« 眉を整理する男 | トップページ | 機種替えカンタービレ »

2006/12/11

取るものも取りあえず

12_6yukiyanagiはい、私が悪うございました。

先日の「然」はもとより。
「召す」とか「差す」とか。
今まで多様な使われ方をする言葉を挙げてきたけれど。

これには参りました。

「とる」を@nifty 辞書↓で調べたところ、出てくるわ出てくるわ。
http://tool.nifty.com/dictionary/
いくらスクロールしても次から次へと。

これじゃぁ、とても全部を記事にまとめるのは無理。

そこで、手持ちの三省堂国語辞典を手に取った私。
そちらも参考にしながら、かいつまんで取り上げることにいたしました。

【取る/執る/採る/捕る/撮る】 
 手に持つ。《取・執》「手にとる」
 処理する。仕事をすすめる。《執》「事務をとる」
 保存する。残しておく。《取》「とっておく」
 取りのぞく。《取》「シミをとる」
 重ねる。《取》「年をとる」
 取って集める。《取・採》「きのこをとる」(農作物の場合は「穫る」とも)
 報酬を得る。収入を得る。《取》「高給をとる」
 分ける。《取》「分け前をとる」
 もらう。《取》「満点をとる」
 領有する。支配する。《取・執》「天下をとる」
 つくる。《取》「型をとる」
 食べる。摂取する。《取》「食事を—・る」(「摂る」とも)
 解釈する。《取》「悪くとる」
 うまくあつかう。《取》「機嫌をとる」
 迎える。《取》「嫁をとる」
 取りよせる。《取》「出前をとる」
 引き受ける。《取・執》「責任をとる」
 脱ぐ。外す。《取》「帽子をとる」
 ついやす。《取》「時間をとる」
 書く。《取》「メモをとる」
 つける。《取》「連絡をとる」
 許しを得る。《取》「了解をとる」
 奪う。「お金をとる」《取》(金品の場合は「盗る」とも)
 採用する。《採》「卒業生をとる」
 とりこむ。《採》「窓から明かりをとる」
 つかまえる。《捕》「魚をとる」
 (写真を)写す。《撮》「映画をとる」

等々……。これでもほんのごく一部。

取るものも取りあえず、取り急ぎ取りまとめようと筆を取りました。
それもこれも、取りも直さずネタのため。
取るに足りないなどとおっしゃらず、気持だけでもお汲み取り下さいませ。

……なんて。
ではこのへんで、今回はお暇を取らせていただきます、はい。

|

« 眉を整理する男 | トップページ | 機種替えカンタービレ »

コメント

わっ!出た~~~「とる」
すごい数ですね。
日頃こんなに何かをとっているなんて…
でも、よぉ~く眺めると、たくさんの意味で
使われはするものの、使い分けは案外簡単の
ように感じました。「取る」の摘要が多いし、
意味で判断しやすいですし。
「かわって」よりずっと迷わずにすみそう。(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/12/11 14:42

 
ポージィさん、コメントありがとうございます。(^^)

ねぇ、すごい数ですよね。(・o・)
これでも随分はしょったんですけど。
コレ以外にも、出席を「取る」とか、脈を「取る」バランスを「取る」とか。
言われてみれば確かに。と、改めて納得する使われ方がたくさんありました。
慣用句にいたっては、
「不覚を取る」「引けを取らない」「遅れを取る」等々。

>「かわって」よりずっと迷わずにすみそう。(^^;)

そうそう。「替」「換」「代」と違って、迷わず簡単に使えるのがいいですね。
考えてみれば、とっても太っ腹で寛容な言葉なのかもしれませんね。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/12/11 17:08

nanbuさん、こんばんは~。
うっひゃ~!
「とる」ってものすごく沢山の種類があるのですね~!
よくぞお調べになりました(笑)

確かに「とる」は使い方が分からない時ってあります。
「写真を写す」って書くと「写」の字がダブってしまうので、「写真を撮る」って書く事にしています。
「相撲をとる」は取るですが、いったい何を取るんですかね~?
あっ、白星を取るのかな?

そういえば「つける」も迷う時があります。

投稿: ぽぱい(上様) | 2006/12/11 21:41

 
ぽぱい(上様)さん、コメントありがとうございます。(^^)

ほんと、驚いちゃいますよね。
国語辞典の方は、もっとシンプルな分類だったんですけど、@nifty辞書を見てビックリしました。

>「相撲をとる」は取るですが、いったい何を取るんですかね〜?

あぁっ!確かに。相撲取りって言いますもんね。(・o・)
何を取るのか、これも考えると寝られなくなりそうですぅ。

「とる」といったら「つける」もそうですね。
「付ける」「就ける」「漬ける」「浸ける」
今ちょっと@nifty辞書を見てみたんですけど、これもいっぱいありますねぇ。
「後をつける」「電気をつける」も「つける」ですもんね。
気づかないまま、日頃なにかしら、とったり、つけたりしてるんですね。(笑)

投稿: nanbu | 2006/12/12 07:59

 .....Σヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!
 こういうネタを見ると精神がゲシュタルト崩壊しそうです。「この字、なんかしっくりこないなー」とか思って辞書をひくと、こんな感じでずらーっと並んでてよけいしっくりしなくなりますね。
 小耳に挟んだところによると、現在の出版界では、動詞の「取る」(手に取るの「取る」)はひらがなに置き換えるのがいいそうです。全部ってワケじゃありませんがそれが主流だそうです。っていうか「全部ってわけじゃない」ってのがアイマイで腹が立ちますね。ルールを作ったひともよく知らないんじゃないだろうか。

 僕の最後の手段はね。別の言葉に言い換えたりなんかしております。たとえば「卒業生を採る」だと「卒業生を採用する」と書きなおしたりとかして逃げてます。はい当方は卑怯ですから(笑)。
 はぁ、日本語はホント奥が深いッスね。

 日本人として、きちんとした日本語の知識を摂らなきゃいけないのかもしれません。
 読書で過去の偉人の知識を盗り、辞書を手に取り筆を執らなきゃ。

 あ、「盗る」と「摂る」もあるっ。
(ドツボにはまりそう)

投稿: ろぷ | 2006/12/13 10:16

 
ろぷさん、コメントありがとうございます。(^^)

そうそう!そうなんですよぉ!!
「なんかしっくりこないなー」と思って調べると、よけい混乱しちゃって。
そうなると、どれもしっくりしなくなっちゃうんですよね。
その意味でも、ひらがなに置き換えるって自然な感じでいいですね。
私も今度迷ったら、ひらがなにしようかなと思いました。

> 僕の最後の手段はね。別の言葉に言い換えたりなんかしております。

なるほど。「採る」と「採用する」。
不思議と熟語の方がしっくりする場合って多いような。
迷ったら熟語!もいいですね。(メモ)

>日本人として、きちんとした日本語の知識を摂らなきゃいけないのかもしれません。
>読書で過去の偉人の知識を盗り、辞書を手に取り筆を執らなきゃ。

おぉ!ろぷさん、ナイス♪
この二行に四つの「とる」が揃い踏みですね。
リズミカルな終わり方が好きでッス。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/12/13 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55071/13023174

この記事へのトラックバック一覧です: 取るものも取りあえず:

« 眉を整理する男 | トップページ | 機種替えカンタービレ »