。
しかし、nanbuさんは凄い!
またまた勉強になりましたよ。
営業のネタに使わせて頂きま~す(^0^)v

投稿: 火消しのぽぱい | 2006/12/08 21:54

 
火消しのぽぱいさん、コメントありがとうございます。(^^)
(「然」だけに、やっぱり最後は火消しで〆ですね♪)

5〜7日までのメンテナンス、長かったですね〜。
ご迷惑をおかけしてゴメンナサイ。m(-_-)m
       (↑ゴメンテナンス?)

おぉ! 居酒屋さんの名前だと「然(ZEN)」がカッコよく感じるのは、
やっぱり大人に似合う奥深さがあるからでしょうか。
そんなコンセプトからのネーミングもお洒落で。
きっと、素敵なお店なんでしょうね。(^.^)

営業のネタにしてもらえるなんて嬉しいです。
(私こそ、いつもぽぱいさんの「笑い豚」で勉強させて頂いてます)(^o^)v

投稿: nanbu | 2006/12/09 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/12927372

この記事へのトラックバック一覧です: されど「然」:

« 意を決して | トップページ | 眉を整理する男 »